アートギャラリーを運営する「ギャラリスト」の2回目を遊べたのでまとめてみました。


IMG_4566


プレイ記
3人戦。

前回から1ヶ月は開いていなかったので大体のルールは少しおさらいして貰えれば思い出せての2回目。(1人は初めて)
今回はしっかりアーティストの発掘や作品の購入を疎かにしないようギャラリストの世界を満喫したい。

流れとしてはロケーションという4つの場所のどれかを選択して、それぞれ2つあるアクションのどちらかを実行。

1. アーティストの発掘か作品の購入
2. 契約カードか作品の売却
3. 評価タイルかオークション
4. アーティストの評判上げかアシスタントを雇う

このゲームの特徴として、「キックアウト」と言って後から他プレイヤーが同じロケーションに来ると、そこにいた人は押し出されてサブアクションなどしてもいい。(影響点払えばメインアクションも可)
さらに移動前にキックアウトしてもらうためにアシスタントを置いていくのも有効。

なのでアシスタントは常に2,3人使えるよう雇っておきたいと思いつつ、今回なぜか他のことを優先し続けてしまい最後までアシスタント不足で進行してしまう。
他にも何点か方向性を見誤ったようで、全体的にもう一つ思うような展開に持っていけなかったかな。

それとラウンドなど区切りがないゲームなので最後手番は終了までずっと先を越されつつキックアウトでも割り込まれ続けることに。
 
一応、最初に後手から選べるものもあるし最後のマジョリティ調整くらいのメリットはあれど、自分的にはずいぶん先手有利さを感じました。



FullSizeRender



アートの種類は絵画、彫刻、写真、デジタルアートの4つあり、購入や売却する作品はなるべく個人目的カードに合わせていきたい。
コンポーネントは相変わらず凝っていて遊んでいても世界観に入りやすく楽しめます。

同じラセルダ作品の「エスケーププラン」もそうでしたが、プレイ時間が2回目からグッと短くなるのも嬉しいポイント。
ゲームの世界観が丁寧に作られているためにルール量は多いけれど、シンプルに遊べるよう設計してあるのがこのデザイナーの特徴なのかも。

まあ、キックアウト要素はちょっと進行がもたつき手番順が混乱しがちな面もありますが。




IMG_4568



今回は思った以上に早く終了トリガーが引かれて、最後にキックアウトなしでもう1手番づつしてゲーム終了。もう1,2手番欲しかった。(こう思えるゲームは好き)


結果は持ち主さんが160点ほどで勝利。
キックアウトのためのアシスタント置きも終始抜け目なかったので単純に手番数も多く、評価タイルからの加点とオークションのマジョリティも獲得と見事でした。


自分は139点で2位。
初回より得点は伸ばせられたけれど、途中でいくつか方向性を間違えた感じがする。
ただ、おかげでようやくどんなゲームかわかった気がするのでまた色々試してみたい。
あとはやはり(キックアウトもあることで)広場の客引きにしても、他の部分でも毎回やりたいことの先を越される感がゲーム中ずっとあり、後手はそこら辺が少し辛かったです。


ギャラリストは初見の時もそうでしたが、少し経ってからじわじわとまたリプレイしたい欲が湧き上がってくる。
ゲームが凝っていて満足度が高いわりに時間がかかり過ぎないのも、そう思わせてくれる要因だと思います。


また遊びたい