古代ハワイで村を発展させる「ハワイ」で遊んだのでまとめてみました。

以前一緒に遊んだ人からリクエストをもらっていたので持参しましたが、個人的にもハンスのお気に入り作品なので嬉しい。


image


4人戦。

皆1,2回プレイ済みでしたが、久しぶりの人もいるのでルールをおさらいしていざスタート。


ちなみにミニ拡張「カマプアアの恵み」は「釣り」が強化されてラウンド目標の達成が楽になり「サーファー」の影が薄くなるのが特徴。
ゲーム自体も多少緩くなりますが、ラウンド目標のマジョリティ得点争いはその分し烈になる感じ。


今回はより苦しいバランスで遊びたくてミニ拡張なしを選択。
全5ラウンドのこのゲームは後半になるにつれて資源のやり繰りや目標達成がとても辛くなっていくのも醍醐味の一つだと思います。



image


ゲームはサクサクペースで進み2時間ほどで終了。
4人戦はなかなか苦しく1村特化になってしまいましたが、経験値の差でなんとか125点で勝利。


2位の赤プレイヤーは「カフナ」と「ティキ」をしっかり揃えつつ5村を完成させて112点。
収入も安定していたように見えたけれど、最後のラウンドはやや失速気味で助かりました。


「ハワイ」はゲーム的には経験値の差が出やすいタイプで難しめのバランスになってますが、やることはシンプルだし移動の足コマやコストの貝コマなど可愛く南国ムードの雰囲気良い好作品になってます。

(毎ゲーム、アクションタイルの配置がランダムに変わるのもいい)



日本ではあまり流通してないのが惜しい。