1時間ほどで遊べる中軽量級タイトルのお気に入りは以前オールタイムベスト番外編の中で紹介してますが、
そこに入ってなくてもこれまで自分的に好感触だった作品は色々あるので今回いくつか追加で選んでみました。



IMG_0142

「ウィーン」
10歳から
3〜5人用
30分

和訳付きで日本に入ってきた時にマルコポーロの旅路と一緒にリアルタイムで購入して、その後ゲーム会などでなんだかんだ10回以上は遊んでる中量級ダイスプレイスメント。

気に入ってるポイントとしてはロココの仕立屋を少し彷彿させる綺麗なアートワークや程よいプレイ時間のわりにしっかり遊んだ感もあるところ。(ダイスプレイスメント入門にも案外いいかも)


そして5人まで対応しているのでゲーム会の時は活躍の機会がよくありました。

ちなみにボードは昼と夜の両面仕様で気分に合わせて楽しめるのも遊び心があっていいなと思います。













D4E7C58E-3FD3-41E6-886C-19E41BBCA032


「星の王子さま その先の物語」
6歳から
2〜6人用
20分

こちらもアートワークやテーマがとても良いと思い、発売当時にすぐ購入したボザの中量級星集めゲーム。

多人数に対応しつつ、他プレイヤーとの絡みやジレンマもしっかりありながらわいわい楽しめるところが好感触でこれまでゲーム会でもよく活躍してくれました。

ちなみに星の王子さまの絵本版ボードゲームもありますが、この作品は2015年に公開された映画「星の王子さまと私」をモチーフにしてます。






星の王子さま その先の物語 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-10-04










IMG_1759


「ジャンクアート」
8歳から
2〜6人用
30分


フリッケムアップと同じプレッツェルゲームズから出ている積み木系バランスゲーム。
毎回変えることもできる多彩で一捻り効いているルールのおかげで大人も子供も楽しめます。


ここまで書いて気がついたけれど以前、多人数で遊べるボードゲーム10選の記事でもウィーン以外はすでに紹介してたかも。


中軽量級のゲームはまだまだたくさん好作品はありますが、とりあえず今回は自分的にもプレイ回数の多い3つを選んでみました。







ジャンクアート 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2017-07-30