チケットトゥライドの新拡張「日本マップ」を初プレイさせてもらったのでまとめてみました。

チケットトゥライドはこれまでもアメリカ、メルクリン、インド、スイス、イギリス、アジア、北欧、世界と色々な拡張マップを遊んでますが、その国ごとに特有の追加要素があるので日本もどんな感じに仕上がっているか楽しみです。



IMG_4646


ちなみに日本マップの裏面は「イタリア」になっていて嬉しい両面仕様。
単独拡張ではないので今回はチケットトゥライド「ドイツ」に組み合わせて遊ばせてもらいました。

この日はボードゲームにまだあまり慣れていない人も交えつつ、仕事終わりのまったり雰囲気で5人戦スタート。



FullSizeRender



日本マップではそれぞれ列車コマが通常より少なく、20個しか使わないショートゲーム仕様。

そして一番の特徴は「新幹線」があること。
新幹線は誰でも使える便利な路線となる分、どれだけ配置できたかの貢献度によりゲーム終了後に高得点を貰えるかマイナス点を頂戴するかが決まる。

*新幹線の貢献順による得点
1位 25点
2位 15点
3位 5点
4位 −5点
5位 −10点


ただ通常の列車は配置点があるのに対し、新幹線は置いた時の得点はなしなのでなかなか悩ましい。
それでも新幹線コマは数に限りがあるのでわりと皆序盤から積極的に新幹線を引いていく。


自分も貢献度でトップ狙いを目論んでましたが5人戦では思った以上に新幹線コマの減りが早く、それに気づくと同時に皆が一斉に新幹線に走り一瞬でコマが無くなる。
ここら辺はなかなか熱いポイントでした。

結局自分は貢献度3位に。
もう1手番前から動けただけに少し残念。



IMG_4649



その後は誰でも使える新幹線の路線があることによってチケットをどんどん引く人が続出。
チケットを引くのが醍醐味でもあると思うので新幹線の要素はゲームにマッチしていて好印象。

そして列車の持ちコマ数が少ない調整のおかげで進行もスピーディーでありつつ、チケライの良い部分はしっかり楽しめるのもいい。


ただ新幹線の貢献順が決まってしまうと最下位の人の望みがほぼない状況にもなり、その人が早々に終了トリガーを引くことに。


結果は新幹線も1位だった女性プレイヤーが目的カードでも高得点を稼ぎ出してぶっちぎりの完全勝利。
列車コマの配置がまた見事で「東京」を起点にして新幹線を利用しまくり、効率よく列車数も少なめで多数のチケットを達成。

「日本」マップのポテンシャルを引き出す理想的な進め方でやり切った感ありそうでした。

ちなみに自分はかろうじて2位。
1位の人とは以前からたくさんのゲームで遊んでますが、この金曜会でも「ウイングスパン 」「イスタンブール」などいつもトップ争いになる刺激的な存在です。(今回は大差をつけられてしまいましたが)


「チケットトゥライド日本」は馴染みのある地名のおかげで遊びやすくプレイ時間も小一時間ほどなので、ボードゲームに慣れていない人にもおすすめかなと思います。
(しっかりボードゲーム感を味わえるという意味でも◎)


裏面の「イタリア」もまた遊びたい。