近年初プレイした中で特に気に入っている作品の一つです。
テーマはイタリアのルネサンス期を舞台にフィレンツェ貴族となり名声を獲得します。
ロレンツォとはこの頃に絶大な影響力を持っていたメディチ家最盛期の当主のこと。

デザイナー陣もみんなイタリアの人でグランドオーストリアホテルを作ったルチアーニ&ジーリコンビともう一人による共作です。


パッケージ
 
FullSizeRender


世界観をより知ってからまたリプレイするとゲームの面白みが増すこともよくあるので世界史とボードゲームも相性のいい組み合わせだと思います。



IMG_1268


ゲームの方は現時点で7,8回ほどプレイしましたがまだまだ遊んでいきたいと思わせてくれる魅力があります。

共通のダイス目を上手くやり繰りしながらワーカーを配置していく流れでアクションエリアは4つ。

塔エリア (ここで発展カードを獲得)
収穫、生産エリア 
市場エリア
評議会エリア

そしてこのゲームのポイントは信仰力を決算ごとに上げておかないとペナルティが発生してしまうので悩ましい選択を迫られます。

上級ルール用の指導者カードもあるので状況に合わせてゲーム感も変えれるのも嬉しいし、拡張もすでに発売しているのでまた機会があれば遊びたいです。