先日の自宅会にて久しぶりに遊んだロココの仕立屋はダイナスティと同じマティアスクラマーによる共作。
発売当時に購入してからこれまで10回以上はリプレイできているロングヒット作品です。

日本語版では流通がなかったものの拡張の宝石箱も入手してあるので、今回はこちらも投入してじっくりロココ時代の仕立屋業を楽しみました。




IMG_2496

基本のゲームは仕立屋となり衣装を作り舞踏会の参加者にレンタルしたりそのまま売却もできます。
その他にも花火や彫像などの装飾への寄付や職人の雇用もしながら名声を高めていく。

基本版だけでも十分に要素は盛りだくさんで遊びごたえがあります。




FullSizeRender

宝石箱の追加要素は3つ。

①ジュエリーのレンタル
衣装を製作した時にお金を払えば追加でレンタルできる。
衣装と同色だとボーナスあり。
レンタルすると勝利点に繋がったり収入にもなる

②見習いと熟練工の昇格試験
見習いで4つの目的アクションを達成したら熟練工に昇格。
新たな熟練工カードあり。
中にはコピー能力を持っていたりと面白い効果が増えた。
さらに熟練工の試験もありマイスターに昇格できる。
新たなマイスターカードにはジュエリー絡みも含め勝利点につながるものが多い。

③腕の立つ見習い
ゲーム開始前にランダムで1枚配られてそれぞれの条件を達成したら雇用できる。
ボーナス効果は全て3勝利。


宝石箱は3,4回ほど遊んでますが印象としてはお金のやり繰りが基本の時より優しくなり、ゲーム後の得点も10〜20点ほど伸びます。



IMG_2503

今回はジュエリーをたくさんレンタルできたので収入も安定して、中盤以降は装飾にもしっかり手を回せました。

各フロアへのレンタル数がマジョリティになっていたりと悩ましいポイントが相変わらず多いゲームで面白い。



FullSizeRender

結果は99点とまずまずのスコア。
拡張の宝石箱があると得点要素も増えてまだまだ新鮮なプレイ感で遊べました。


ロココの仕立屋はアートワークやテーマも素敵で定期的に遊びたくなるお気に入り作品の1つです。





ロココの仕立屋 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2014-09-06











ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村