初めて遊んだマックゲルツの作品で面白さにハマりだしたのは2,3回目くらいからでした。古代ローマ帝国時代の地中海沿岸付近を舞台にそれぞれ経済発展などを目指します。運要素があまりないじっくりゲームなのでプレイ回数を重ねるごとに上手くなりやすいです。

44DB5CBE-3746-4B98-8911-6A41E0639519
リプレイ回数的には10回ほどですがたくさんの拡張マップも出ているのでまだまだ遊んでいきたい作品です。マップ以外にもサルサという塩の要素など追加できる本拡張もあります。個人的には完成度が高いので基本だけでもしっかり楽しめますが好きな作品の拡張があるのは嬉しいです。

基本のマップはインペリウム帝国といって地中海沿岸付近マップになっていてボードデザインも美しいです。

その他のマップでは
イタリア
ブリタニア(現在のイギリス)
ゲルマニア(ドイツ周辺)
ビザンチウム(イスタンブール周辺)
ヒスパニア(スペイン、ポルトガル辺り)
ガリア(フランス周辺)
コルシカ(イタリア近くの島)
エジプト
クレタ(ギリシア南側の島)

デザイナーのこだわりぶりが伝わってくるほど充実してる。個人的にはまだせいぜいイタリアマップともう一つくらいしかできてないですが。

イタリア
IMG_0076
マックゲルツの作品はどれもシンプルにまとめられているので、慣れてくるとテンポよくゲームを進行していけます。それでいて悩ましい展開になるのでボードゲームでしっかり遊んだという充実感も味わえるのもいいです。得点がゲーム終了後に独特な入り方をするのも特徴です。

最近めっきりプレイできていないので今年はまた新マップなどにもチャレンジしてみたい!





にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村