カテゴリ: かきくけこ


待望のグレートウエスタントレイル日本語版が再販されたので、さっそく購入して週末に2日続けて遊んでみました。

再販にあたってエッガートシュピーレのロゴが新しくなっていたり、エラッタのあったルール説明書も第2刷で修正されてます。



FullSizeRender

12歳から
2〜4人用


G.W.T.はこれまで4回ほどプレイしたことありますが、久しぶりなので再びルールを確認しつついざ牛出荷ゲームスタート。


IMG_3804


プレイ記その1
通算5回目。2人戦
共有建物タイルは初回推奨配置。
個人建物はa面を使用。

自分のオールタイムベスト15選に入る作品ながらその事は伝えないまま相手は初プレイ。
するとゲーム開始して直ぐにこれは面白いと何度も言っていたので、そうだろうそうだろうと内心頷いてました。



IMG_3806


ゲームの流れとしては牧場主コマを移動させて止まった建物タイルのアクションをしながらゴールのカンザスシティを目指すすごろくのような感じ。

面白いのはすごろくのマスとなる建物が(建築や改築により)ゲーム中に増えていったり効果が変化していくので、その辺りがいいアクセントになってます。

そしてカンザスシティに到着しては再びスタートに戻り、変化する盤上で牛の出荷を繰り返しながら得点や収入を稼いでいく。



雇用できる労働者タイルは3種類。
1.カウボーイ  牛カードを購入しやすくなる
2.職人  価値の高い建物を建てれるようになる
3.技師  列車を進めやすくなる


特化したり組み合わせたりして戦術が多彩なところも魅力な作品ですが、まずは(早めに)黒枠効果を解放できる10価値以上の牛を出荷することは大切なポイントだと思います。
大いに楽しんでもらうためにもここは相手にしっかり伝えておきました。



IMG_3814

今回はすんなりカウボーイを序盤から雇うことができたので、建築と並行して安定したゲーム展開で進行。

盤上に雇用したい労働者が(他プレイヤーに取られたりして)いない場合もあるので、その時の状況に応じた作戦になるもののやはりメインテーマだけありカウボーイは安定感があるかな。



IMG_3812

一番価値の高い建物も建てれて満足。
お互いそれぞれ6出荷したところで終了トリガーとなり、久しぶりのグレートウエスタントレイルは113点という結果に。


相手もいたく気に入ってくれたみたいで村の人生やイスタンブールなどを初プレイした時のように楽しく満足感あるという言葉も頂戴できてよかったです。




IMG_3818


プレイ記その2
共有建物タイルはランダム配置。
個人建物はb面を使用。

翌日にもう一戦。
建物タイルはざっと目を通しても効果自体はそれほどたいしたことはない感じ。
ただ通行料がいるタイルを相手に建てられるのは結構やっかいで計画を崩されたりします。
個人的にはほのぼの遊びたいので、この妨害攻撃的な要素はない方がギスギス感なくて好みかも。(特に2人戦では)

というのも今回、建築アクションタイルの前に通行料タイルを置いたら相手が建築を捨ててきたのでなんか悪いことしてしまったなと少し反省。
要所にバンバン置いてしまうと相手を苦しめてしまえる要素です。


ゲームの方は相手がカウボーイ&技師&牛カード圧縮作戦をする中、自分は前回と同じくカウボーイと建築で進行。
ちなみに牛カードの流れはドミニオンぽさもあり、自分のデッキを圧縮させるのも技師特化と並行してなかなか良さそうでした。


あと、初プレイ時に駅長タイルを獲得するために自分の労働者を手放すのは大変に感じた覚えがあるけれど、4枚目の職人や技師なら美味しい即時ボーナスを複数回利用できたりとタイミング次第ではこの辺りも積極的に狙いたいポイント。


結果はまたお互い6出荷して終了トリガーとなりプレイ時間は2時間ほどでしたが、あっという間に思えるほど楽しめました。
また列車特化など色々試していきたい。



グレートウエスタントレイルは(モンバサもそうでしたが)ルール量はたくさんあるけれど、遊びやすくシンプルにまとめてあるところはさすがプフィスター。
とても良くできている綺麗さとデザイナーの力量を感じる好作品だと思います。

もうすぐ発売する拡張日本語版も楽しみ。
















グランドオーストリアホテルはニュートンやロレンツォより前に発売されたルチアーニ絡みのじっくり作品。
先日しばらくぶりに続けて遊んだので、リプレイ記に少しまとめてみました。



