カテゴリ: ボードゲームプレイ記


アルティプラーノの拡張第一弾となる「旅人」が発売されたので、さっそく購入して遊んでみました。


拡張では地形タイルを歩き回る旅人コマに出会うと取引アクションができたり、オルレアンと同じく各ラウンド前に行うイベントカードが新たに加わっているのでプレイ記と共に紹介していきます。



IMG_3581


プレイ記その1
和訳はなかったものの拡張要素はわりとシンプルだったおかげもあり、届いた当日夜にルール確認してさっそく初プレイ。
イベントや資産カードにはテキストもありますが、アイコンが一緒に付いていて分かりやすく特に問題なしでよかった。


準備を終えた上の写真では立体で存在感があったスタートプレイヤー用のアルパカはスッキリ平らになり、7つの地形の真ん中に新要素の取引スペースが登場。


ポイントになりそうな資産カードに軽く目を通すと、主役にしては影の薄めだったアルパカと食料辺りも多少テコ入れされてるように感じたので今回の役割タイルは農夫にしてみることに。

相手は得意の鉱夫でいざスタート。



IMG_3584



***

拡張の新たな要素はざっとこちら。

①イベントカード 
各ラウンド開始時に一枚オープン。
A〜Eまで種類がありゲームごとに各3枚づつランダムで遊べる。(Cだけは内容固定)

基本的にはどのイベントもプラス要素で苦しさとかはない感じ。
なのでゲームのテンポアップにも繋がりそう。


②旅人(取引)アクション
白い旅人コマと同じ地形にいる時にできる新たなアクション3種。

1.オパールを買う
食料も含む商品チップ1枚ごとにオパール1つ。(コストの商品チップは新アクションマスからコンテナへ)

2.商品を買う
オパールを払って自分以外の取引スペースにある商品チップを獲得。

3.資産カードを買う
2種類あるカードのコスト価値分の商品チップ(食料も含む)をコンテナでなく自分の取引スペースへ払う。
1ラウンドに1人1枚まで。

資産カードには永続効果の能力が色々あり、より強そうなレベル2の方はイベントCまでは取れない。

(旅人アクションの1,2と3の要素は分けて考えるとスッキリ遊びやすいと思います、参考までに)


ちなみに旅人コマはラウンド後に時計回りで誰もいない地形に移動します。


***


内容としては食料も圧縮可能になりカード能力も増えたことで新たな作戦も色々ありそうだし、取引要素はプレイヤー間に絡みも生まれるのでより多人数向けに対応している印象かな。



IMG_3582



せっかくの拡張要素なので満喫したいところでしたが、相手の鉱夫が序盤からお金持ちプレイで快調に特技タイルを買いながら資産カードもズバズバ先取りしていく。


こちらは残ってる資産カードの中から倉庫系を特化しつつ応戦してみる作戦へ。

しかしながら資産カードを獲得するには商品チップを(取引スペースに)捨てていかねばならず、倉庫プレイとは相反するのが難しいところ。

初見の感覚ではそれに見合うほど資産カードが特別強そうにはとりあえず感じなかったかな。
まだわかりませんが。


いずれにせよ食料の使い方が今後拡張のポテンシャルを発揮させるポイントになる気がします。



IMG_3586


ニュートンなどこれまでのゲームでも思ってたけれど相手は生点をがっつり取るスタイルがわりと性に合うようで、今回も食料とアルパカをどんどん得点マーカーにしてました。
カード系の買い方もいつも目をつけるのが早く上手いです。



IMG_3590


ただゲームの方は家カードをたくさん獲得できたおかげもあり174点と農夫の勝利。
相手は契約カードにも力を入れるチップ圧縮作戦だったので、2人プレイでは家カードなどをこちらが取り放題になってしまいました。
石もやはり大事。

ちなみに余ったオパールも2つごとに1点になります。


アルティプラーノ旅人の初プレイは英語テキストなどもちょこちょこ確認しながら進行していたのもあり、楽しめたものの予想以上に時間がかかって少々疲れました。

ちょうどいい具合に拡張のルールにショートゲームバリアントもあったので、次回はそちらを試してみようと思います。



(すでにショートルールでも数ゲームしたのでまた改めてまとめてみます)






アルティプラーノ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2018-11-15


4

週末に合わせてちょうど楽しみにしていたルチアーニの新作ニュートンが届いたので、さっそく遊んでみました。


ルール自体はそれほど複雑でなく前作ロレンツォと同じくらい。
5つの基本アクションと流れを確認して、アイコン効果をざっと把握すれば概ねいい感じだったのですぐに遊べたのもよかった。



FullSizeRender

12歳から
1〜4人用
90分


テーマは18世紀のニュートンなど偉大な学者たちによる科学革命の時代に、若い学者となり成功を目指す。

ゲームの大筋としては2つに分けると知識を蓄え本棚を埋めることと、テオティワカンの神殿ボーナスみたく毎ゲームごとランダムで変えれる目的タイルを達成していくことが主な得点源になりそう。

