国名地名のタイトルがつけられたボードゲームも数多くあり個人的にも好きなジャンルなのでこれまで色々遊んでいます。
中でもイタリアが舞台の作品は雰囲気が良かったり歴史も興味深いものがあり特によく遊んでる気がします。
いくつかピックアップしてみました。



ムラーノ島

03186F29-524B-4E48-B640-6B2834214AE0

ベネチアの離島でベネチアングラスが有名な観光名所が舞台。
島の人になり観光客の要望に応えていくと得点がもらえます。
ガラス工房を建てたりしますが煙が上がるので名声点は少し下げられるとかなかなかリアルな世界観です。


優雅にゴンドラを動かしてアクションしていくというのがとても雰囲気よく魅力があり好きな作品の1つ。
デザイナーは村の人生と同じブラント夫妻です。






リアルト橋

IMG_0124


こちらもベネチアの観光名所が舞台。
ステファンフェルトの中量級くらいで楽しめる作品です。
ちなみにベネチア舞台でいうとサンマルコは未プレイなので機会あれば遊んでみたい。


ベネチアのマップ上で各エリアごとに議員コマを置いてマジョリティを競うので悩ましいです。
橋に異なる勝利点が付いているのでどこに橋を架けるのかもポイントになります。
パッケージも渋くていい。







ワイナリーの四季 トスカーナ

FullSizeRender


トスカーナを舞台にイタリアワインを作る人気作品。
個人的にも拡張トスカーナで遊び始めてからはオールタイムベスト入りしています。


ワイナリー経営という魅力あるテーマや訪問者カードにより毎回変わる展開でずっと長く遊んでいける好作品です。
木コマなどコンポーネントが凝っていたり拡張要素が充実しているのもおすすめポイントになっています。



ちなみに最近トスカーナの日本語版がようやく発売されました。
テキストも多少あるのでこちらのバージョンがより遊びやすいと思います。



ワイナリーの四季 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2017-02-11











ロレンツォイルマニーフィコ

IMG_0087

ルネサンス期のフィレンツェで圧倒的な力を持っていたメディチ家最盛期の当主ロレンツォがテーマになっている作品。
他にもメディチテーマの作品は色々あります。ドーンのイルヴェッキオやメディチカードゲームなどいくつか遊んでいます。


ロレンツォは個人的に好みのデザイナー筆頭であるルチアーニ絡みの作品でやはり何度も遊びたくなるじっくりワーカープレイスメントです。
グランドオーストリアホテルにやや近いプレイ感で遊ぶほどに面白い。






メディチ カードゲーム
コザイク(cosaic)
2016-07-09






カッラーラの宮殿

FE942DB1-2FBB-4ECE-8369-C845E56F1107

イタリアにある大理石の産地が舞台。
お金と勝利点をバランスよく獲得していくところがヘヴン&エールに少し近いですがデザイナーが同じキースリング絡みです。


大理石を切り出して建物を建築していくという雰囲気の良いテーマになっていてプレイ時間も長過ぎず程よくしっかり遊べます。
パッケージも白大理石をイメージしてありいい感じ。







コンコルディア イタリアマップ

IMG_0076

マックゲルツの人気作品コンコルディア。
基本版のボードはリバーシブルになっていて地中海マップの裏は主に少人数おすすめのイタリアマップです。


長靴のような形のイタリアが舞台でもコンコルディアを楽しめます。



コンコルディア 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)






他にもローマ帝国時代なども含めてまだたくさんありますが今回はこの辺りで。



ではまた