IMG_3726



リプレイ記その1
通算10回近く。
2人戦で個人ボードは夜面。


ちなみに昼面の方は3色ある部屋の配置がそれぞれの個人(ホテル)ボードごとに違っていて、より難しくなっている上級仕様。
ただ昼面はプレイヤーごとに方向性が分かれつつ苦しさも増すところはいいけれど、共通の目標カードによっては最初から有利不利が出来てしまうのが少々気になってました。
(ここががっちりかみ合っていると相当有利な印象)
なので今回は同じ配置の夜面を採用。


珍しくこの日は子供が早く寝てくれたので、まったりとスタッフカードのドラフトからゲーム開始。
落ち着いて遊べる時間は貴重です。

とりあえずシェフやボーイにプール監視員など雇用コストが安く、効果もなるべくシンプルめを中心に選んでいってみる。
テーマも良くすでに楽しい気分になってくるあたり、改めていいゲームだなと再確認もできました。


ゲームの目的としてはお客さんの注文通りに飲食を提供しつつ、自分のホテルボードを宿泊客で埋めていくこと。
さらに皇帝に敬意を払うことも忘れずにしないとホテルの評判が下がってしまったりとやりたいことはたくさん。

なので、ゲームを通して少ない手番数の中でスタッフカードや宿泊ボーナス効果などを上手くコンボさせていきたい。
ちなみにゲーム終了時にお金や余った飲食コマが得点になることも何気にポイントです。(1金イコール1点の価値)




IMG_3728


ゲームの方は赤の客室をコストなしで用意できる運転手の活躍もあり目標はなんとか3つとも達成しつつ、勝利点系のフロント係と客室係を絡めて173点でフィニッシュ。

相手は序盤から、デコレーターやインテリアコーディネーターなどアクションする度に効果を発動する系を揃えていく作戦。
ただこのゲームの醍醐味であるダイス目に苦しめられてなかなか思うようにホテル経営が進まなかったみたいでした。

ちなみに得点差がつきやすいのもこのゲームの特徴だと思います。


グランドオーストリアホテルはレストラン(カフェ)で給仕しつつ個人ボードに宿泊させていく流れが遊んでいて楽しく、相手もいたく気に入っているようだったのでよかった。
また次回もこれで遊びたいとのことでした。




IMG_3732



リプレイ記その2
後日もう一戦。目標カードや皇帝タイルは前回使ってないものからランダムで。

相手はまたもダイス目との相性がマッチせず、お客さんからたくさん注文されているケーキがなかなか手に入らないよう。
お菓子より入手しづらいルールもとても効いてます。



IMG_3733



振り直しのたびにできるゴミ箱の山も、グランドオーストリアホテルではよく見る光景かな。
ちなみにロレンツォは振り直しできないけれど、マルコポーロの旅路では時に納得いく目が出るよう振り直す賭けにでる場面もちらほら。

デザイナーは違えどトロワも同じで、その辺りのままならなさもダイスマネジメント系ゲームの面白さだと思います。




FullSizeRender


自分は今回、バリスタやソムリエにオードブル係などレストラン系を充実させていたので給仕はなかなかスムーズに進行。
相手が雇用していたコスト1金のチーフウェイターもいつも通りいい働きをしてました。



IMG_3736



結果としては前回より多少得点も伸びて200点くらい。
リプレイ回数もそこそこしているおかげで基本の夜面ではわりと優しいゲームに感じて気持ちよくホテルテーマを堪能できてよかった。


ミープルソースにある別売りのアップグレード飲食コマもあると雰囲気出て良さそうだねと感想戦などもして終了。
この週末は久しぶりのグランドオーストリアホテルをいい感じに連戦できました。
(2人プレイにもおすすめです)








先日はコンコルディアの新旧2つの拡張を初めてブレンドして遊んでみました。
まずサルサからは今回の舞台となるヒスパニアマップとフォーラム(広場)タイルを投入。

個人的にフォーラムはシンプルなコンコルディアにいい味付けとなりなかなか面白く感じてますが、塩の方はもう一つ馴染めなくて抜くことにしました。


IMG_3504

ヴィーナスを入れるのは3回目。
チーム戦用でなくすべて個別戦です。
すんなり基本版に溶け込みつつゲーム感に変化も与えてくれて気に入ってます。

前回のプレイ記でも触れましたが、このマギスター効果があることにより展開を少し加速してくれるような感触もあり。
ナヴェガドールのミニ拡張(新しいタイルの方)の時もそう感じたので、よりスピーディーさを足すのはゲルツの特徴なのかも。