そのためにはヨーロッパに広がる都市や大学、古代の地を旅したり、大学の講義で学びつつ技術的な発明を成し遂げる必要もありやりたいことはたくさん。

しかしながら全てを上手くこなせれない"ままならなさ"もしっかり詰まっていて、ルチアーニらしいじっくり作品になってる思います。



IMG_3546

初プレイ記
最近は例によって2人プレイ。
しゃべり続ける子供の相手にも四苦八苦しながらなんとかゲームを進めていく。
途中でようやくポケモンのDVDに誘導できた。

4枚づつ配られる初期の偉人カードは慣れたらドラフトにするとのこと。
偉人カードにはそれぞれ勝利点付きの能力があり発動するタイミングはゲーム中4箇所あるものの全てまかなうのはなかなか難しそう。

ロレンツォの指導者カードはただ捨てるだけのことも結構多く、せめて勝利点は付いてて欲しいと思っていたので何気に少し嬉しいポイント。




IMG_3545

各ラウンド後の決算では本棚点が入り、プレイしたアクションカード5枚の中から1枚を個人ボードに差し込んでいく。
なので手札が足りなくならないよう講義アクションで新たなカードを増やすことも大事。

この手札回しの感覚はモンバサ感も少しありつつ面白い要素で楽しめます。


基本アクションはざっとこちら。

①業績(定規)  1マス進むごとにお金が貰える。
途中にボーナスタイルなどありゴールに目的タイル。

②技術(歯車)  木の形になっていて枝分かれしていくので、お目当ての目的タイルを研究員コマたちを使って目指す。
途中にある発明タイルなどにより効果がコンボすることもあり。

③旅(コンパス)  主に本棚を埋めるための条件を満たすのが目的。

④講義(帽子)  新たなアクションカードを獲得。
宝石の煌きみたくレベル1〜3までのカードが数枚づつオープンされていて(レベルに応じた)特殊効果が色々付いている。

特殊効果にはマルコポーロの旅路のワープマンみたいなものや勝利点系もあり。

⑤研究(本)  ゲームのメイン目的と思われる本棚を埋めるアクション。
毎ラウンド、本埋め達成ラインにある勝利点をもたらす。

最初にも書きましたがゲームを通して得点になるのは大体、この本棚と6箇所ある目的タイル。
あとはアクションカードの特殊効果点や偉人カード点、各タイル系から入る点くらいかな。



IMG_3549

初プレイの結果はかろうじて辛勝こそしたもののまだまだ伸びしろだらけ。

相手との競争要素は少なく、早取りしたいのは丸い形のボーナスタイルや各ラウンドの新たなアクションカードくらい。
なので自分の計画を伸び伸び楽しみながら遊べるところもお互い好感触でした。

ゲーム中も面白いしリプレイしたくなる魅力もしっかりあるので、色々な作戦をこれから遊びながら相手と共に試していきたい。


ちなみに相手もいたく気に入ったようで、我が家では翌日からニュートンモードに突入。
ただ今連戦中なので、もう少し細かいところなども含めてまた改めてリプレイ記にまとめてみようと思います。






ニュートン
CMON
2018-11-23













にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


先日はコンコルディアの新旧2つの拡張を初めてブレンドして遊んでみました。
まずサルサからは今回の舞台となるヒスパニアマップとフォーラム(広場)タイルを投入。

個人的にフォーラムはシンプルなコンコルディアにいい味付けとなりなかなか面白く感じてますが、塩の方はもう一つ馴染めなくて抜くことにしました。


IMG_3504

ヴィーナスを入れるのは3回目。
チーム戦用でなくすべて個別戦です。
すんなり基本版に溶け込みつつゲーム感に変化も与えてくれて気に入ってます。

前回のプレイ記でも触れましたが、このマギスター効果があることにより展開を少し加速してくれるような感触もあり。
ナヴェガドールのミニ拡張(新しいタイルの方)の時もそう感じたので、よりスピーディーさを足すのはゲルツの特徴なのかも。



IMG_3505

最近は以前とは異なりもっぱら2人プレイなので、手持ちではイタリア、ヒスパニア、ヘラスが重宝してます。

イタリア  属州11、都市数25
ヒスパニア  属州9、都市数23
ヘラス  属州10、都市数25

今回は中でも一番都市数など少ないヒスパニアマップ(現在のスペインやポルトガル)を選択。


IMG_3506

フォーラムの貴族タイル(青)はスタート時に各プレイヤー2枚づつ配られ1枚を所持。
自分は護民官した時に好きな資源を塩に変えれる能力にしたので、塩なしで遊ぶ今回は好きな資源に変換できる。
相手は建築時の移動力プラス1とのこと。

