カテゴリ: あいうえお


イムホテップの拡張にはセットアップを自由に組み替えれる両面仕様の現場ボードがあるので、前回のC面に続きもう片方のD面でもさっそく遊んでみました。

ちなみに基本版のA,B面と合わせることも可能になっています。



IMG_3173


ピラミッドなどに使う石材は採石場から自分のそりに持ってきて、船で各現場へ運ばれて行きます。
新たな王朝ではそりも市場カードにより拡張できて石材を最大9個まで持てるように。
2人プレイでは石材が足りなくなることもあるので、1人2色を担当できるのも拡張の変更点です。



IMG_3174


D面の現場ボード。

①墓  
毎ラウンドごとランダムに4枚の数字タイルをボード上に準備。
到着順に数字を選び対応するマスに石を配置してゲーム終了後に隣接するほど高得点。

ビンゴと陣取りが合わさったような感じで遊び心もありなかなか楽しかったけれど、積み上げていけるC面の埋葬場の方がどちらかといえば好みでした。


②ピラミッド回廊
主役のイムホテップコマが登場。
コマから時計回りで石を置いていき1〜4点の得点を獲得していける。
石をストックから取るアクションをしたプレイヤーはイムホテップを移動させることも可能。

こちらもただ石を取るだけのアクションに一味加わり悪くないものの、やはり見た目に楽しいC面の足場の方がよかったかな。


③オベリスク路地
完成条件の異なる5カ所から好きな場所を選んで石を積み上げていく。
高いところほど得点は高いが未完成で終わると一石一点のみ。
完成したら他の空いている場所にまた建設できる。

高さに応じて伸びてるオベリスクの影がなんともいい味を出していて好き。
とはいえここもC面のグレートオベリスクにやや軍配が上がるかな。

ここまでわりとC面推しですが気分に合わせて遊べるので両面仕様は嬉しいです。



IMG_3171


④ブラックマーケット
4カ所のうち2カ所は裏向きで3枚。
そこでは1枚選んで2枚はまた戻す。
ラウンドごとに3枚になるよう補充する。

ボードに色味が出てアートワークがいい感じ。
ただC面の豪華な市場が個人的に好感触だったので積極的に使うならあちらになりそう。

全体的にD面だと基本版とそこまでゲーム感が変わらない印象。
だからといってつまらないわけでは全然なくて、お互いを常に牽制し合いながらヒリヒリする悩ましい展開を楽しめました。


⑤寺院 アリーナ
左上から順に石を置いていきマスにある矢印の数分チャリオットを進める。
他プレイヤーのコマは飛び越せるので抜きつ抜かれつになりやすい。
ラウンドごとに順位に応じて勝利点。
ゲーム終了後にはマスにある得点を獲得。

ここは楽しさからいってD面の方が好み。
ただC面のラーの寺院も市場カード獲得があるのでゲームに動きが出やすく捨てがたい。

個人的感想ですがイムホテップでよく言われる地味さが気になる方にはまずC面の方をおすすめしたいです。



IMG_3170


結果はまた埋葬室の隣接系で程よく得点を稼ぎあとは市場カードも加えて60点ほど。
ちなみに神の予言の1つはものの見事に防がれてしまいました。


まだ一回づつのプレイのみですが前回は100点以上ともっと得点が伸びたので、豪華な市場やラーの寺院があると市場カード獲得機会が増えて展開が派手めになりやすいと思います。



おまけ

IMG_3172


帆船など新たな効果のカード。
帆船は2つの石をストックに戻すと石1つを好きな現場にいきなり置けます。
計画を崩される青カード系も相手が持っている時は油断できません。


今回自分がスカラベを置いたエジプト神は拡張パッケージにもいるラーとホルスでした。







イムホテップ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2017-03-25









2016年に発売された人気作イムホテップの拡張版が届いたのでさっそく初プレイしてみました。

ちなみにイムホテップは個人的に初めて遊んだハーディング作品で、小一時間ほどで程よい満足感も得られる中量級という印象。
テーマも面白く好作品だと思いますがそこまでリピート欲は湧かなかったのが正直なところ。


とはいえゲームに立体感が増して見た目にも面白そうな拡張は魅力に感じたので購入決定。
パッケージも雰囲気があっていいです。



IMG_3157


10歳から
2〜4人用
50分(基本より少し長め)

古代エジプトの建築家となり石材を船で運搬しながら各現場での貢献度を競います。
現場にはピラミッドやオベリスクなど4つの建設ボードの他に市場もあり、そこでは以下の4種類のカードを獲得できる。

