イスタンブールの第2拡張はリュディガードーンの過去作ジェノバの商人でも見られた手紙を配達する要素が新たに加わりました。
ちなみにジェノバの商人は競りゲームでしたがイスタンブールとも似ている部分が多いです。


週末に4人で初プレイ。 


IMG_2842

新たな場所タイルはこちら。

①大使館  手紙を2枚獲得する。

②売店  手紙1枚と売店タイル2枚を獲得。売店タイルは他プレイヤーも1枚もらえる。

③競売場  商品1つ獲得。ボーナスカード2枚の競りを開始。手番プレイヤーはカードかお金を獲得できることになる。

④秘密結社  手紙の証印6つをルビーに交換できる。

他には相棒と配達人駒や新たなボーナスカードもあります。



IMG_2843

今回の場所タイルは初回推奨で配置。
結論から言えば大使館の位置だけはもう少しシビアに配置した方がいい気がゲーム終了後にしました。

ゲームの方は拡張の要素を満喫しようと前半は手紙をどんどん集めてみる。
売店も近かったのでよく行きました。
そしてモリモリ手紙が増えてきたところでバザーを回り出しまずはルビーを3つほど獲得。


この拡張では手紙の証印3つで連続手番できたり、噴水アクションを経由して相棒をバザーに送り込めたりとやれることの幅が広がってます。
どちらの要素もゲームの展開を左右するポイントになっていて後半の加速感が増して面白いです。



FullSizeRender

手紙を届けだしてからは連続手番や相棒も使って秘密結社にて残りの3ルビーも獲得。
お隣はルビーあと一つとリーチしていて、向かいのお二人はこれから加速するといった状況でした。


手紙を一向に届けずにため込んでいる時にみんなから大使館にクレーム来てるよとか言われて笑ってましたが、確かに未配達の手紙を所持できる枚数制限はあった方がいいような気も。


コーヒーとお恵みをに続いて面白い拡張だったので、2つの拡張を合わせた大バザーも含めてまた色々試しながら遊んでいきたいです。








イスタンブール 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2014-11-24


















にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


カカオにはショコラトルとディアマンテという2つの拡張があり合わせるとビッグゲームとして遊べます。
今回は4人戦ということでタイルなど1つも抜くことなくコンポーネント全て使用して初プレイできました。 



IMG_2828

それぞれの拡張には4つのモジュールが入っているのでビッグゲームでは8つの新たな要素が追加されてます。
基本だけだと少々物足りなさの感じたゲームなのでちょうどいいかも。


それぞれの記事はこちらからどうぞ




IMG_2827

まずは水路を上げながらチョコレート市場が出てくるのを待ってみる。
小屋を建設できる要素があるので早めにお金も稼いでいきたいところ。
ビッグゲームではマップタイルもかなり有効活用できそうです。

ちなみに小屋タイルは両面仕様なので上からバラバラっと落としてランダム面になってます。



FullSizeRender

ジャングルタイルのめくれるタイミングもあるのでなかなか思い通りに小屋や黄金マスクの獲得はできてない状況。
それでもビッグゲームではまだ色々な得点要素があるし他からしっかり取っていきたい。

拡張要素としては皇帝コマには結局ゲームを通してまったく絡めず、途中からは1人のプレイヤーのところにずっといて存在を忘れがち。

生命の木や一面4労働者タイルも要所で効いてましたがやはり鉱山での宝石集めがわいわい楽しめます。
毎回トロッコから何色の宝石が出るかも注目。



FullSizeRender



ビッグゲームは盤面のジャングルも大きく広がっていきなかなか壮観。
後半はみんな上書きできる太陽石タイムに入りまた少し別ゲームをしてる感覚になる。


結果の方は神殿マジョリティからかなり追い上げれたおかげで125点獲得して僅差の勝利。
ビッグゲームは得点要素が多いのでしっかり遊べた感もあり楽しかったです。
















にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


ジャンクアートと同じプレッツェルゲームズから2015年に発売された西部劇テイスト溢れるお弾きゲーム。
保安官とアウトローに分かれてチーム戦で遊べるシナリオ1で初プレイさせてもらいました。



IMG_2836

まずは保安官側とアウトロー側の陣地に分かれて、その間に弾よけとしてサボテンや樽をスタンバイ。
手番では1人のガンマンを2アクション実行できて移動しても撃ってもよし。
どちらのアクションも指で丸い木コマを弾くだけ。



IMG_2837

アウトロー側を担当。
さっそく目の前に乗り込んで来た保安官に1人撃たれて前かがみに倒れる左奥コマ。
建物などの雰囲気もよくコンポーネントが素敵なのもありなかなかの臨場感。
パキューンという音が聞こえてきそう。


IMG_2839

チーム戦なので相談も交えながら弾きやすいポジションにぐるぐるテーブルを移動しつつ銃撃戦を繰り広げる。
子供たちもさすがに興味津々で見に来ていたけれどもう寝る時間だったので二階へ行き就寝。
2人で声を揃えて言うおやすみなさいの挨拶がかわいい。



IMG_2840

ネコも隅っこで寝ていたかと思いきや突如、西部劇の舞台に乱入。
でもしっかりコマを避けてくれていたのでゲームは続行できました。
どちらかのチームが3人倒したら勝ちです。



IMG_2841

移動して確実に近距離で仕留めるか、安全な位置の遠距離から一か八か狙ってみるか。
序盤に長距離を連続でヒットさせて皆を驚かせたものの移動も含めてなかなか難しい。
相手プレイヤーもゲームが進むごとにお弾きの命中率が上がっていて接戦でしたがギリギリ3人先取できました。


今回遊んだのはフリッケンアップの木製版でコンポーネントがとにかく凝っていて、倒されたガンマンが入るお墓もあったりと作り手の遊び心やゲームへの愛情も感じました。
プレッツェルゲームズ、名前もいいですね。

自分が所持してるジャンクアートともナッシュビルという都市を使い組み合わせて遊べるようなのでまた試してみようと思います。










↑このページのトップヘ