カテゴリ: あいうえお


先日は火星開拓がテーマの「オンマーズ」で遊ばせてもらったのでまとめてみました。

最近のお気に入りデザイナーのラセルダ新作ということで、どんなゲームに仕上がっているか楽しみです。



FullSizeRender



初めて見る実物「オンマーズ」
相変わらずアートワークやコンポーネントが素敵で、さらに収納の機能性までも含めた美しさもありテンションが上がる。

自分もボードゲームを楽しむためにアートワークは重要視しているので、このデザイナーの制作スタイルとは相性がとても良く感じます。

その他、魅力的なテーマ世界観がしっかりありつつ言語依存はないところなども好みかな。



IMG_4621


まずはルール説明を聞くこと1時間。
スムーズで丁寧な説明をして貰えて持ち主さんには感謝しかないですが、30分を超えたあたりから集中力もなくなり少々疲れてくる。
ルール量など特に多いことは聞いていたので覚悟はしてましたが。

ジャンケンで順番決めをすると自分が一番となり、1〜8までの手番順マスのどれかを選択できるとのこと。

1〜4が軌道ステーションでのアクションができるエリアで、こちらでは資源やテクノロジーに計画書獲得など主に準備的な要素がメイン。

5〜8がコロニーエリアで建物を建てたりローバーを移動させたりと、火星での開拓を進めるアクションがメインとなってます。


普通に考えて最初は軌道ステーションの方で上級建物用の計画書やテクノロジータイルなどを取りつつ準備が先かとも思いましたが、
手番順マスにあるボーナス効果も判断材料にあり思い切って自分はコロニーエリアからのスタートを選択。



IMG_4622



初見なので先のことはほとんど何もわからなかったけれど、とりあえずワーカーを増やしていけたらいいなという漠然とした思いで進めてみる。(結果的に全然増やせなかったけれど)


そしてシェルターや建物を建てたり移民船を1つ解放したり、序盤から1人だけずっとコロニーエリアに入り浸る。
他プレイヤーはシャトルで両エリアを行き来していて、案の定すぐに計画書は全て取られてしまう。(それを見越して1枚だけはボーナス効果で確保しておきました)


サブアクション効果も持つ計画書はこのゲームのポイントの一つになっていると思いますが、火星開拓が進んでコロニーレベルが上がるまでは新たな計画書はオープンされず。

それでも状況ごとにやれることを探りながら、なんとか自分なりに最善を尽くしてみました。



FullSizeRender



そして3時間ほどでゲーム終了。
オンマーズは「テラフォーミングマーズ」のように全体で3つの課題を達成したら終了トリガーとなりますが、そのミッション条件をゲーム毎にランダムで変えれる仕様になっていてショートゲームになるよう調整も出来ます。

結果は今回ショートゲームだったおかげもあり、経験者の持ち主さんがまさにこれから大量得点化していく直前にトリガーを引くことに成功。97点で嬉しい初見勝利。


2位の持ち主さんは計画書一気に5枚取りして一気に上級建物5軒建てしつつ、強力なサブアクション効果を解放したところだったのでもう少し長引けば危なかった。


自分の内容としては計画書とテクノロジーが誰よりも少なくそれぞれ3枚獲得したのみ。
そして何よりワーカーが全然増やせなかった辺りはやり繰りがなかなか大変でした。
ただ科学者2人と契約カード2枚を含め全体的に獲得カードの内容や方向性が上手く噛み合ってくれて効率よくいい得点に繋げられた感じ。
あとは意図していたわけではないけれど、結局軌道ステーションエリアには2回くらいしか行かずでした。


一通りゲームを経験してみてある程度わかってから振り返ると自分は全然王道的なやり方ではなかったと思いますが、終了トリガーのあるゲームならではの駆け引きや勝ち筋が生まれるところも楽しめてよかったです。


オンマーズの感想は同じラセルダ作品の「CO2」にだいぶ似ている部分を感じました。
例えば科学者コマを他プレイヤーの所有するカード上にも移動して使用することができたり、他プレイヤーの建てた建物にも自分の上級建物を建設できたりなどなど。

これまで自分は「エスケーププラン」「CO2」「ギャラリスト」もプレイしましたが、基本的にラセルダ作品ではプレイヤー間の協力要素を全体のテーマに合わせてどこかに盛り込んであるのも特徴の一つのようです。

なので運要素は少なめな分、プレイヤー間での相互関係によってゲームの展開や結果が左右されやすいように振り幅を出している印象もあり。(プレイ人数にもよる)



