ギャラリーを経営する「ギャラリスト」の4回目を遊んだのでまとめてみました。


IMG_4668



経験者同士の3人戦。
今年はリプレイも重視しているおかげでルール説明いらずでスムーズに遊べるいい環境が出来てきてます。
(でも本当はオンマーズが本命だったけど一人未プレイのため時間的に断念)


手番順は2番手でスタート。
前半は相変わらず最後手番の人がお客の呼び込みなど遅れをとり苦しそうな展開。

キックアウトの要素は面白さももちろんありますが、先手番の人にさらに割り込まれるのは結構辛い仕様。まあそういうゲームなので仕方ないですが。



IMG_4669


後半、広場に取り残される白コマたち。
初回プレイの時はむしろ貴重だと思ってましたが、ゲームに慣れてきて最近めっきり不人気に。
とはいえ作戦次第なので白コマが使えないというわけではないです。
たまたま自分はあまり率先して売却しないスタイルなので。(売却によりギャラリーに置ける白コマ数が増える)


前回くらいから自分に合った大体の方向性を掴めてきたので、程よい悩ましさでスムーズに遊べるようになってきました。



IMG_4670



結果は147点で勝利。
内容的には前回とそれほど変わらず売却なしでやり繰りしつつ、アシスタント雇用と影響点はやり切った感じ。
そしてオークションのマジョリティもなんとか1位を確保できたのはよかった。

ただそのボーナスで貰える作品の2択で違う方を選んでいたら130点台で2位の人に個人目的から15点加算されて勝敗も微妙だったし、3位の人も130点近く取っていたのでゲームの性質上誰が勝っていてもおかしくなかったかなと思います。


なので遊んだ感想もこれまでと変わらず「協力関係やキックアウトの流れなどの運的な要素次第で結果がわりと左右されやすいゲーム」という感じ。

当然それらの要素も含めて選択が悩ましい設計になっているので「運」という表現はちょっと違いますが、他プレイヤーの動向で振り幅が生まれやすくなってるゲームだと自分的には感じてます。


それでもギャラリストにはそれ以外に毎回ランダムに変わる評価タイルや終了トリガーを引く駆け引きなど遊びごたえある要素もたくさんあり。(結果は他プレイヤーの動きに左右されやすい面もあるが内容は実力派のゲーム)

そしてなによりギャラリー経営をしてる世界観をしっかり味わいながら楽しめるところが気に入ってます。


また遊びたい




病院を経営する「クリニック」を初プレイしたのでまとめてみました。

クリニックはもともと2014年作品。それをデラックス版として新たにオトゥールのアートワークで2019年に再発売。いくつかのミニ拡張も入ってます。



FullSizeRender





ボックスカバーは窓部分が切り抜かれていて、そのカバーを外すと建物内部のボックスアートが全て見られる仕様。
なかなか凝っていてイラストも可愛らしい。


持ち主さんはすでにプレイ済みとのことでルールを説明してもらうこと1時間くらい。
最近遊んだ「オンマーズ  」に続き、なかなかルール量多めで世界観がしっかり作られてました。


IMG_4662



プレイ記
4人戦。拡張なし。
(3人初プレイ)


まずは治療室、診療拠点、備品室の3つのタイルを渡され個人ボード(自分のクリニック)に初期配置。

場所は自由だけどいくつかルールあり。
・治療室は他2つに隣接させないと機能しない
・治療室と備品室は上下階でも真上下で隣接できる
・同種タイルは隣接して配置できない(真上下も不可)

立体的なパズル要素もあり初見ではよく先を見通せなかったし、とりあえず持ち主さんと同じ配置でゲームスタート。


やること自体はアクションの選択肢が3種類なのでシンプル。1ラウンドに3手番で全6ラウンドやって終了という流れ。

各アクションはこちら
建設→部屋、庭園、駐車場、移動設備など
雇用→医者、看護師、用務員
患者の受け入れ→各診療科の患者

ざっくり大筋としては、治療できる部屋環境を整えてスタッフを雇い患者を呼び込み治療費を得る。たくさん稼ぐほどそこから変換できる勝利点が主な得点源となる。


そこに色々な要素が絡んできてゲームもより濃密になってきます。
・スタッフや患者の移動による時間管理
・車のスペース確保
・建物の立体的パズル要素
・毎ラウンド発生する経費
・医師や患者のグレード変動
・アクション選択のバッティング要素や手番順争い
・患者の取り合い
など

