4

ドイツ年間エキスパート賞2019にもノミネートされたストーンメイヤー社の新作ウイングスパンを先日初プレイしたのでまとめてみました。

ワイナリーの四季やサイズなどコンポーネントの良さには定評のあるメーカーということで、今回も巣箱(餌箱)ダイスタワーや可愛いたまごコマなどアートワークと共に素敵でした。



FullSizeRender



10歳から
1〜5人用
40-70分


この日はクローズ会に参加してくれた人が持参してくれたので、日本語版より一足先に遊ばせてもらいました。


IMG_4008


プレイ記
4人戦で初プレイ

まずはルール説明を聞いてみるとアクションは4種類とシンプルながら、様々な鳥のカード効果が絡んでくるのでやってみないとなんとも言えない感じ。

オレンジのカード効果の発動なんかは少しロレンツォみたいだなと思いながらさっそくゲームスタート。

遊び始めてみるとラウンドごとの共通目標のおかげでやることの方針も立てやすく、テンポよく進行していく。

鳥カードのテキスト内容もシンプルでわかりやすいし、なによりコンポーネントの良さやテーマのおかげでほのぼのムードで楽しめるところがとてもいい。


とりあえず1ラウンド目の共通目標は川エリアの鳥の数勝負だったので素直にそこを伸ばしつつ、残りのラウンドの条件や個人目的も見据えていく。


上の写真のように鳥カードの手札は溢れんばかり持っていたので複数の条件を満たせる効率の良いカードを選んでいけたのはよかった。



FullSizeRender


2ラウンド目の目標は全体の鳥の数で、3ラウンドは森エリア数だったのでそこに合わせていく素直な作戦。

そして最終ラウンド目標の鳥の種類条件に対応できるよう星マーク系もなるべく集めてみる。
何気に2枚所持してる個人目的にもちゃんと被るようにしてあります。


ここで簡単にルールを。
アクションの4種類はこちら。

1. 鳥カードを出す(コストはえさやタマゴ)
2. えさを獲得(5種類あり)
3. タマゴを産む(最後に1つ1点になる)
4. 鳥カードを獲得


主な得点はこちら。

1. 鳥カードの生点
2. ラウンドごとの共通目標(順位点)
3. 個人目標カード点
4. 捕獲カードやタマゴ(1つ1点)


ざっくり言えば目標を絡めながら鳥をたくさん集めるゲームになってます。
もしくは目標に縛られず高得点カードやタマゴと捕獲にフォーカスしても面白そう。



FullSizeRender


ゲームもわかってきていよいよ終盤戦となりましたが、ここで会場の終了時間が来てしまい残念ながら3ラウンドまでで一応得点計算してみることに。

結果は同率もありながら全てのラウンドで目標トップになれていたおかげでこの時点では2着。

そして、ほとんど目標で上位に来れなかったプレイヤーが個人ボードの頑張りもあり見事1着。
本人も結果に驚きつつ嬉しそうでした。

途中終了とはいえ他3人が目標で同率トップなどかち合い潰しあっていたことも、この結果の要因になっていて複数人ゲームの醍醐味も感じて面白かったです。


ウイングスパンは種類も豊富で美しい鳥カードを眺めるのも楽しく、ゲームも評判通り面白かったので日本語版が発売されたら買いたいな。



また遊びましょう。





4

アンダーウォーターシティーズは2018年エッセンで発表されたウラジミール・スヒーの新作で、この度日本語版が発売され評判も良いので購入して遊んでみました。

近未来で人口過剰により人類未踏の地へ移住先を開拓するという、火星を舞台にした人気作「テラフォーミングマーズ」の海中版ともいえるじっくり作品になってます。



FullSizeRender

14歳から
1〜4人用
40-160分(人数×40)


ルールを確認した時点ではベースはテラフォーミングマーズで、個人ボードの連絡網(都市網)などはブラスが少し思い浮かびました。

ちなみに同デザイナーの「おかしな遺言」「パルサー2849」はプレイ経験あり。



IMG_4004

プレイ記
4人戦で初プレイ。

経験者は一人ということでまずはルール説明を30分弱。細かいところは遊びながらも確認して進めていきました。

自分も初めてなのでまずは資源を入手しつつ探りながら。最初の生産フェイズまでに1都市に同種の改良建物二つを作り生産物をたくさんもらうことを目指してみる。

あとは何気に生産フェイズで得点化するカードなどもあり前半はやや得点リード。


アンダーウォーターシティーズはざっくりいうと海中都市を作っていくゲームで、ドーム状の都市や3種の建物とトンネルを建設することで生産能力を上げたり得点を獲得できる。

