エルドラドの第1拡張ヒーロー&ヘクスを初プレイさせてもらったので少しまとめてみました。

メインとなる新要素はタイトル通りヒーローカードと悪魔(呪い)マスによるペナルティトークンの2つ。
その他、新たな探検カードやトンネルマス、悪魔(呪い)バリケードなども追加されてました。



FullSizeRender



プレイ記
拡張入りで4人戦。

基本版は以前一度だけプレイしたことあるものの、ほぼ忘れていたのでまずは拡張要素も含めてルール説明を聞く。

勝利条件は先にゴールしたら勝ちとシンプル。
ただ前回はたしか他プレイヤーと同着ゴールしてバリケード数の差で負けた覚えがあり、タイブレークも重要なポイントになる印象。

マップを毎回変えれるのも特徴で今回はミドルレベルの組み合わせを採用したとのこと。


IMG_4146



前半は探検カードのお買い物がメインになるのでお金系やなるべく効果の高そうなものを補充していく。
エルドラドは手札管理からアクションする流れは「ドミニオン」そのもので、そこに盤面の探検レース要素が加わったような感じ。


なので圧縮も含めたデッキ構築や上手いコース取りがポイントになってきますが、他プレイヤーのコマで進路を阻まれたりするもどかしさなどは「K2」も少し頭をよぎる。



IMG_4147


自分は前半の山場となるヒーローエリアに一番乗りするも、しばらくそこで行ったり来たりして洞窟タイルを複数獲得すべく停滞。
他プレイヤーのブロックにもなるし一石二鳥と思っていたら、前と後ろから挟まれ身動きができない状態に。(まさにK2の頂上付近状態)

今思えばですがヒーローカードをせっかく真っ先に手に入れたのでそのままゴール目指して駆け抜ければよかったかな。



IMG_4148


結局、ヒーローエリア渋滞からいち早く呪いマスにがんがん突っ込んでペナルティを受けまくりながら脱出した黄色プレイヤーが見事勝利。

ヒーローカードはたしかに便利だったけれど、ゲーム後にはそれを無視してゴール目指した方が早そうとの声もあり状況によってはそれも大いに納得。
ただせっかくの拡張要素を満喫せねばという使命感もあり…

ちなみにトンネルマスのワープも今回は誰も使わずでした。


エルドラドは基本自体やり込んでるわけでないのでなんとも言えませんが、拡張は変化をつけたい時の味付けとして十分楽しめるように思います。






エルドラド
Ravensburger
2017-08-01





El Dorado Heroes & Hexes
Ravensburger
2018-11-14