年末年始も空いた時間を見つけながらじっくり系のゲームをいくつか遊んだのでまとめてみました。

まずはウヴェローゼンベルクの集大成的な作品となるオーディンの祝祭のプレイ記から。



IMG_3613

以前に一度遊ばせてもらっていますが、それからだいぶ時間も経ち、ほとんど忘れていたのでルールを再確認。
分厚い箱にはコンポーネントタイルも見たことないほどギッチリ入っていて大作感あります。

ちなみに自分的にローゼンベルク作品である程度リプレイしてるのは、アグリコラシリーズとパッチワークくらいで、カヴェルナやルアーブルなどは未プレイ。
アルルの丘やグラスロードはかろうじて一度プレイ済み。

近年ではコテージガーデンなどパズル系3部作も意欲的に制作していたのが印象的でしたが、その要素とこれまでのワーカープレイスメント系を融合したのがオーディンという感じかな。

中世北欧のバイキングというロマンある世界観を堪能しながら、ワーカープレイスメントとパズル要素を絡めて遊べる完成度の高いじっくり作品になっていると思います。



IMG_3619

プレイ記その1
少しルールミスもありながらまずは初プレイ気分で2人戦。
おそらくジャンル的にパズル系は相手の方が得意そうという理由でもこのゲームを選んでみました。

ゲームの方はルール確認も兼ねていたのでショートゲームにしてサクサク進行。
初プレイの時にバイキングというテーマ通り船系が活躍してたイメージがあったので、ドラゴン船の航海も絡めつつ捕鯨プレイ。

相手は以前にフタリコラを経験してるのもあってか、羊や牛を育てていく家畜市場から生産などを絡めるスタイル。

しかしながら結果はお互いホームボードのパズルを埋めきれず、たくさんのマイナス点を頂戴するロースコア戦となりました。



IMG_3624

プレイ記その2
次こそはもう少し上手くできそうと思いながら後日もう一戦。

探検ボードをしっかり活用してみたかったので前半から物品ボーナスをいそいそと囲っていく作戦を試してみる。
あとはドラゴン船で略奪プレイメイン。



IMG_3625


狩りや略奪アクションはストーンエイジのようにダイスを振って効果値を決めるのでドキドキ感があり楽しい。
失敗することもありますが補填がちゃんと用意されていたり、ダイス運ゲームにならないように色々調整されてます。


今回は上の写真にある特殊タイルを略奪アクションから積極的に取りにいき、ホームボードや探検ボードのパズル埋めを目指す。

相手は再び家畜プレイで、前回より上手く羊や牛を増やしながら、その他の得点源となる移住などもしっかり進めてました。


しかし結果はまたしても100点に届かないロースコア戦。
自分の方は物品タイルや資源はたくさんあったものの、結局余らせてしまい全然得点に繋げられずあえなく終了を迎えるはめに。


感想としてはまずこのヒストリカルでロマン溢れる世界観をゲームで作り出しているのは素晴らしく、さすが世界的に愛好家の多い人気デザイナーだなと改めて思いました。

ただ個人的にはびっしり並んだアクションボードより、雰囲気ある盤面上でアクションして遊んでいける方が好みかな。

最初から高得点が取れない作品はリプレイ欲も湧いて大歓迎だけど、ゲーム中に感じる楽しさが自分には少し弱めに感じました。
(ちなみに相手も同じだったみたいなので、残念ながら家ではあまり回らなそう。ハマれば拡張もと視野に入れてたけれど…)


とはいえあくまでも好みの問題なので、世界的に人気があるのも納得できる好作品なのは間違いないと思います。





オーディンの祝祭 日本語版
テンデイズゲームズ






おまけであと2作品の年末年始プレイ記もざっくり紹介します。



IMG_3540

マルコポーロの旅路(ミニ拡張のみ)

一時期ハマりまくった作品を久しぶりに。
自分的に一番安定して使いやすいと感じるコカチン姫を選択。相手はおこぼれマン。

序盤の都市にお金系が集まっていたので旅キャラでいっても楽しそうだった。
この作品は相手もやや考えることが多いと思うものの好みらしい。





マルコポーロの旅路 日本語版
アークライト(Arclight)
2016-02-06







IMG_3642

アルティプラーノ(拡張入り)

拡張では食料を圧縮可能になったので前半は食料を増やしまくり、後半に資産カード効果を使用して倉庫に入れたり得点化する作戦を試してみる。

しかし結果はまさかの惨敗。
食料がたくさんあるともっとアクション数も回りながらウハウハできると思ったらそうでもなかった。

相手は得意の鉱夫からこれまでで自身最高の得点の伸びを見せる見事なプレイぶり。
後半にどんどん噛み合っていて気持ち良さそうでした。

ちなみに拡張要素については流れの中で上手く絡めていくのは全然ありだけど、あえて作戦の主軸にするのはちょっと微妙かなという印象。(2人プレイ)



ゲーム後もお気に入り職業など感想戦で話したりと、あっという間に過ぎ去った年末年始もなんとか数回はまったりボードゲームで楽しむことができてよかった。






アルティプラーノ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2018-11-15















にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村