カテゴリ: まみむめも


日本庭園を作るタイル配置ゲーム「雅」を遊んだのでまとめてみました。



FullSizeRender


今作は赤いロゴの大人HABAシリーズで、デザイナーは「アズール」や「ヘヴン&エール」のキースリング。

庭園を作るというテーマからは「枯山水」や「イシュタル」なんかも連想しますが、実際「雅」に5つ同封されているミニ拡張の一つに枯山水という要素もあり。(ちなみにイシュタルの舞台はバビロン)


そういえば今年は他にも和の雰囲気のある「四国」「SAKURA」なんかも遊んでます。



IMG_4940


1回目は3人戦。
基本のみ

ルールを聞いてゲームスタート。
1ラウンドに6手番して(3人時は)全5ラウンド。

手番では場からタイルを1枚選んで自分の庭園に配置する流れ。
配置ルールを守りつつ横列6種のマーク数が最後マジョリティ点になる。
さらに「ナンバーナイン 」のようにタイルを重ねていくほど即時で入る配置点が高い。(最高5段まで)


プレイ感もわりと「ナンバーナイン」に近いものがあり、そこに「クマ牧場」みたいにどのタイルを取るかの悩ましさも加わってる感じかな。



IMG_4941


結果は1点届かず2位だったけれど、3人の中で唯一5段が達成できて満足でした。

マジョリティ点があるので周りの人の状況を見つつ、わいわい気軽に遊べてよかった。


同じ大人シリーズの「マウンテン」も以前程よく楽しめたし、自分的にじっくりゲームの合間にするHABA作品はほっこりできてなかなか好感触。



IMG_4947



この日、時間が余ったのでもう一戦。
ミニ拡張4つ入れて今度は4人で。

得点要素が増えたのでそれに合わせて頑張りましたがまたしても2位でした。
カエルを全然使いこなせなかったな。


「雅」は雰囲気もよく遊びやすかったので、タイル配置やパズル系が好みの人におすすめです。
(子供とも一緒に楽しめそう)












カリブ海周辺を航海探検する「マラカイボ」の2回目を遊んだのでまとめてみました。


プレイ時間が結構かかる作品ということもあり、この日は手番をわりと早めにこなせる3人で遊ぶことに。



IMG_4923



3人戦
難易度普通 (ストーリーなし)


探検をある程度進めると航海できるようになる町タイルが盤面右下に置かれたり、前回の簡単モードから新たに追加されたところもちらほら。

まずは序盤戦。
自分は助手コマたちを配置しつつ探検トラックを積極的に進めてみる。

その後はストーリーもないし初回と同じような展開になりそうだったので、あえて戦闘重視せずにゲーム中に入る得点を貪欲に伸ばす方向へ。
王道路線でなくてもどこまでやれるか試してみたい気持ちもあり。



FullSizeRender



しかしながら思惑通り探検トラックを一番伸ばしたり得点収入マスを上げきったり頑張ったものの、ゲーム後の最終決算で持ち主さんに追い抜かれてしまいました。

というわけで結果は243点で2位。
トップの人は戦闘とクエストに力を入れ、メインのヨーロッパ3国トラックをしっかり上げまくりそこだけで70点くらい獲得して286点。


得点自体は前回より伸びましたが、毎ラウンドのトリガー次第なのでそこは一概に比べられないゲームとなってます。(今回はわりと皆牛歩ぎみだったし)


一応自分の感触としてはゲーム中の得点はどんどん入り順調だったけれど、思った以上にトップの持ち主さんも得点を取り続けていて引き離せなかったな。
決算までに50点差くらいつける目論見でしたがさすがその辺りも抜け目なく上手かった。


「マラカイボ」の感想としては初回と変わらずやはり面白かったです。

欲を言えばこれを2時間級くらいで遊べる作品に収めてくれていたら言うことなしかな。(ちなみにグレートウエスタントレイルも)


また機会あれば遊びたい










初プレイから短いスパンで「マルコポーロ2」の3回目を遊べたのでまとめてみました。



IMG_4919


4人戦
(2人は初プレイ)

能力者は前回他の人が使っているのを見て「面白そうだな」と感じていた翡翠特化キャラを選択。
なるべくその能力に合わせて進行してみました。


旅ルートはせっかくなので1,2回目と違ったコースを試してみるものの、これまでで一番都市数を巡れず5種止まりという結果に。(プラス値入れても9種と少なめ)