ゲーム中は護民官アクションで手札を回収する枚数に応じて、獲得できるタイルの選択の幅も広がります。

通常のコンコルディアではある程度手札を使い切ってから護民官するパターンが多かったですが、フォーラムがあると護民官をするタイミングの駆け引きが生まれるのも面白い。



IMG_3508

ゲームの方はヴィーナスのみ入れた前回に続き、場札10枚残しでかなり早めに建てきり成功。

相手がこれからという時に終わらせるこの感じはアルティプラーノでの地形枯らしをした感触にも近い。
毎度向かいの席からブーイングされます。

コンコルディア2人戦では大長官カードがよく動くこともあるし、さらにフォーラムやヴィーナス効果も手伝って基本版の多人数時よりグンと建て切りやすい印象。
プレイ時間も1時間くらいだったような。

内容としては新たなヴィーナス点をしっかり絡めつつ、1箇所以外の属州すべてに家を建てれて97点。
トリガーを早く引く代わりに獲得カードはこれまででも一番少なかったかも。
ちなみにミネルバもなしでした。


スピード感があってあっという間でしたが、相変わらずしっかり遊べた感も味わえるところはさすがマックゲルツ作品。


今回も楽しかったです。








コンコルディア 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)









コンコルディア拡張 サルサ 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)



前回に続いてアルティプラーノのプレイ記を中心に色々まとめてみました。
一つの作品をここまで立て続けに遊んだのは最近ではテオティワカンぶりです。



IMG_3491


プレイ記その4
通算12回目にして初めての鉱夫。
一度相手が使用してるのを見てたけれど、スタートから銀を入手してのお金持ち市場プレイがなんとも楽しい。

今回はお金で追加移動できる特技タイルを取りに行き、倉庫保管の圧縮ができない食料を少なめで回す作戦。
その他、お金で商品を獲得できるタイルも絡めていきたい。



***

ちなみにルールブックには最初のゲームで役立つヒントも載っているのでざっくり紹介しておきます。

①食料
生産や移動で使うので魚やアルパカで増やす。
しかし倉庫に保管できないので、多すぎないよう適切なバランスがポイントになる。

②魚を交易に出す
市場で特技タイルを獲得することにより、普段手に入らない他の商品と交換(交易)できる。

アルティプラーノは商品が枯渇していくゲームなので、新たな収入源に移行していくことが必要。(そこがまた面白い)

③保管とボート
倉庫に商品を保管することで得点にもなり、圧縮効果も出るので適切なタイミングで行う。
たくさんの種類の商品があれば、より高得点になる後半の段にいける。

新たな商品を得るのにボートも有効。

④お金
ゲーム終了時にお金は勝利点にならない。
お金で商品を獲得できる特技タイルも追加アクションとして有効。

前作オルレアンも施設タイルを買って自分だけのアクションマスを作れましたが、特技タイルはよりゲームに溶け込み楽しめるようになった印象。

***



IMG_3492


特技タイルは中央に5枚あり買うことができるのは1ラウンドに1枚のみ。
A〜Dランクの順に出てきて終了トリガーの一つになってることからコンコルディアの場札のような面もあり。

もう一つの終了条件はどこかの地形を枯らすことでゲームを短期決戦に持ち込めることから、こちらもコンコルディアの家建てきりに感覚が近いと思います。

そう思うと得点化するタイミングが重要なところや大きく2つの作戦(トリガー)があることなどコンコルディアぽさも意外とある気がします。
やはり好きになる作品同士はけっこう類似点が見つかり面白い。


ちなみに上の写真はすでにC辺りの特技タイルでカカオ生産系に集中してますが、今回みたくすでにカカオが枯渇してることもよくあります。
あと同じ効果のタイルは一枚しか持てません。




IMG_3493


ゲームの方は鉱夫でガポガポとチップが増えていきなかなか順調。
布袋から引くチップがなくなってからコンテナ内のチップを袋へ入れる流れも、オルレアンから調整されてよくなったと思えるところ。



