シルクロードを旅する「マルコポーロ2」の2回目を遊んだのでまとめてみました。
初プレイから1週間ほどですぐリプレイできて嬉しい。



IMG_4880


今回はメンバーも全員変わってます。
自分が唯一の経験者ということで持ち主さんから頼まれていたルール説明を皆にしてスタート。


手番決めジャンケンで勝ってしまったので能力者は最後に残っていた2枚から「旅アクションの制約はあるけれど旅コストのラクダとお金を無視できる」というキャラを選択。

前作「マルコポーロの旅路」もそうでしたが、毎ゲームごと盤面の都市カードなどランダム配置になるのも展開が変わっていい感じ。



IMG_4883


今回はわりとテンポよくサクサク進行してくれ、プレイ時間はそれなりにかかるものの体感的にはあっという間にゲーム終了。

一応結果は経験者の自分が100点で1位。
内容は商館9に紋章都市も6種だったので前回よりはよくないけれど、初プレイの皆がスムーズに遊べるよう意識を回していたので十分満足です。

そして初プレイだった3人は50〜60点くらいとやや伸び悩んだものの、ゲーム後は皆で「面白かった」「またやりたい」と言っていてとても好感触。

普段そこまでボードゲームをしていない人の心もグッと掴めるポテンシャルの高さは、さすがマルコポーロだなと改めて思いました。
なんにせよ気に入ってもらえてよかった。

個人的にも2回目の感想はやはり「面白かった」ので、また他の能力者も試してみたいな。