クヴェードリンブルグのやぶ医者で遊ぶのは今回で4回目ということで、毎回変えれる調合レシピは唯一まだ使っていないセット4にしてみることにしました。

ただ前回入れ間違えた分があり、一部使ってなかったセット3も交じってます。



IMG_2583

まずは新たなレシピを皆で確認。

青(カラスの頭蓋骨)  配置した場所にルビーのアイコンがあれば価値に応じて即座に勝利点を獲得する。

赤(ベニテングタケ)  配置時に直前のチップが白ならその白チップの価値分をプラスして進めれる。
*セット3

黄(マンドレイク)  配置した枚数に応じて爆発の上限を上げれる。
*セット3

緑(クモ)  引くのをやめた時に最後か最後から2番目に配置してあれば、1チップにつきルビー1で滴トークンを1進めれる。

紫(幽霊の息)  大鍋内に配置した枚数により他のチップを上位変換できる。

黒とオレンジは毎回同じです。



FullSizeRender

前回は試験管をマックスまで試してみたので、今回は大鍋内の滴トークンを進めながら赤や黄色も絡めてみる。
紫や黒も他プレイヤーに人気でした。

クアックサルバーは毎回みんなチップ引きの時などほんと楽しそう。



FullSizeRender

最終ラウンド開始時にはみんな接戦だったのでラストの引き勝負な展開。
そこから他プレイヤーの鍋がことごとく爆発していき運良く1番のやぶ医者になれました。


これまでほぼ一緒のメンバーで遊んできましたが4回とも勝者が変わっているのも印象が良く、クアックサルバーはみんなで程よくじっくり楽しめる好作品だと思います。


調合レシピはこれで一通り使ってみたのでこれからはランダムにしてみたりまた色々試してみるつもりです。












ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村