全10ラウンド中に3回生産フェイズがあり時代が変わる節目にもなってます。
海中都市の発展により得られる生産物がどんどん増えていく拡大再生産的な要素もゲームを楽しめる大きな要因です。


なので序盤人気だった資源獲得アクションよりだんだん建造物アクションの方がすぐ埋まるように。
ワーカープレイスメント要素もあるので手番トラックもなかなか熱くて面白い。



IMG_4005

後半に入ったので改良よりも赤いドーム(共生都市)や建物の種類数を増やしてみる。
皆、異なる条件の主要都市(得点タイル)などを持っているのでそれぞれに合った展開になってました。

ゲーム終了時に得点化する特殊カードもあり色々作戦の幅もありそう。
なによりメインである膨大な量のカード効果がバラエティ豊かでリピート欲もくすぐる魅力になってます。


残念ながらお一人はゲーム開始から2時間半が経った時点で所用のため退席されましたが、終盤は3人でやりきりました。



FullSizeRender


結果はわりとどこからもバランスよく得点を取れたようで100点ちょっとで嬉しい初見勝利。


アンダーウォーターシティーズは個人ボードに海中都市を作っていく箱庭感も楽しく、後半に向けて尻上がりに盛り上がっていく展開はとてもいい感じでした。

これからも遊んでいきたいと思える好作品だと思います。











毎月児童館で開催しているボードゲームクラブも5月からメンバーが新しくなりました。
今回募集したのは小学1年から6年までの15名で低学年の子は家族と一緒に参加可能です。

昨年開催していて低学年の子たちはまだ子供たちだけで遊ぶのは難しく、つきっきりになってしまうので児童館に提案してみました。

結果的には兄弟姉妹や親御さんと一緒に遊んでる姿は微笑ましく、この流れで家でも普及していったりととてもいい感じです。

高学年の子たちは気になったゲームを積極的にどんどん遊んでくれてます。


では5月開催のリポートです。



IMG_3927


「街コロ」

間違いない鉄板の人気ゲーム。
ここのグループは3,4年生で、まずは基本のみで初プレイ。
みんなゲーム中もどんどん気になったことを質問してくれて夢中です。

ちなみにここの児童館では子供たちが以前手作りした街コロもあるとか。

今年もヘビーローテションで活躍しそう。






街コロ (Machi Koro) ボードゲーム
グランディング(Grounding)
2012-05-13






IMG_3928



「ジャンクアート」

自分のは持ち運びがなかなか重い木製版ですが楽しいゲームなので持参してます。

選んだ都市ごとにルールが変わるのが特徴の積み木系で、この時は高さがポイントになる「東京」で遊んでもらいました。

微妙な判定の時に使えるメジャー付き。

よく遊ばれるゲームなので、どの都市でもすんなりルールを説明できるよう頭に入れておかねば。(アイコンだけではややわかりにくい)



そういえば今回のクラブメンバーには以前自分が開催していた「treeボードゲーム会」に来てくれていた子たちもちらほらいて嬉しい。






ジャンクアート 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2017-07-30







IMG_3929


「バウンスオフ」

こちらも子供系のゲーム会では不動の人気。
小さい子でも遊べる簡単ルールがいいです。

クラスクやくるりんパニックとか見た目も楽しい簡単アクション系をもう少し補充しようかな。





バウンス・オフ! CBJ83
マテル(MATTEL)
2016-05-15







IMG_3930



「ナインタイル」

ルールが簡単なパズル系もと思い、新たに補充したゲーム。
同じようなテイストの「フォールドイット 」も以前遊ばせてもらってよかった。

さっそく遊ばれてました。








写真があるのはここまでですが他にもたくさんのゲームが登場してあっという間に初回が終了。職員さんが用意してくれた名札もいい感じでした。



そして、アナログゲームで遊ぼうの後に児童館の職員さんや子供も交えて「ガンシュンクレバー」を一戦。
おすすめの紙ペンゲームということで持っていってました。


みんなこのタイプのゲームは初めてでしたが好評で、特に館長さんはすぐに日本語版を購入されたほど気に入ってくれてよかった。
今度は「Welcome to…」も持って行こうかな。









ちなみに日本語版は「ガンツシェーンクレバー」というみたい。
微妙な発音をカタカナにするのもなかなか難しそう。



6月分も一緒にまとめる予定でしたが今回はここまでにしておきます。




↑このページのトップヘ