FullSizeRender


結果はDレベルの特技タイルが来る前に森を枯らす短期決戦に持ち込み勝利。
これまでの感触から木こりと鉱夫はトリガーを引きやすいように感じます。

内容的には食料3つで回して商品チップを大量に獲得。
倉庫に移動する暇はさすがになかったものの概ね作戦通りで鉱夫を満喫できてよかった。


最近慣れてきたのもありアルティプラーノ2人戦で90分以内には収まり、プレイ時間もちょうどいいくらい。




IMG_3498


プレイ記その5
通算13回目は前回で一通りの役割を使ったので単純に気分で石工を選択。
相手は鉱夫なので今回はガチガチ系同士の対決に。

前半は真っ当に道路を頑張るも快調な相手に対して苦しい展開でしたが、職業の特性を活かした家カードを中心になんとか後半巻き返すことに成功。

今回食料は6つ、道路マックスで、木を生産する特技タイルも活躍してくれました。


アルティプラーノはついつい毎回盛り上がってしまうからか、最近子供がアルパカに嫉妬ぎみなので次あたりは他の作品にしようかな。


ちなみに拡張の旅人も未だに海外からの発送連絡はないですが、発売前から予約してるはずなのでいずれ届くのも楽しみです。








アルティプラーノ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2018-11-15



日本語版を購入してから我が家でも好評で連戦しているアルティプラーノのプレイ記をまとめてみました。
初期職業タイルにより毎ゲーム方向性を変えれるのも楽しくて色々試してます。



IMG_3475

プレイ記その1
日本語版2人戦は4回目(通算9回目)

子供も少し大きくなったことで今年の半ばあたりから家でもボードゲームする大人時間が多少作れるようになってきたので、主に週末や平日夜の食後にまったり遊んでます。

ちなみに意外かもしれないですがボードゲームしたいと言い出すのはいつも相手の方で、じっくりめの作品の方が好きみたい。
中でもアルティプラーノは特にハマったようでこちらも嬉しい限りです。

ゲームの方は初めて農夫を使用。
食料をアルパカにできるので、最近あまり手を出してなかったアルパカを絡めたプレイを存分に楽しみたい。

前半は道路やボートもしつつ農場と森系の特技タイルを買ってなるべく地形合わせに励んでみる。



FullSizeRender

相手は石工ながら鉱石や銀を絡めて得意の金持ち市場プレイを始める。(ガチガチ硬い系資源ばかり)
毎ラウンド、お互い特技タイルを快調に増やしていたので終了トリガーまで早そうな展開。

こちらはアルパカに毛糸や織物といった、相手とは対照的なふわふわ系を集めて後半へ。
倉庫保管に家や注文カードなど得点化していくタイミングを遅れないようにするのもポイントです。

結果はふわふわ系の勝利。
食料8と自分にしては多めに回しつつ、得点的には112点ともう少し伸ばせればというところ。
それでも農夫は序盤からチップを増やせてプレイしやすい印象でした。



IMG_3481

プレイ記その2
通算10回目。
個人的にはあまり好みでない役割ながら、初手でカカオ生産系タイルを買える状況を見て木こりを選択。

ゲーム前半はチップが増えずとても苦しい展開の自分をよそに相手は漁師でかなり順調そう。
今回はカカオ(森)交易 vs. 魚(港)交易戦に突入。



IMG_3480

結局カカオはガラスと織物が枯渇してしまうと使い道もなくなるので、いい頃合いで森枯らしを決行。
相手はこれまで特技タイル補充不可の終了トリガーばかりだったので油断してたようす。
得点は苦しかったわりには137点と思ったより良い結果に。

今回は毛糸か織物を絡めた注文カード2枚達成が条件の目標カードなど上手くできたけれど、倉庫のトウモロコシの使い方はいつもヘタなのでなんとかしたい。

ちなみにトウモロコシだけは倉庫にてオールマイティ商品ですが、段の一番最初に配置してしまうとその段を埋めるまでトウモロコシを他には配置できません。
ルールミスしやすい箇所のひとつなので参考までに。


***

そういえば日本語版を購入するまでは他の持ち主さんに遊ばせてもらっていたけど、いくつかルールミス(?)されてたようなので一応こちらも参考までに。

①補充フェイズでチップを引ける枚数
計画マスに以前の未使用チップがあればそれもカウントに入れる。
(カウントに入れないとの説明を受け違和感あったのでよく質問してましたがやはりという感じ)

②準備フェイズで特技タイルが補充できなければトリガーとなりあと1ラウンド。
(すべてのタイルがなくなるまで続けていた)

③ラウンド中に同じアクションを可能なら複数できる。(複数できないのは特技タイル買いと荷車キューブ)

④市場での売却は一度にすべて処理できる。


***



IMG_3485

プレイ記その3
通算11回目にして商人は初使用。
食料を1金に変えれる効果もあり市場プレイをしてみる。
主にお金と魚でどんどん交易していき前半はわりと勢いを感じたものの、商品が枯渇していくゲームなのでせっかく買った特技タイルも後半用なしになってしまったり。


IMG_3486

ゲーム後のタイル効果で商品10枚引きを使うもあまり埋めれず倉庫も中途半端な結果に。
トウモロコシがないことからも分かるように道路をしなかったのも伸び悩んだ要因でした。


結局、辛勝こそしたものの相手の農夫と共にまれに見るロースコア戦になってしまいました。
なんかやるほどにヘタになってるねと笑いながら感想戦をして終了。



思ったより記事が長くなってきたので後編に続きます。







アルティプラーノ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2018-11-15















にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