少し前の週末にアルティプラーノ拡張「旅人」を投入しつつ、5人戦で遊んで来たのでまとめてみました。


IMG_4221


アルティプラーノ拡張入りはこれまで2人戦でのみ数回遊んでますが、拡張はより多人数向けの要素になっているので今回5人戦で感触を試してみたい。

長くなり過ぎないようショートゲームルールでスタート。(お一人初プレイ)

*拡張要素やショートゲームルールなどはよかったら過去記事をご覧ください




IMG_4220


序盤から旅人の後をぞろぞろとつけ回すプレイヤーたち。(白が旅人コマ)
永続効果系の資産カードは序盤から取っておきたいし、オパールも何かと便利なので備えておきたい。


ただ結果的なことを言うとやはり5人でも取引所はなかなかチップが置かれず終始寂しい状況。
個人的には最初の印象通り、資産カードの価値をもう少し上げてくれたらなと思います。(単純に勝利点付きとか)

もちろん便利な効果や勝利点系も魅力ではあるものの差し出す代償(チップ)との天秤や、上手く旅人と遭遇しつつチップ引き運も噛み合わねばならずなかなか取引所が活性化し辛いという感触。(賑わう展開もあるでしょうが…)


自分的にはイスタンブールのコーヒー拡張みたいに新要素はより強めに調整してくれた方が好みなので少し気になってしまいました。



FullSizeRender


ゲームの方は特技タイルトリガーにより13ラウンドほどで終了。
通常17,8ラウンドを想定してるゲームだと思うのでショートルールは早い。ただ5人ということで時間は結構かかりました。

結果はお隣さんが計算され尽くした見事なプレイで底上げ倉庫を完成させて勝利。
資産カードは最後に1枚おまけ程度に取りボートと家カード以外をバランス良く伸ばした感じ。(鉱夫なのでお金持ちプレイ)
悩む時間は少々多かったけれど、この人は相変わらずお強い。

2着のお向かいさんは木こりということで王道のカカオプレイで拡張はほぼノータッチ。

3着のプレイヤーは先手番の利を活かして初手から資産カードで拡張効果を絡めまくり作戦で楽しそう。
見事、フル利用した資産カードから30点も絡め取ったもののやはり拡張のポテンシャル自体はもう一つなのかも。

自分は漁師だったので密かに木こりと一緒に漁場枯らしで一気にトリガーを引きつつボート点などで逃げ切る感じをイメージしてたものの今回はまったくかみ合わず。
でもアルティプラーノは経験を重ねてもいつも上手くいくわけではない難しさも好きです。

初プレイの人は資産カード効果から食料とコーン倉庫を完成しつつ、主に家カードといった感じ。

そうそう、今回の自分の反省点としては食料を増やし過ぎたことですがトップの人はわずか3つでまわしてました。
職業の特色もありますがこれまでの自分の経験でも食料は少ない方が結果がいい気がします。



IMG_4223


最後にトップの人の個人ボードをパシャり。
個人目的カードと底上げ倉庫も噛み合っていて、少ないラウンド数の中で見事にまとめ上げてます。


個人的な感想もつらつら書きましたが好みや印象はそれぞれなので軽く読んでもらえれば幸いです。

アルティプラーノはこれからも色々試しながら楽しんでいこうと思います。








アルティプラーノ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2018-11-15