今回は細かいルールに加え少しトゥーマッチにも思える処理の多さも感じましたが、2,3回プレイ済みの経験者の人がいてくれたおかげでとても助かりました。


処理的にはサブアクションも種類が豊富な上さらにボーナス効果が連鎖していると、元々メインは何やっていたのか忘れてしまいそうになることもあるくらい。

それでいて他プレイヤーのテクノロジーも使用できるため、皆の研究動向にも気を配る必要があったりとなかなか戦略も多岐にわたり複雑な設計。
初見の感触ではそこら辺がもう少しスッキリしていると嬉しい気もする反面、遊びごたえがありリプレイ性も十分感じました。


まだまだ触れたい要素も多く懐の大きそうなオンマーズなので、また遊べる機会があれば色々試しながらプレイ記でも紹介していけたらと思います。









中世フランスの都市が舞台の「オルレアン」を久しぶりに遊んだのでまとめてみました。



IMG_4539



この日はあと2時間ほどで遊びたい状況だったので、メンバーみんなが知っていてじっくり系の中ではややプレイ感の軽いオルレアンに決定。

久しぶり過ぎて何からやろうか迷いましたが、水先案内人や農業、騎士辺りからスタートしてみる。

他2人は序盤からぐいぐい大学で基礎点を上げて人物タイルを取りつつ、その流れで修道士も集めにかかる。
そこから片方の人は技術タイルへ行き「水先案内人をオールマイティにする」レベル1と「歯車を増やす」レベル2を早々に獲得とやり慣れてる感じ。

いつものことながら前半は「歯車」と「修道士」が人気ですぐになくなっていく中、自分も修道士はなんとか2枚確保して歯車も置いていってみる。
あとは他2人が大学や技術をやっている間にこちらは農業を進めつつマップの建築の方へ一番乗り。
出遅れた技術タイルは今回取らない方向で。


慈善事業も含め人物タイルはどんどん取られて基礎点も差をつけられてしまいましたが、最多建築や商品タイルとお金を頑張り終わってみれば164点で意外にも完勝。

後半にペストイベントで枯渇していて欲しかったタイルが突然予期せず帰ってくると嬉しい。


基本のみだと結構大味なゲームだと思うのでその辺りにも素直に合わせた作戦が功を奏してよかった。


オルレアンはタイル引きという適度な運要素と同時進行で行える計画など、がっちり過ぎない遊びやすさも魅力で楽しめました。









森の動物たちの街づくりをテーマした「エバーデール」日本語版を遊ばせてもらったのでまとめてみました。

以前から見た目の可愛さやインパクトある立体コンポーネント、何より動物たちのほのぼの世界観の中量級ということで気になっていた作品。


IMG_4533



カードや資源置き場になるこの大樹付きボードがとてもいい雰囲気を作ってます。

ルール説明を聞いた感じでは「ウイングスパン」のように巡り合った森カードの世界観を楽しみながら上手く得点に繋げていくイメージが頭に浮かぶ。(そこにワーカープレイスメント要素もミックスされてる)

プレイ後の結論から言うと実際そんな感じで、テキスト系はあまり好みでない自分ですが面白いゲームだと初見では思いました。


IMG_4534



初プレイ記
3人戦。
(自分は白うさぎを担当)


まずは手札が5枚配られ、森ボードにも8枚カードがオープンされる。
コストを払えばどちらからも自分の場にプレイできるので、初プレイだといきなり13枚のテキスト付きカードをざっと確認する必要がある。
「アグリコラ」もそうだったけど自分はこれが苦手で正直いうと面倒に感じてしまう。

ただほとんどのカードが重複しているし内容的にも1度遊べばだいたい把握できて、2回目からはスムーズに楽しめそう。

流れとしては普通に1手番して次の人へとグルグルしていくだけなのに、冬→春→夏→秋と巡る季節はプレイヤーによってゲーム中に変わってくるのが新鮮なプレイ感。
(自分はまだ春なのに誰かはもう夏にいるといった感じ)


得点源としては自分の場に出せたカード点や共通目的であるイベントカード。(基本と特殊の2種類)
その他カード効果から入る点など色々。

人数によって変わるのかもしれないけれどこの日は基本イベント4枚、ランダムに選ばれる特殊イベント4枚でした。


ゲームが始まってすぐはまずコストとなる資源を獲得することくらいしか思いつかなかったものの、カードには関連してお得にプレイできるものがありそれがいい指針になっていることに気づく。(コストは小枝、樹液、小石、果実とありコマも凝っていていい感じ)


「ウイングスパン」と同じくある程度カードとの巡り合わせは運要素にもなりますが、成り行きに任せつつそこでやり繰りする感じは好きだし色々な人におすすめしやすいと思います。
(何よりアートワークが可愛いのがおすすめしやすいポイントかと)

