「マルコポーロの旅路」の続編となるマルコポーロ2を初プレイさせてもらったのでまとめてみました。


前作「マルコポーロの旅路」はリアルタイムでその面白さにハマり、一時期はヘヴィーローテーションして20回以上は遊んでるはず。

最近はめっきりプレイすることはなくなったものの、その続編ということでどんな感じに仕上がっているか楽しみ。



FullSizeRender


今作は「能力者がマイルドになった」「旅によりスポットを当てている」くらいのことは耳に入ってましたが、いつも通りフラットな気持ちで初プレイを楽しんでみようと思います。


IMG_4875


4人戦

まずは3回ほど遊んでいるという持ち主さんにルール説明をしてもらい手番順決めの後、前作と同じく後手番から能力者選びへ。(ベースは前作と同じ)

この時持ち主さんが各能力者の説明の他に、親切心から強さのランク付けまで教えてくれる。

まあ正直いうと自分的には遊ぶ前から変な先入観は持ちたくないし、失敗したとしても遊びながら自分なりに色々感じていく方がゲームは面白いと思う。

なので自分がルール説明する立場の時は聞かれない限り強さの説明とかはやらないかな。(ゲーム中の具体的なアドバイスも)


結局最初に能力者を選べる人はやはり持ち主さん一押しのキャラを選択。自分は他人のランク付けは気にしないので使ってみたいと感じたキャラで。

もちろん持ち主さんも唯一の経験者という立場から皆に楽しんでもらおうとランクを教えてくれたとは思いますが、個人的にはそれぞれその時ピンと来たものを自身で選ぶ方がいい結果や楽しめることに繋がる気もします。

(ちなみに今回はたまたまですがランク付けされた1,2位のキャラがゲーム後の結果3,4位でした)




IMG_4876



ゲームの方はしっかり面白さは健在で一安心。
正直続編はあまり期待してなかったし周りでもそこまでいい評価ではなかったけれど、自分的には「思ってた以上によくできていて面白かった」というのが率直な感想です。

旅メインで都市の紋章集めというのも焦点が定まり遊びやすいし、商館と契約タイルの関係性もより良くなったりとバランス調整されつつ新要素も加わり2としての進化もしている感じ。(新たな資源の翡翠もいい)


とりあえず色々な能力者を試しながらリピートしてみたいと思わせてくれるだけの楽しさは十分感じれてよかった。



FullSizeRender


結果は120点で持ち主さんに1点届かず2位。
内容としては「振ったダイス目により資源を貰える」能力者を使用しつつ、商館12を建てきり紋章都市9種も全て巡ることに成功。(個人目標も達成)

最終ラウンドにはラクダ20個にお金も35金くらいあったので、ダイス目を操りつつ一気に5歩移動を決めれたのも気持ちよかった。

そういえば最後は全員ラクダを使ってダイス振り直しチャレンジをしていたり、途中ラクダコマが足りなくなる事態も起きたりしてました。


「マルコポーロ2」の少し気になったポイントとしては初見から商館や紋章をやりきれてしまったところ。
得点的には契約とかまだ伸びしろはあるものの、もう少し苦しいバランスの方がいいような気も。(「ニュートン」もそこが気になった)


とはいえまだ1度きりのプレイなのでこれから色々試しながら楽しんでいけたらと思います。