カテゴリ: まみむめも


タヒチのモーレア島を舞台にしたとても雰囲気の良いお手軽なお買い物カードゲーム。
アイコンも見やすくクレメンスフランツの味のある南国アートワークも素敵です。


アルティプラーノやオルレアンと同じシュトックハウゼンの新作で、テーマやボックスアートも好みなので即購入しました。



FullSizeRender


8歳から
2〜5人用
30分


さっそく初プレイ。
基本資源は5種類で貝、木、粘土、魚、竹があります。
これらを集めながら生産物カードをお買い物して得点に繋げていく。
道具カードの効果をうまく絡めていくとより効率よく進められそう。



IMG_2201


拡大再生産のお買い物カードゲームなので一言で言えばシュトックハウゼン流の宝石の煌きになるかも。
倉庫の要素などアルティプラーノぽい。

ゲームの方は前半は必要な資源が揃うまではゆったりした展開でなんとなくチケットトゥライドの停滞時を連想させる。



IMG_2203

同じ資源カード6枚あると一番コストの高い道具カードも入手できます。
これでテンポアップできそう。
モーレア島らしくお魚がオールマイティになる網カードも手に入れてどんどんお買い物ができるようになり楽しい。


思った以上に終了トリガーも早く来てお手軽感もあるし、アイコンの見やすさを含めて雰囲気が良いので子供から大人までゲーム会でも幅広く遊んでもらえそうに感じました。



IMG_2204


貝殻ネックレスは集めるほどに高得点になりましたが、倉庫はいくつか作ったものの品物をたくさん入れる間もなくゲームは終了。


どこまで手を広げるかのバランスはやはり一度遊んでみないとわからないところもありますが、個人的にはイスタンブールダイス版も頭をよぎりました。
能力を高めて後半一気にまくるのか一直線に高品質な品物を狙って短期戦でいくのかというジレンマが少し似ているなと。

モーレアはここら辺を状況や展開次第で判断していくのが面白そうに感じました。
そして冒頭から書いてますが箱の明るい色合いや見ていて楽しいデザインなどアートワークがとても良いのでおすすめです。


これからもたくさん遊んでいきたい。






ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



ホールケーキを切り分けて誰が一番食べたのか種類ごとのマジョリティやホイップ数を競う見るからに美味しそうな作品。
残念ながら現在はほとんど流通がないものの2017年にニューヨークスライスピザとしてリメイクもされてます。



IMG_0963


スタートプレイヤーは11ピースのホールケーキを自由に人数分切り分けれますが、選ぶのは一番最後となり残りものになるので悩ましい。

チョコレートにチェリーやアプリコットなどそれぞれ枚数も得点もホイップ数も異なるので他プレイヤーが集めている種類の状況も見ながらゲームを進めていきます。


IMG_1771

4ラウンドしたら各マジョリティごとに決算してゲーム中に食べたホイップ数もカウント。
ほとんど公開情報のゲームなので可愛いデザインながらゆるいほのぼの雰囲気とまではいかないですがアートワークはとてもいいです。


ルールが足されてさらにゲーム性が増したニューヨークスライスピザもよかったけれど、やはりケーキの切り分けというドンピシャなテーマとデザイン性でこちらの方が好みという意見もあり。

個人的にも雰囲気よくさらっとお手軽に遊べるもっとホイップをは再販してくれたら嬉しいおすすめ好作品だと思います。









ニューヨーク・スライス 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2017-11-24






ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

3

2017年エッセンにて発売されたお手軽なカードゲーム。
お手軽とはいえトランプの神経衰弱のような記憶系なので特に大人がちゃんと遊ぶとなかなか頭が疲れます。


IMG_1261

火山島からお宝をたくさん集めて脱出できたら勝ちです。
手番が来たら前の人がめくったカードと同じ動物か同じ色の背景のカードをめくれればセーフ。
外れたらそのラウンドは脱落で最後まで残った1人だけが宝石カードを貰えます。


IMG_1391

特徴としてはカードの配置はそのままで数ラウンド遊ぶので増えていく記憶を探っているうちにどんどんわからなくなっていきます。
メモリー系は少し慣れれば子供たちの方がすぐ強くなるのでファミリーでも大人が手加減なしで楽しみやすいと思います。


同じような神経衰弱系ですとにわとりのしっぽもおすすめです。
記憶系は色々ありますがドライマギア社の魔法のラビリンスなどもアートワークも含めて個人的に気に入ってます。



ではまた




メモアァール! 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-04-30












にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

4


2015年エッセンにてオリジナルからリニューアルされて発売。その後2016年フランス年間ゲーム賞など数多くの国際的な賞を獲得している協力型ミステリー作品。アートワークの綺麗さや妖しく魅力的な世界観から当時すぐに購入しました。


各国のバージョンによってアートワークやルールにも多少異なる点があるようです。



IMG_1375


ミステリウムはウクライナのデザイナー2人による共同作品。アートワークも素晴らしく人気定番ゲームのディクシットなども担当しているザビエルコレットによるイラストを中心に豪華なコンポーネントも作品に華を添えています。



