潜水艦がテーマのキャプテンソナーを遊ばせてもらったのでまとめてみました。

今回の「ザ・ルーキー」はもともと多人数向けだったものを2〜4人用に遊びやすくしたバージョンとのこと。

2チームに分かれて相手の潜水艦に魚雷を2回命中させたら勝ちらしく、協力要素もあってなかなか楽しそう。

FullSizeRender

ゲームの特徴としては相手チームとの間に仕切りがありお互い手元が見えなくなっている仕様。
ただ声は丸聞こえなのであまり相談しているとヒントになってしまいがちかも。

あとはチーム内で「艦長」「通信士」という役割を担当しつつ進行していく。

IMG_6161

1回目

艦長を担当。
潜水艦のスタート地点がお互い決まっていたので結構位置は丸わかり状態。
時折、静音装置で行方をくらますも魚雷の射程圏内に入られ先に一発もらってしまう。

しかも位置は完全にバレているし展開的にはかなり不利な状況。
ただ魚雷発射にはエネルギーがいるので、相手が再び貯まる前にこちらも魚雷を命中させ五分に。

その後はお互い魚雷発射できる状態で付かず離れず。
お互い場所は分かっているので射程圏内には入れず膠着しそう。
しかしながら相手が静音装置で姿をくらます代わりにエネルギーを使ってくれたので、通信士の人と相談しつつ相手の動きを読み切り魚雷発射。

なんとかチームプレイで勝利できました。


2回目はマップを変えて役割もチェンジ。
今度はスタート地点が秘密だったので通信士としても場所特定のしがいがあり、前半はゲーム本来の楽しさをより味わえた印象。

ただ後半は1回目と同じくやや膠着状態になってしまい、最後は向こうがこちらを巻き添えにしつつ自爆という半ば強引にゲームを終わらせる形でフィニッシュ。

「キャプテンソナー ザ・ルーキー」は潜水艦のクルーになりきり、わいわい会話しながら推理要素も交えつつ遊べて十分楽しめました。