中世の修道院長となり装飾写本を作りながら書庫を充実させていく競りカードゲーム。
以前にも2回ほどプレイ経験があったので今回遊ぶのは3回目でした。



IMG_2586

8歳から
2〜4人用
30分

写本がテーマということでパッケージもぱかっと開く本タイプになってるのも特徴。
ゲームの方は前半と後半の二部構成になっていて、前半では手札の補充や競りカードの仕込みをしていく。
そして後半にいよいよ競りがスタートする流れです。


結果は2色くらいに絞って集めてみたものの写本カード合計値ではいずれも競り負けてしまい、得点となる各色のダイスを一つも取れず他プレイヤーで分け合ってました。

前半では自分の左隣プレイヤーから3金カードがどんどん場に流れていたので、みんなお金をたくさん手札に隠し持っていたようす。


ビブリオスはプレイ時間もテンポよくサクッと終わるのもあり、思わずもう一回といってしまいたくなる作品でした。






ビブリオス:中世の写本師 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2014-06-08














ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村