IMG_1569



舞台は1920年代ハロウィンの日。世界中から集められた霊能者たちと謎の最後を遂げた幽霊で協力しつつ真犯人の特定を目指します。


それぞれがまず異なる方向から容疑者を特定して犯人を絞り込んでいく。幽霊役のプレイヤーは直感的な幻視カードによるヒントから他プレイヤーたちを導いていきます。



ディクシットの要素にミステリーストーリーが上手く融合していて世界的に人気なのも頷けます。



IMG_1604


以前ハロウィンボードゲーム会を開催したのでこの時がミステリウム初お目見え。コミュニケーション系で盛り上がれそうなメンバーが揃っている時はその後もたくさん遊んでます。




IMG_2570


一時期モデルハウスで宿泊ボードゲーム会を半年ほど毎月開催してましたがミステリウムは毎回ギリギリのところで成功という理想的な展開ばかり続いていたので印象深。ちなみにメンバーなどにより難易度も3段階から選べます。



IMG_0868


拡張も2つ発売されていて隠された兆しには凶器にミープルがあるのが面白かった。秘密と嘘の方は凶器カードの代わりに動機カードを投入するようで機会あればプレイしてみたいです。




先日のオープン会でも霊能者として久しぶりに参加しました。



IMG_1844


幽霊役の方の想像力豊かな感性に導かれつつわいわいと推理を繰り広げとても楽しかったです。
結果は最後の真犯人の投票が同数になり洞察力の高い人の方が選ばれ惜しくもあと一歩だったのでまたチャレンジしたいです。


ミステリウムは中量級のボードゲームの中では個人的にとても気に入っているおすすめ作品です。




ではまた



ミステリウム 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-10-01




ミステリウム:隠された兆し 多言語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2016-05-29




ミステリウム:秘密と嘘 多言語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2017-10-01




ディクシット 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2011-08-26





4


2015年に発売されたプフィスターによるアフリカ大陸が舞台の要素てんこ盛り作品。2011年ヒッポダイスデザイナーコンテストで1位を獲得したアフリカ1830がベースになっているそうでしっかりした面白さがあります。普段プフィスターは経済系の仕事をしているらしくその得意分野がモンバサに発揮されているのも特徴。ちなみに経済といえば海洋系テーマの多いマックゲルツも頭に浮かびます。



受賞歴の多いプフィスターですがモンバサも2016年ドイツゲーム大賞を始めポルトガル年間ゲーム賞など数多くの名誉ある賞を獲得。プレイ時間はやや長めで何度もリプレイしたくなる魅力があります。



FullSizeRender

箱絵のイラストはイスタンブールなど手がけているアンドレアスレシュでダイヤモンドに帳簿、帽子は探検を表していてゲームの得点要素が描かれてます。


設定はそれぞれ投資家となりアフリカ大陸の東西南北にある会社株式に投資しつつ、大陸にお目当ての会社の交易所を広げていき資産を増やすのが目的。



IMG_0707


大陸南には赤い交易所コマのあるケープタウン、東にモンバサ、西がサン=ルイ、北にオレンジ色のカイロ。その下側にそれぞれの会社トラックがありここが毎回ランダムに変化できる両面仕様になってます。


交易商品は3種類
バナナ
コーヒー
綿花



IMG_0135


モンバサは2015年発売すぐに日本語版も出たので購入して自宅会やオープン会などこれまで7,8回ほど遊べてます。


初回プレイで感じたのはとにかく色々な要素が詰め込まれていてアクションに使用する手札を増やしながらやりくりするのはロココの仕立屋を少し連想させ、帳簿達成はマルコポーロの旅路も思い浮かべつつカードアクション以外にもワーカープレイスメント要素もあり最終ラウンド辺りではボード上の陣取りが白熱していく。


これだけてんこ盛りながらゲーム自体は遊びやすくシンプルにまとめられているのは後のグレートウエスタントレイルでも共通してますがすごいと思いました。



fullsizeoutput_323


個人ボードにはダイヤモンドと帳簿トラックがあり帳簿の方はインクのコマで進めるのも洒落てます。ただ上の写真は帳簿を完全に捨てて思いっきりダイヤモンドプレイしてる時です。個人的にはダイヤモンド鉱山にロマンを感じてこちらを特化することが今まで多かった。



IMG_1519


しかしミニ拡張を投入すると帳簿が強くなっていてこれまで手付かずでも勝利できることがあったのでバランスを調整してる気がします。この時はケープタウンの価値を上げまくり会社トラックもマックスにしたけれど帳簿特化の方にはかないませんでした。


最後に資産として勝利点になるのは
お金
株式
ダイヤモンド
交易帳簿


この4つで見通しもよくわかりやすいです。メインとなるのはやはり4つの会社への投資で価値がゲーム中に変動するので特に最終ラウンドは毎回とても熱い展開になります。


モンバサは最近遊べていないですが今度は帳簿にも力を入れつつまだまだリプレイしていきたい満足度の高いじっくり作品です。



ではまた



モンバサ 日本語版
アークライト(Arclight)
2016-09-03









にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