先日久しぶりに村の人生を拡張込みで遊んだので少しまとめてみました。


IMG_3846


村の人生は自分のオールタイムベストに入るお気に入り作品で、過去には1日村の人生だけを遊ぶ村会なども企画してたほど。
今でもたまに遊びたくなります。


拡張を入れると船長を雇って船で出港できるようになったり、ビール作りや酒場での出会いなど幅が広がってより楽しめるところもいい。

中でも港町に入っていてゲーム前に配られる金と銀の目的カードは、初めての人にも方向性ができる指針になりプレイしやすく皆それぞれ違う展開で遊べるのも好ポイントだと思います。


ちなみに今でこそ当たり前のように色々な作品にあるこの目的カードという要素ですが、個人的には村の人生で初めて出会ったので印象が強いです。



IMG_3847



今回の目的カードは醸造家と聖人だったので序盤はビールをせっせと作りつつ教会に送り込むためにワーカー増やし。
議会にも1人送り込んで特権を活用したり、航海でまず紅茶や宝箱を取りに行くのも結構お気に入りのパターン。


このゲームは時をどんどん進めると1人づつ寿命を迎えてしまうので普通の感覚だとなるべく長生きしてもらおうとしがちですが、
一生を終えても村の歴史へ(早い者順に)刻まれていき勝利点になるので寿命が必ずしも悪いことではないところも面白い。


中盤に醸造家を達成した後は酒場へ行き村人カードを獲得しながら色々な効果を発動させる。
勝利点に直結する美味しめのカードもあるので酒場での出会いはその時の巡り合わせ運もあり。(この辺りもなかなかテーマに合ってる)


村人になりきったような会話が繰り広げられるのもいつも楽しく遊べる要因で、これまでたくさんの人におすすめしてきましたが村の人生はほぼ鉄板で気に入ってもらえてます。



IMG_3849



相手は前半から酒場の製図家と航海を絡めたりと冒険を満喫してる様子。
どうやら目的カードは商人だったらしく後半に市場プレイで得点を伸ばして爆発しそうだったのでなんとか墓場トリガーでサクッと終わらせました。


ちなみに終了トリガーのあるゲームも駆け引きが楽しめて自分的には好みです。
(コンコルディア、アルティプラーノ、ワイナリーの四季、ムラーノ島などその他たくさん)



村の人生はこれからも機会あれば色々な人と遊んでいきたいなと思います。






村の人生 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2013-07-21








村の人生:港町 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-02-15