IMG_3505

最近は以前とは異なりもっぱら2人プレイなので、手持ちではイタリア、ヒスパニア、ヘラスが重宝してます。

イタリア  属州11、都市数25
ヒスパニア  属州9、都市数23
ヘラス  属州10、都市数25

今回は中でも一番都市数など少ないヒスパニアマップ(現在のスペインやポルトガル)を選択。


IMG_3506

フォーラムの貴族タイル(青)はスタート時に各プレイヤー2枚づつ配られ1枚を所持。
自分は護民官した時に好きな資源を塩に変えれる能力にしたので、塩なしで遊ぶ今回は好きな資源に変換できる。
相手は建築時の移動力プラス1とのこと。

ゲーム中は護民官アクションで手札を回収する枚数に応じて、獲得できるタイルの選択の幅も広がります。

通常のコンコルディアではある程度手札を使い切ってから護民官するパターンが多かったですが、フォーラムがあると護民官をするタイミングの駆け引きが生まれるのも面白い。



IMG_3508

ゲームの方はヴィーナスのみ入れた前回に続き、場札10枚残しでかなり早めに建てきり成功。

相手がこれからという時に終わらせるこの感じはアルティプラーノでの地形枯らしをした感触にも近い。
毎度向かいの席からブーイングされます。

コンコルディア2人戦では大長官カードがよく動くこともあるし、さらにフォーラムやヴィーナス効果も手伝って基本版の多人数時よりグンと建て切りやすい印象。
プレイ時間も1時間くらいだったような。

内容としては新たなヴィーナス点をしっかり絡めつつ、1箇所以外の属州すべてに家を建てれて97点。
トリガーを早く引く代わりに獲得カードはこれまででも一番少なかったかも。
ちなみにミネルバもなしでした。


スピード感があってあっという間でしたが、相変わらずしっかり遊べた感も味わえるところはさすがマックゲルツ作品。


今回も楽しかったです。








コンコルディア 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)









コンコルディア拡張 サルサ 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)


4

エッセン2018で発売されていたコンコルディアの新拡張ヴィーナスが届いたのでさっそく遊んでみました。
6人までのチーム戦が楽しめるようになった他、通常の個別戦用の新たな要素やマップ入り。


今回は個別2人戦でのプレイ記です。



IMG_3378


初期カードは1枚増えて8枚づつとなり、新たなプレイヤーカラーに白が追加。
全てのカード裏のアートワークもヴィーナス仕様になっていて綺麗。
(ちなみにチーム戦では初期6枚づつ)


個別戦のみに使用する新たな役職カードは決算にヴィーナスを持つマギスター。
自分の捨て札の一番上にあるカードをコピーできるというセルフ外交官のような効果。
ただし元老院はコピー不可です。
この一枚が加わるだけで展開の幅が広がるし、基本ゲームにしっかり溶け込んでいて好感触。



FullSizeRender


ゲーム中に獲得できる場札にも決算にヴィーナスを持つダブル役職カードが登場。
個別戦ではどちらのアクションかを選んで使えるし、マギスターとも相性良さそう。



IMG_3385


拡張ヴィーナス個別戦での主な内容。
①新マップ2面
ヘラスとイオニウム。
どちらもスタート都市はアテネとなり基本版のローマのよう。

ちなみにヴィーナスには基本同封版もあり、そちらには帝国マップと新たにキプロス面もあり。
これで通算マップは13種になると思いますが、どこも当時ローマ帝国が支配していた領域になってます。


②新たな役職カード
個別戦では先程のマギスターとダブル役職カードのみ。(チーム戦は他にもあり)
細かい点では場札の石工がレベル1から2に移動して調整されている。

拡張の主役でもある決算時の新たな神ヴィーナスは1つの属州に自分の家2軒以上につき2点。
なのでヴィーナス1枚につきマックス14点まで獲得可能です。(チーム戦はまたルールが少し変わる)



IMG_3383

プレイ記その1
ヘラスマップ(ギリシャ)
属州10、都市数25
適正2〜4人

ヘラスはイタリアと同じ都市数。
未プレイですが裏面のイオニウムの方は帝国とほぼ同じ広さで、ヴィーナスマップは第2の基本版のような印象。
帝国-イタリアとイオニウム-ヘラスの構成も似てます。

