前回の続きで残りの4作品をなるべくプレイした順にまとめてみました。



05813215-90CA-45A8-A418-962C5F1C3043



5.「キューバ」

一度遊ばせてもらったきりなのでざっくりとしか覚えてないですが、「ランカスター」みたいに法案を決めながら、建物を建てたり生産加工したラム酒やタバコなどを船に積んで貿易するゲーム。(だったと思う)

建物を建てていく感じや雰囲気は少し「プエルトリコ」ぽく、得点に直結する法案がプレイヤーによって決まりながら進行していくのもポイントのひとつ。

以前「ランカスター」のプレイ経験があったのでこの時は法案に合わせたゲーム運びが上手くいき初見トップになれました。



8B9B4E7E-FB04-4E11-97B6-EF4C2B06248C



ボードも綺麗でラム酒の木コマも良かったのが特に好印象で、個人ボードの処理も自分的にはなかなか新鮮で楽しめたかな。(たしかコマを集めたくてラム酒プレイをした記憶あり)


ちなみに、この「キューバ」を遊ばせてくれた人の枠は「バヌアツ」と迷いました。

バヌアツ新版もボードやコマなどアートワークが素敵でゲームも面白かったし、初見から2戦続けてトップを取れたおかげで印象も2割増しになってます。











FullSizeRender


6.「ジェンテス/ジェンティス」

もともと限定生産でレア度も高かった作品ですが、発売当時に開催していたゲーム会に持参してくれた人のお誘いを受け遊ぶことができました。

これまで紹介した「忍者刀」「キューバ」などもそうだけど、あまり流通してない作品で遊ばせてもらえるのは特別感もあり嬉しい。

そして和訳などのひと手間への感謝や、作品への愛着を持ち主の人から感じて印象も残りやすく今回の8選もすんなり思いつきました。

(ちなみにジェンテスは再び流通されたのもあり最近話題になってます)


プレイ記はこちら→「ジェンテス






FullSizeRender


7.「ブラス:ランカシャー」
ワレスの名作をアートワークを新たにした新版で、海外で発売されたものを遊ばせてもらいました。

それまでワレスは「ヴィアネビュラ」くらいしかプレイ経験がなく、なんの予備知識なしでしたが素敵すぎるアートワークにゲーム開始からテンションも上昇。


結局、自分もその後「ブラス:バーミンガム」を取り寄せるくらい気に入りました。


記事はこちら












IMG_3255


8.「マイリトルサイズ」

今でこそ日本語版が出ましたが去年はまだ海外版しかなく、流通より一足先に遊ばせてもらえた特別感もあったことから見事8選入り。

個人的に本家の「サイズ」はハマらなかったものの、こちらは世界観もほのぼのしてて好感触でした。






マイ・リトル・サイズ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2019-04-11








以上で8作品。
他にも枯山水、プロスペリティ、IKI、アラカルト、などたくさんの人に楽しいゲームを遊ばせてもらってます。


今回はその中でも特に印象に残ってる作品を簡単にですがいくつか選んでまとめてみました。