先日はアイルオブスカイの第2拡張ドルイドを初めて遊ばせてもらったので少しまとめてみました。

アイルオブスカイは競りやタイル配置を中心にしたプフィスターの中量級作品で、これまで基本は3,4回ほど遊んでますが拡張入りは初めて。
第1拡張よりドルイド拡張はわりとシンプルな要素になってるとのこと。




IMG_4133


プレイ記
3人戦。拡張ドルイド入り。


追加要素としてはドルイドエリアで5枚づつオープンされる新たな地形タイルを毎ラウンド最後に1枚任意で購入できる。(もしくは5金で通常タイルを買える)

この新たな地形タイルはゲーム終了時に入る巻物得点系とゲームを優位に進めれる永続効果系があり。

単純に地形タイルが増えるのは嬉しいしどれも魅力的で購入したいものの、開始時に並んだタイルのコストを見るとどれも高くて手が出ない。
唯一、安くて使い勝手の良さそうな永続効果系が1枚あったけれど当然スタートプレイヤーにすぐ買われてしまいました。


その後ももう一つドルイドタイルの出順がゲームと噛み合わず、大まかにいうと前半にコストの高い巻物が並び後半に永続効果系という感じ。

たまたま良くない方に偏ってしまっただけとは思いますが、オールランダムではなくせめて前半と後半でバランスよくグループ分けしてくれたらというのが正直な感想。(最終ラウンドに永続効果系がずらりと並ばれても…)


実際、今回ゲームを通して使用されていた永続効果タイルはたしか最初の1枚のみとせっかく拡張入りなのにちょっと寂しい展開に。

少し調整するだけで出順に左右されずもっと皆が永続効果も絡めて楽しめそうだし、ゲーム自体は面白いので少しもったいないなと個人的には感じました。(教えてもらったこのルールで合ってるなら)





IMG_4136



ゲームの方はアイルオブスカイを初プレイという人が目的に合った見事な地形を作り上げて勝利。
クアックサルバーのようにゲーム中は後ろにつけている方が有利な面もある中で、ずっとトップを維持しつつ目的の一つだった正方形の地形作りは圧巻でした。

ちなみに自分は後半に失速して得点が伸びず。
お金のやりくりは拡張要素によりさらに悩ましくなり楽しい。


アイルオブスカイはプレイ時間も程よく適度な運要素もあるので、色々な人におすすめしやすく人気なのも頷ける好作品だと思います。


第1拡張も機会があれば遊んでみたい。








アイル・オブ・スカイ:族長から王へ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2017-04-23