どれも世界観に合わせた面白い要素になっていますが、時間の概念があるところや駐車事情にもスポットを当てている辺りは特によくできてるなと思います。



IMG_4665



今回自分は初回ということで序盤は探りながら入口や移動設備と特殊施設を建設して時間対策をしつつ進めてみる。
時間を進めてしまうほどゲーム終了時、マイナス点になるので。


見た目的にはどんどん上階に診療科を増やしていくのが醍醐味に感じていましたが、ゲームを進めていくうちにほぼ1階のみで十分回していけると感じたので思うままに効率化路線へ。


IMG_4667
(この写真で2階の青いタイルの配置場所がミスってますが、まあどこでも置ける状況なので…)



結果は70点くらいで嬉しい初見勝利。
内容としては時間が3マス進んだのみでマイナス1点、診療拠点も一つ増やしただけで上階もほとんど使用せず。

というのも上階は手間もお金も移動時間もかかる割には点数や恩恵が少なめな印象。
初見の個人的感想ですが、一番醍醐味になりそうな部分だけにここはとても惜しく感じました。

例えば治療室は1医者1患者のみにするとか単純に上階の得点をもっと高くするなど、より上の階に行かざるを得ない状況にした方がゲームとして断然面白くなりそう。

QPを上げつつ上手くたくさんの患者を呼び込んで上階をフルに活用していくのが理想かとは思うけれど、4人戦で遊んでみた感じではなかなか大変そうな感触。(1回のみのプレイなので分かりませんが)

遊ぶ前のイメージでは1階は車の駐車スペースで一杯になって来るから治療は上階メインにしていく設計だろうと思っていたら、わりと普通にやりくりできてしまったのは少し意外でした。

ちなみに2,3位の人は自分より上階や診療科を上手く利用してましたが、時間の進みでマイナス20点くらいもらうことに。
その差がそのまま結果に繋がった感じかな。

全体の展開としては4人だと特に手番順が結構効いてきて、後半は患者不足が続くことになったのでここら辺がゲームのポイントのように感じました。(ギャラリストでいうお客の取り合いに通じるものがある)

手番順に関しても勝利点を伸ばすと後手になっていくジレンマがあり。


クリニックは予備知識なしの初プレイというのもありルール量多く今回は特に悩ましかったですが、経営感がしっかりあるところなどよくできていて面白かった。

ただプレイ時間が長くかかる作品だけにもう少しシビアで正直な感想を言うと「惜しい」という感じ。


それでもモジュール式の拡張もたくさんあるみたいだし、また色々なやり方を試してみたいと思います。











お題当て協力ゲームの人気作「ジャストワン」を遊ばせてもらったのでまとめてみました。

ジャストワンは2019年ドイツ年間ゲーム大賞にも選ばれている作品で、コミュニケーション系の受賞は「コードネーム」以来かと思います。



FullSizeRender


ルールが簡単なパーティゲームということもあり、その場で開封して即遊ばせてもらうことに。


回答者一人がお題カードを見ずに番号を選び、多岐にわたるジャンルの中からお題がまず決定。(例えばピカチュウなんかもあり)

お題を確認した回答者以外のプレイヤーたちがそれぞれ1ワードを使ってヒントを記入。
そして皆一斉にオープン。ここでヒント内容が被ると伏せることになり、ヒントが減ってしまう仕組み。

その他細かいルールも少しあるけれどだいたい流れはこんな感じで、回答者役も順番に回っていく。

協力ゲームなので規定数のお題カードのうち何枚当てていけるかでゲーム終了後の評価が変わるとのこと。



IMG_4651



初対面同士もいる5人初プレイながら7問くらいスタートから連続正解で盛り上がる。
ヒントが被ってしまい少なくなっても回答者の直感が冴え渡るなどピンチを切り抜けるたびに結束感が生まれていいムード。
特定の人にポイントとかもなく協力形式なのがいい感じ。

「ジャストワン」というタイトル通り、被ってはダメというシンプルなルールがとても効いていて、ど真ん中のヒントは行きにくくどの辺りを攻めるかなかなか悩ましい。
なので皆の出しそうなものも予想しつつ、それに合わさるよう一捻り効かせたヒントは何かと思いを巡らす。
まさに皆で協力してお題の答えに導く感じ。



IMG_4652



今回は5人プレイで1人は回答者なので、ヒントがひとつ被ってしまうと有効なのは2つに。
結構この2つのみのヒントというのが絶妙でファインプレイを何回か演出してくれて盛り上がりポイントにもなってました。


ジャストワンはこれまで遊んだ色々なお題当て系ゲームの中でも好みだったし、協力ゲームがそれほどの自分でも十分楽しめてよかった。


また遊びたい。





ジャスト・ワン 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2020-02-20



↑このページのトップヘ