赤カード  即時効果
緑カード  各現場に対応したゲーム終了後の得点
紫カード  石像を集めるほど高得点
青カード  手番として使用する特殊効果


そしてこの市場カード点、各現場点の他に拡張では神の予言カードという新要素からも得点を取れるようになってました。


IMG_3158


拡張の新たな要素はざっとこちら。

①新たな5枚の現場ボードC面、D面。(どのボードも基本より大きい仕様)

②神の予言カード。(入れるのは自由)
7枚のうち3枚をランダムで使用。
目標を達成できると思ったらスカラベを置く。
早いラウンドで置くほど高得点だが、未達成だと神の怒りに触れマイナス点になる。

③市場カード14枚追加で銅像以外は新たな効果。

④C面、D面の建設現場で使うチャリオットコマやオベリスクカードなど。


ゲームに慣れたらバリアントとして未使用の市場カードを非公開でプレイするとより悩ましいとのこと。


IMG_3146


今回は全てC面を使用。

豪華な市場
コインを払えば隣接するカードを追加で獲得できるのでカード獲得枚数が増えて展開もより派手に。

ピラミッド足場
即時効果のある足場タイルをランダムに4枚使用して石を積み上げていくので立体感がアップ。

ラーの寺院
基本と似てるけれど石を置けるマスを減らしてよりシンプルにしたことで特典を貰えるプレイヤーの入れ替わりが頻発していい。

埋葬場
ピラミッド型に自分の石を隣接させながら積み上げると段数×隣接数で得点できる。
ここもプレイヤー間の絡みが多くペンギンパーティしてるみたいで楽しい。

グレートオベリスク
自分のオベリスクカードに獲得したパズル型トークンをテトリスみたいに当てはめていく。
1列2点で最も完成した列の多いプレイヤーにボーナス点もあり。
ここもミニゲーム感覚で他プレイヤーと競い合うのがなかなか熱いです。



IMG_3147

ゲームの方はオベリスクの完成度は負けたものの埋葬場32点をメインに銅像5枚や緑カード点、さらには神の予言も無事達成できたおかげで100点越え。
拡張入りでは基本の時より得点も伸びて気持ちいい。


C面初プレイでの感想を3つほど。
より立体的になり視覚的にも楽しい。
各現場でのミニゲーム感もアップ。
得点要素や市場カード獲得機会が増えて地味さも軽減。

なかなか好拡張だと思うので日本語版の発売もあればいいなと思います。

D面も楽しみ。






イムホテップ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2017-03-25












にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


先日の日曜ゲーム会では最後に5人プレイできるじっくり系が候補に上がり、参加者持ち込みのアメリカンレイルズを初プレイさせてもらいました。



FullSizeRender

相変わらずおしゃれなパッケージが目を惹くクインドゲームズ版の作品はこれまでもいくつかプレイしてます。

バヌアツ
アーグラ
黄金時代
ショコラトル

派手さはないもののどれも渋い面白さがあるイメージが個人的にあるけれど、アメリカンレイルズも見るからにそんな雰囲気。



IMG_3064

持ち主さん以外は皆初めてだったのでルールを聞いてからスタート。
株テーマはあまりそそられないせいか正直スタート時はほぼ理解できてなかったけれどなんとかなるだろうというノリで挑んでみる。


アメリカンレイルズは投資家となり6社の鉄道会社株を競りで獲得していき、たくさん資産を増やした人の勝ち。

お金がプレイヤー、銀行、鉄道会社と3カ所に渡るので遊んでみるまで流れが少しややこしく感じました。
ただ進行はシンプルなワーカープレイスメントなので始まってみればテンポもいい。


ゲームの方はまずそれぞれの鉄道株を1枚づつ競りしていき獲得できればそれが初期所有株になりますが持ち主さん以外はまったく相場観がわからず。
一応一枚は確保しておきました。



IMG_3065

ルールはそれほど複雑でなかったので皆の手番を見てるうちにゲームもわかってきて5人の競りも賑やかで楽しい。


とりあえず序盤に価値の低かったグレーを独占しつつ中盤から線路を伸ばしたりしてグレー株をグングン高めることに成功。

そうすると後半は他プレイヤーも高額を出してでも競り勝ちグレー株に相乗りしてきます。
ただその株を買ったお金は鉄道会社に入るのでこちらも資金が増えて嬉しい面もあり。