ヴィーナス初プレイとはいえ3,4枚のカードが増えただけなのでスムーズに進行。
ヘラスマップも陸路と海路が入り組んでいて面白い。
コンコルディアは基本版のシンプルさが好みなので、この拡張はまったくそこを損なわず新しい基本版といったプレイ感が◎

個人的にはサルサはスパイス的に、ヴィーナスは常に入れたいというポジションかな。
ゲームの方は場札を数枚残して建てきり130点くらいでした。



FullSizeRender

プレイ記その2
翌日ヘラスでもう一戦。
マギスターの扱いにも少し慣れたせいか場札10枚も残して早々に建てきり成功。
ヴィーナスを入れたことによりゲームに加速感を感じました。


まだ2回のみのプレイなのでこれからもマップを変えたりサルサと合わせたり色々試していこうと思います。

















にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


2015年に発売されたコンコルディアの拡張サルサを最近久しぶりに続けて遊んだのでプレイ記にまとめてみました。

以前にもサルサは(5人戦を2回ほど)経験してますがおそらく投入するのは数年ぶり。


コンコルディアは基本だけでもシンプルで奥深い魅力があるのでこれまで拡張なしでも十分楽しめてましたが、(マップ以外の)第2拡張ヴィーナスも出たことだしサルサも改めてじっくり堪能することに。



FullSizeRender


拡張サルサの主な要素。
①資源に塩が追加。
塩はオールマイティに使用可能。
塩都市もあり。

②広場タイル 2種
貴族(青)は永続効果、市民(緑)は一回きりの効果。

③新たなマップ2面
ビザンチウムとヒスパニア。


①の塩はあると便利で任意のミネルバ点にもなるものの、属州タイルにはないし商人で売買できなかったりと自分的にはこれまでのプレイ感通りにいかない印象。
塩コマははみ出すほど大きい。
そしてやや影が薄く感じていたワイン(と道具)を塩都市コストにして調整も兼ねてる感じかな。


②はゲームスタート時にそれぞれ一枚ランダムに貴族タイルを持てる。
多少タイルごとの強弱もありそうな気がしたけれどゲームの味付けとして面白い。
あとは護民官アクションの時に広場タイルは獲得していけるので、護民官の出しどころにも駆け引きが生まれる。



IMG_3317


プレイ記その1
ヒスパニアマップ(スペイン、ポルトガル)
属州9、都市数23
適正2〜4人

イタリアマップよりさらに都市数も少ないので2人にはちょうどいい広さ。
初期広場タイルをランダムで2枚引いて、外交官で場札をコピーできる効果を選択。

結論を言うと建築や執政官をコピーできてゲーム中かなり活躍してくれました。
ちなみに相手はもうひとつな効果だったらしくブーブー言っていたような笑


初期能力系は確かに面白くて個人的にも全然嫌いではないですが、マルコポーロの旅路なんかでも慣れてくると(メンツや盤面次第で)そこである程度結果が見えてしまう面も感じました。

ただコンコルディアサルサではゲーム中も護民官の時にどんどん追加で広場タイルを取っていけるので大丈夫。



IMG_3320



結果は130点くらいで勝利こそできましたが自分はまだ塩に適応できてない感じで建設など相手の方が順調そうでした。
広場タイルに要所で助けられてなんとかこねくり回せた感じで終了。




IMG_3338


プレイ記その2
ビザンチウムマップ(イスタンブール周辺)
属州10、都市数28

都市数的には帝国、ゲルマニア、Ioniumに次いで12マップ中4番目に多い。
このマップに限らずだけど入植者を増やしながらでないとなかなか建設も大変でした。

ゲームの方は塩が加わると基本に慣れた自分のプレイがどうも狂ってしまい苦しい展開でしたが、終わってみると意外にも160点となかなか。

拡張要素でゲームが少し派手めになっている分、得点も伸びてくれたようです。
しかしこの翌日に再びビザンチウム戦をすると獲得したカードと盤面が噛み合わず敗北。



拡張サルサはゲルツ特有の完成された美しいシンプルさは多少損なわれるとはいえ、スパイス的な要素としては楽しく遊べると思うのでまた組み合わせも変えつつ色々試していこうと思います。






コンコルディア 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)








コンコルディア拡張 サルサ 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)




↑このページのトップヘ