2018年07月


見た目のインパクトもあり以前から気になっていた積み系バランスゲームの名作ヴィラパレッティを先日子供も交えてようやく初プレイできました。


IMG_2655


8歳から
2〜4人用
20-30分

自分の担当する色の支え棒を下の階から抜いては上段に積み上げていく。
ハムスターロールといいツォッホ社のゲームはコンポーネントに遊び心をくすぐる迫力があります。

子供も積み木感覚で遊びやすそう。


IMG_2656


支えは最低3本あればいいとのことなのでノリと勢いでずんずん段数を重ねてみる。
棒を引っこ抜く用の釣り針みたいな道具があるのも面白い。



FullSizeRender


これだけ高くなってくると崩れる時の音もダイナミックで木の触れ合う音が心地いい。
最近めの作品では木製ジャンクアートも結構派手に崩れて爽快です。
どちらもアート性があるのも素敵だと思います。


ヴィラパレッティは勝ち負けはあまり気にせず大人も子供も建築家気分でわいわい楽しめる好作品でした。


ちなみに続編の新作メナラも後日プレイしたのでまた紹介します。









グリム童話などを舞台にややダークな雰囲気のイラストが特徴的なカードゲーム、ダークテイルズを先日初プレイさせてもらいました。

共通の場にオープンされる物語の始まりと終わりを表す2枚のカードを毎回変えれるようで、そこに今回適用されるアイコンの効果や終了時のボーナス条件が書かれてました。



IMG_2599


14歳から
2〜4人用
30分

ルールを説明してもらい大まかに進行はわかったのであとはカードにそれぞれあるテキストを読みながらプレイしていく。
そこまで難しい感じではなかったので始まってみると遊びやすい。
ゲーム中に昼夜が入れ替わっていくのが特徴でそれにより使用するカードも変わる。



FullSizeRender


カードの巡り合わせが良かったのかビギナーズラックなのか、ふわっと遊んでたら勝利できてました。

ダークテイルズは個人的には初めて見たゲームでしたが、拡張も色々出てるらしいのでこの世界観が好みの方はさらなる物語性も存分に楽しめそうな作品だと思います。

1ゲームはお手軽にサクッと終わるのでリピート性もあり。



















少し前になりますが今年のポーランド年間ゲーム大賞2018はシュテファンフェルトの名作ブルゴーニュが見事受賞。
この賞はポーランドメーカーから発売された作品の中からファン投票で選出されるのが特徴となってます。

ブルゴーニュは以前所有してましたが1,2回しか遊べてなかったので、この機会に先日リプレイさせてもらいました。



IMG_2652

12歳から
2〜4人用
30-90分

中世フランスのロワール渓谷を舞台に領主となり街の発展を目指します。
毎手番ダイスを2つ振って出た目に従いアクションしてゲームが進んでいくダイスマネジメント系。

個人ボードはバラエティ豊かに色々な地形もありますが、今回は初プレイの人もいたので皆同じ地形でスタート。
タイルで地形を埋めるたびにそれぞれの効果が発動するので上手くいくとコンボもあるし、ゲームを通して得点がどんどん入っていくのも気持ちいい。



IMG_2653




ブルゴーニュは久しぶりに遊んだけれどテンポも良く、後半にかけて尻上がりに得点も上げていけるので楽しかったです。



IMG_2654


結果は商品タイルまとめ売りとゲーム終了後に得点化する黄色タイルから後半まくれたおかげで200点越えのトップ。
緑プレイヤーも後半に動物からかなり得点を伸ばしていたのでギリギリでした。


フェルトのブルゴーニュは海外でも長いこと愛好家に親しまれている人気作品なだけに今回の受賞も素敵だと思います。


また機会あれば遊びたい。



















ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

3

古代エジプトの建築士となり切り出した石材を船で各現場に運び、ピラミッドやオベリスクなどを建設するハーディング作品。
ドイツ年間ゲーム賞2016にも当時ノミネートされてました。 



IMG_2648

10歳から
2〜4人用
40分

ゲームは全6ラウンド。
手番ですることは次の4つから1つ選択。

石材を3つ入手する
石材を1つ船に乗せる
船を現場に移動させる
市場カード(青)を使用する

4つある建設エリアはそれぞれ得点の獲得ルールが変わるのでエリアごとにミニゲーム感覚で得点を加算していくのが特徴。
この辺りがガンシュンクレバーに似てる。
あ 今後はガンツシェーンクレバーか。



IMG_2649


ゲームの方は白プレイヤーが序盤からピラミッドの生点で大きくリード。
茶プレイヤーは埋葬室エリアで自分の石材をたくさん繋げて高得点を狙う展開。
ちなみに今回は各エリアのA面とB面はランダムに配置してあります。



IMG_2650

結果は運良くピラミッドの頂上に石材を置けたり紫の石像カードのおかげで得点を思った以上に伸ばすことができました。

とはいえ最終ラウンドの船の移動先が少し変わっていただけでまた違う状況にもなっていたと思います。


イムホテップはこれまであまりリプレイできてなく久しぶりに遊びましたが、やはり小一時間ほどでしっかり楽しめる好作品でした。
船を現場にドッキングできるのも遊び心がありいい感じ。


拡張もC面、D面はさらに立体感が増し面白そうなので是非やってみたいし、ハーディングの最新作ヘクセンハウスも楽しみです。








イムホテップ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2017-03-25












ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

3

クマ牧場はイムホテップやスシゴーパーティと同じフィルウォーカーハーディングによる見た目も可愛らしいパズルゲーム。

オーストリアゲーム賞2017
ポーランド年間ファミリーゲーム賞2018
なども受賞している人気作品です。


IMG_2645


8歳から
2〜4人用
30-45分


手番が来たら入手してあるパズルのピースを1つ配置して、覆ったアイコンによりまた新たなピースを獲得したり用地を拡張して美しいクマ牧場を建設します。

拡張しつつ4つの用地をすべて誰かが埋めると終了トリガーとなり得点計算。
毎回変えれる3枚の共通目的タイルや銅像、各ピースからも得点が獲得できます。



FullSizeRender


結果は2マス埋めきれず目的も2つ手付かずだったのであまり得点は伸びない我が牧場。
斜め向かいの方がとても綺麗なクマ牧場を完成させてました。


個人的には3回目でしたが相変わらずパズル系は向いてないようでこの作品での勝利はなし。
それでもほんわりと自分の牧場を完成させていく箱庭感がなかなか面白いです。

ファミリーにもおすすめ。









クマ牧場 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2017-11-30





↑このページのトップヘ