こんな感じでお金の流れが鉄道会社を挟むことによって独特なゲーム感を生んでいるのもポイントです。


そして同じ鉄道株を所有している者同士の協力しつつもどこで出し抜くかの探り合いや他プレイヤーの懐具合を見て競りを仕掛けたりと絡みが多くわいわい盛り上がれます。




IMG_3066

結果は後半の収入を一番高めたおかげであとほんの僅かでトップというところでしたが、お隣の初プレイヤーの方がお金の管理が上手く見事勝利。


価値は低めながらも長いこと1つの鉄道を独占しつつ共同株は他プレイヤーの恩恵を受けていたのと、なにより競り時のお金を節約しだすタイミングや判断がよかったように見えました。


アメリカンレイルズは思っていたより面白かったし、久しぶりのメンバーとも遊べて楽しい一日でした。



また遊びましょう。



















先日のゲーム会ではアグリコラのリバイズドエディションで遊ばせてもらいました。
カード内容やボードなどに新たな調整が加えられている改訂新装版だそうです。

個人的にリバイズド版はたしか2回目で、アグリコラ自体とても久しぶりなので楽しみにしつつスタート。



IMG_2975

すでに深夜だったのもあり職業&進歩カードはドラフトもせず配られたままスタート。
おそらく深夜でなくてもこのメンバーは自分も含めてテキストを読むのが面倒な人たちなのでドラフトはなしだったと思うけど。

この辺りは好みの問題でどちらがいいとかでなく、単純に同じ感覚の人たちと遊ぶのは楽でいいです。



IMG_2976


基本版もそれほどやり込んでいるわけではないので、どれくらいカード効果が調整されているか分からないけれど良さげなのを序盤からどんどん出してみる。

おかげで効率よく畑や麦を入手。
出したカードが役に立つと嬉しい。

家族を順調に増やしてもカマドがあるのでちゃんとご飯の心配もなくほのぼの暮らせてます。
最近2回ほどファミリー版で遊んだので、アグリコラで生活する術をわりとつかめてるのかも。



IMG_2977

石の家に家族5人、牧場には羊、畑には野菜と小麦もできて自分にしてはバランスよく農場を作れました。
猪や牛がいないので牧場は少し寂しいですが、かぼちゃの形をした野菜コマが可愛いです。

リバイズド版ではコンポーネントもしっかりアップグレードされてるのもポイント。


結果は46点で点数的にはいいのか分からないけれどなんとか僅差で1着。
ラウンドでめくられるカードに何があるかくらい把握してればもう少しいい農場も作れた気がしますが、ゆるい雰囲気の中でサクサク遊べて楽しかったです。


やや長丁場なゲームなのでメンバー次第なところもありますがまた遊びたい。





















ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


ウヴェローゼンベルクのアグリコラは自分の農場を作る箱庭感やワーカープレイスメントの楽しさが詰まっている人気作品ですが、今回はそのファミリー版を久しぶりに遊びました。



FullSizeRender

8歳から
1〜4人用
45分


通常版の方はボードゲーム遊び始めの頃に何回かやっていましたがここ数年はごくたまに程度。
たくさんのテキスト付きカードを読むのが面倒に感じてやや敬遠しがちでしたがファミリー版にはそれがないのもポイントです。



IMG_2937

スタートはちょこんと二人のみでかわいい。
コマがアップグレードされているのもより雰囲気が出ていい感じ。

ここから部屋を増築や改築しながら家族を増やしたり、耕作のための畑や動物たちの牧場も用意して豊かな農場を目指します。

アグリコラは勝敗とはまた別に自分だけの農場をほのぼのと作れる楽しさがあり、夫婦などでまったり遊ぶゲームとしても個人的にはおすすめです。

最初はこのファミリー版や2人用バージョンもあるのでそちらから始めると遊びやすいと思います。



IMG_2940


ファミリー版の主な特徴。
カード類はなく大進歩系はタイルに。
石と野菜はなし。
柵がなく牧場タイルがある。
家族や資材コマがアップグレード。
得点計算もシンプルに。

アグリコラは序盤のミスなどがなかなか取り戻せないゲームでもあるので、プレイ時間が短縮されているのも初心者に優しい。



IMG_2949


今回の我がほのぼの農場が完成。
働き手になる家族も増えてレンガの家に住めました。
小麦畑もあり動物も3種飼育できて自分にしてはなかなかバランスの良い農場を作れて満足です。

やはりこの自分だけの箱庭感がいい感じ。


アグリコラ ファミリーバージョンは木コマがどれも可愛くて、1時間ほどで農場経営の大変さも味わえる楽しい作品だと思います。


久しぶりに本家の方も遊びたくなりました。























ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