日本語版が発売された頃に3回ほど遊ばせてもらっている人気作品テラフォーミングマーズ。
それぞれ大企業を担当して火星を地球化するという壮大なテーマながら目的がすっきりしていて個人的にも好感触。

先日久しぶりにリプレイできました。


IMG_2169

盤面を緑化しつつ酸素や気温を上げていき地球化を進めていく。
スケールが大きい。


FullSizeRender

持ち主さんの配慮で個人ボードはキューブが置きやすくカスタムされてました。
ゲーム中に散々子供に絡まれていたのでこの仕切りがあり助かる場面も何度かありよかった。
和室で開催のオープン会中だったので。


FullSizeRender

まずは担当する企業カードが2枚配られどちらかを選択。
片方のチタン会社は使用したことがあったので初めての土建屋企業にしてみる。
このカードがあることにより方向性も定まるのでほとんど迷いなくプレイできました。
今回はゲーム外でも子供の相手など忙しかったのでちょうどよかった。


IMG_2174

だんだんとお金も回り出してより強力な効果のカードをプレイしていけるので終盤は一気にゲームが加速していくのがいい。
ただ今回は初プレイの方もいたというのもあり1ゲームがやや長く感じました。
やはりテキストなどもあるたくさんのカードを扱う作品なのである程度のダウンタイムは覚悟しておいた方が良さそう。
もちろんメンバーにもよりますが。



FullSizeRender

結果は全員僅差で収まる好勝負になりお隣さんが見事勝利。
自分は序盤から有利にゲームを進めてると思われて、たびたび直接攻撃を受けたのが地味に響き1点差の2着でした。
緑化は1つもせず。

テラフォーミングマーズは金星拡張と共に日本語版が再販されるそうなので楽しみです。









こちらから色々なボードゲーム記事見れます