ただ翡翠プレイは思った通り楽しく、そのおかげか旅をやりきった初回より得点が伸びてくれたのは少々意外でした。



IMG_4921



というわけで127点取れて1位。
短期間で3回目ということもあり、それほど悩まずに手番はほぼノータイムでこなせたのもよかった。


ただプレイ時間は驚くことに4時間ほどかかっていて正直さすがに待ち疲れて終わった後はぐったりでした


毎手番ここまで長考する人に出会ったのは初めてかも。












シルクロードを旅する「マルコポーロ2」の2回目を遊んだのでまとめてみました。
初プレイから1週間ほどですぐリプレイできて嬉しい。



IMG_4880


今回はメンバーも全員変わってます。
自分が唯一の経験者ということで持ち主さんから頼まれていたルール説明を皆にしてスタート。


手番決めジャンケンで勝ってしまったので能力者は最後に残っていた2枚から「旅アクションの制約はあるけれど旅コストのラクダとお金を無視できる」というキャラを選択。

前作「マルコポーロの旅路」もそうでしたが、毎ゲームごと盤面の都市カードなどランダム配置になるのも展開が変わっていい感じ。



IMG_4883


今回はわりとテンポよくサクサク進行してくれ、プレイ時間はそれなりにかかるものの体感的にはあっという間にゲーム終了。

一応結果は経験者の自分が100点で1位。
内容は商館9に紋章都市も6種だったので前回よりはよくないけれど、初プレイの皆がスムーズに遊べるよう意識を回していたので十分満足です。

そして初プレイだった3人は50〜60点くらいとやや伸び悩んだものの、ゲーム後は皆で「面白かった」「またやりたい」と言っていてとても好感触。

普段そこまでボードゲームをしていない人の心もグッと掴めるポテンシャルの高さは、さすがマルコポーロだなと改めて思いました。
なんにせよ気に入ってもらえてよかった。

個人的にも2回目の感想はやはり「面白かった」ので、また他の能力者も試してみたいな。











4

「マルコポーロの旅路」の続編となるマルコポーロ2を初プレイさせてもらったのでまとめてみました。


前作「マルコポーロの旅路」はリアルタイムでその面白さにハマり、一時期はヘヴィーローテーションして20回以上は遊んでるはず。

最近はめっきりプレイすることはなくなったものの、その続編ということでどんな感じに仕上がっているか楽しみ。



FullSizeRender


今作は「能力者がマイルドになった」「旅によりスポットを当てている」くらいのことは耳に入ってましたが、いつも通りフラットな気持ちで初プレイを楽しんでみようと思います。


IMG_4875


4人戦

まずは3回ほど遊んでいるという持ち主さんにルール説明をしてもらい手番順決めの後、前作と同じく後手番から能力者選びへ。(ベースは前作と同じ)

この時持ち主さんが各能力者の説明の他に、親切心から強さのランク付けまで教えてくれる。

まあ正直いうと自分的には遊ぶ前から変な先入観は持ちたくないし、失敗したとしても遊びながら自分なりに色々感じていく方がゲームは面白いと思う。

なので自分がルール説明する立場の時は聞かれない限り強さの説明とかはやらないかな。(ゲーム中の具体的なアドバイスも)


結局最初に能力者を選べる人はやはり持ち主さん一押しのキャラを選択。自分は他人のランク付けは気にしないので使ってみたいと感じたキャラで。

もちろん持ち主さんも唯一の経験者という立場から皆に楽しんでもらおうとランクを教えてくれたとは思いますが、個人的にはそれぞれその時ピンと来たものを自身で選ぶ方がいい結果や楽しめることに繋がる気もします。

(ちなみに今回はたまたまですがランク付けされた1,2位のキャラがゲーム後の結果3,4位でした)




IMG_4876



ゲームの方はしっかり面白さは健在で一安心。
正直続編はあまり期待してなかったし周りでもそこまでいい評価ではなかったけれど、自分的には「思ってた以上によくできていて面白かった」というのが率直な感想です。

旅メインで都市の紋章集めというのも焦点が定まり遊びやすいし、商館と契約タイルの関係性もより良くなったりとバランス調整されつつ新要素も加わり2としての進化もしている感じ。(新たな資源の翡翠もいい)


とりあえず色々な能力者を試しながらリピートしてみたいと思わせてくれるだけの楽しさは十分感じれてよかった。



FullSizeRender


結果は120点で持ち主さんに1点届かず2位。
内容としては「振ったダイス目により資源を貰える」能力者を使用しつつ、商館12を建てきり紋章都市9種も全て巡ることに成功。(個人目標も達成)

最終ラウンドにはラクダ20個にお金も35金くらいあったので、ダイス目を操りつつ一気に5歩移動を決めれたのも気持ちよかった。

そういえば最後は全員ラクダを使ってダイス振り直しチャレンジをしていたり、途中ラクダコマが足りなくなる事態も起きたりしてました。


「マルコポーロ2」の少し気になったポイントとしては初見から商館や紋章をやりきれてしまったところ。
得点的には契約とかまだ伸びしろはあるものの、もう少し苦しいバランスの方がいいような気も。(「ニュートン」もそこが気になった)


とはいえまだ1度きりのプレイなのでこれから色々試しながら楽しんでいけたらと思います。











↑このページのトップヘ