テオティワカン拡張の日本語版を週末遊ばせてもらったのでまとめてみました。

テオティワカンは個人的に2018年作品の中では一番のお気に入りで、これまで10回以上はリプレイもできてます。




FullSizeRender



「テオティワカン:後期先古典期」

14歳から
1-4人用
90-120分


拡張の要素は主にこちらの4つ。

1. 初期能力を持つ司祭が16種(2枚配られ1枚使用)
2. 持続効果も獲得できる新たな神殿
3. 日食の度、基本ルールに少しの変化をもたらす時期タイル8種(1ゲームに3枚使用)
4. 装飾とピラミッドエリアの新たなアクションタイルでは、ダイス目もしっかり反映されるように。

自分はまだ未購入なのでより詳しい内容は知りませんが、ざっとこんな感じだったと思います。



IMG_4315



プレイ記
拡張入り4人戦。

テオティワカンで遊ぶのは何気に半年以上ぶりで4人戦も初。
ルール説明を聞いた後、初期財産タイル4枚から2枚を選択していよいよスタート。

ルール自体はそれほど難しくなく遊びやすいと思いますがスタート時の情報量は多め。
初プレイの人にはゲームの要所などを改めて補足しつつしっかり伝えておきました。



FullSizeRender


配られた司祭タイルに目を通すと、どうやらプラス能力だけでなくマイナス効果を合わせ持つものもあり。
ここら辺も特徴的で面白い。

自分は豊穣の神でもよかったけれどマイナス効果の追加コストが引っかかり、割とシンプルな能力を持つ戦争の神を選択。
こちらもしっかりデメリット付きですが。

その他、お隣の持ち主さんは仮面プレイ一直線の蛇神で、向かいの2人は風の神とカカオを節約できる神にしたようす。



IMG_4317



宗教トラック用の新たなコマも可愛く凝っていていい感じ。やはりアップグレードコマがあるとグッと雰囲気良くなります。


テオティワカンはゲームごとにランダム要素も結構ありますが、今回は初期能力がなくても仮面プレイを試したくなるような盤面。
貴重な仮面も最初からよく出ているし得点系タイルも合わせやすそう。

ちなみに基本版では仮面プレイが弱く拡張要素でどうなるか見届けたかったので、お隣さんが仮面特化能力というのはちょうどよかった。



FullSizeRender



ゲームの方は時期タイルや調整されたアクションタイルなどあるものの、さほど基本版とプレイ感は大きく変わることなく進行。

とはいえ、基本をある程度遊んだ身としてはどの要素も新鮮味が出て嬉しいし楽しい。

ただ今回、情報量の多さからか新たな神殿の持続効果などまで把握するのは億劫に感じて、自分含めた3人は完全ノータッチだったので次回は活用していきたいな。

唯一プレイ済みの持ち主さんは新たな神殿もフル活用していてさすがでした。



IMG_4321


この日は夕方から合流した人たちに少し待ってもらっていたので2..3ラウンド端折って終了。

結果は誰にも邪魔されることなく仮面プレイをまい進したお隣さんが270点で圧勝。
盤面と噛み合わないことがあったり阻止もされやすい作戦でもあるので、ここまで上手くいくのは稀かもしれないけれど拡張により展開の幅は広がりそう。

他プレイヤーと作戦が被らず盤面や状況に合っていればどこからでもチャンスが生まれ、初期能力があることによって特定の勝者ばかりになり辛いのもいいと思います。


ちなみに自分は今回だめなプレイぶりでしたが、これからも他の能力者をすべて試していきたいなと思えるほど楽しめました。

そういえばゲーム終了後にいつもそれほど主張しない人が、
「これはまたやりたい」
と言っていたのが印象的でよかった。


テオティワカンはロマンあるテーマで立体的なピラミッドが盤上に完成されていく見た目も楽しく、効果がどんどんコンボしていくのも相変わらず爽快でした。


また近いうちに拡張入りで遊びたいな。