*後日追記: 2回目を遊んでみてエグいカードがあったので、色々な人におすすめしやすいかは微妙かも




IMG_4535



ゲームの方は自分の場に出せるカードの上限が15枚と決まっているので、最後の数枚はなるべく高得点を取れるものを厳選しつつわりと思惑通り出せました。
この上限枚数がなかなか絶妙で全体のバランスもとてもいい印象。


結果は68点で嬉しい初見勝利。
基本イベントは3点のためにワーカーを使うのが微妙な気がして取らず、特殊イベントを2枚獲得できたのはよかった

経験者のプレイヤーは「農場」に「旦那」と「夫人」を置くのをメインにした夫婦プレイ&後半は他プレイヤーに資源を渡して勝利点を貰いまくっていた。

もう一人はおそらく狙っていた9点のエバーデールカードを早々に押さえつつ他の基本イベントカードも獲得。ゲーム中に入る勝利点もたくさん取っていて、後半はお目当のカードを最後まで待っていたような。


エバーデールは最近遊んだ「ティーフェンタールの酒場」と共に、今回の初見プレイではなかなか自分的にヒットしました。






エバーデール 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2020-01-09






さらに海外ではすでに拡張もいくつか出ているようで、メインボードも川を繋げたり拡張していけるという素敵仕様とのこと。






銀行強盗チームの脱出劇をテーマにした「エスケーププラン」の2回目を遊べたのでまとめてみました。

前回の初プレイ5人戦に続き、今回は経験者同士の3人戦なのでスムーズに遊べそう。



IMG_4520



相変わらず豪華なコンポーネントで軽くテンション上がります。
ラセルダ作ということで初見の時はなかなか時間がかかりましたが、2回目からは思った通りとても遊びやすくサクサク進行できていい感じ。



IMG_4521


自分は相変わらず傷も多く、手錠を数枚もらってもしょうがないと割り切って進行。
ただ前回に比べて都市タイルの配置ぶりが思惑に合ってくれていたおかげで、今回は順調にやりたいことができている。


1,2日目共に追加手番を2回づつ増やせたのもよかったし、手番が多くなったことで休息を上手く利用できていたりとなかなか噛み合ってる感があり。



IMG_4522



結局、最終日の3日目も手持ち金に余裕があったので悠々と最後に脱出成功。なんとか3人共捕まることなく脱出が決まりよかった。
3つある脱出口が封鎖されていき、どこが残るか最終日までわからない展開などこの辺りの演出も面白い。


これであとはそれぞれの事業投資分やロッカーから得た隠し金などを合わせた持ち出し金勝負へ。



FullSizeRender


そして結果はトータル500金以上持ち出せていた自分が勝利。
得点表に記入するタイプになっているので、前回と比べると皆得点が上がってました。

エスケーププランはテーマのおかげか全体を把握しやすく、何をしたいかも悩まし過ぎずわりと明確に遊べる印象。

得点的には他プレイヤー次第でもありますが、手錠や傷でまた100点ほどマイナスを頂戴したのでその辺りを上手くやったらまだ伸びしろあるかも。


プレイ時間がさっくり2時間くらいだったのもよかった。
まだまだ遊んでいきたい。




先日はバビロンの美しい庭園を作る「イシュタル」で遊ばせてもらったのでまとめてみました。


FullSizeRender



14歳から
2〜4人用
45分


ボックスアートやコンポーネントも雰囲気いいブルーノカタラの中量級作品。

プレイヤーは庭師となり砂漠地帯の噴水周りに木々を植え花壇で鮮やかな庭園を作るのが目的。


IMG_4514



ゲーム的には陣取り要素や拾い集めた宝石をコストに技術能力を解放したり。テーマやアートワークのおかげで陣取りでも比較的ほんわり遊べます。

得点要素は色々あるけれど、箱にも描かれている通り自分のエリアにある花の数がメインの一つ。
自分は最後手番の影響もあってかその辺は結構出遅れていたので、他の要素を伸ばすよう頑張ってみる。


それにしてもコマとか凝っていて可愛く、遊んでいてほっこりする。
特にこの日はじっくり系を2つやっていたのもあり、シンプルなルールにコンポーネントの可愛さも合わさりホッと癒される。

2020年はいつものじっくり系と共に、ほのぼの中量級も最近良さげなものが多いし合わせて楽しんでいきたい。



IMG_4515



結果は手番の流れとタイルの巡りがあまり良くなく本筋の花壇には力を入れれなかったものの、17点カードをキープできたのと技術から40点くらい取れたおかげで95点の嬉しい初見勝利。
メイン行動的には一番できていなかったのでトップだったのは少々意外でした。


イシュタルはルール量やプレイ時間もさっくりと程よく、全体的にも雰囲気よく楽しめたので機会あればまた遊んでみたいなと思います。




↑このページのトップヘ