カテゴリ: かきくけこ


ギャラリーを経営する「ギャラリスト」の4回目を遊んだのでまとめてみました。


IMG_4668



経験者同士の3人戦。
今年はリプレイも重視しているおかげでルール説明いらずでスムーズに遊べるいい環境が出来てきてます。
(でも本当はオンマーズが本命だったけど一人未プレイのため時間的に断念)


手番順は2番手でスタート。
前半は相変わらず最後手番の人がお客の呼び込みなど遅れをとり苦しそうな展開。

キックアウトの要素は面白さももちろんありますが、先手番の人にさらに割り込まれるのは結構辛い仕様。まあそういうゲームなので仕方ないですが。



IMG_4669


後半、広場に取り残される白コマたち。
初回プレイの時はむしろ貴重だと思ってましたが、ゲームに慣れてきて最近めっきり不人気に。
とはいえ作戦次第なので白コマが使えないというわけではないです。
たまたま自分はあまり率先して売却しないスタイルなので。(売却によりギャラリーに置ける白コマ数が増える)


前回くらいから自分に合った大体の方向性を掴めてきたので、程よい悩ましさでスムーズに遊べるようになってきました。



IMG_4670



結果は147点で勝利。
内容的には前回とそれほど変わらず売却なしでやり繰りしつつ、アシスタント雇用と影響点はやり切った感じ。
そしてオークションのマジョリティもなんとか1位を確保できたのはよかった。

ただそのボーナスで貰える作品の2択で違う方を選んでいたら130点台で2位の人に個人目的から15点加算されて勝敗も微妙だったし、3位の人も130点近く取っていたのでゲームの性質上誰が勝っていてもおかしくなかったかなと思います。


なので遊んだ感想もこれまでと変わらず「協力関係やキックアウトの流れなどの運的な要素次第で結果がわりと左右されやすいゲーム」という感じ。

当然それらの要素も含めて選択が悩ましい設計になっているので「運」という表現はちょっと違いますが、他プレイヤーの動向で振り幅が生まれやすくなってるゲームだと自分的には感じてます。


それでもギャラリストにはそれ以外に毎回ランダムに変わる評価タイルや終了トリガーを引く駆け引きなど遊びごたえある要素もたくさんあり。(結果は他プレイヤーの動きに左右されやすい面もあるが内容は実力派のゲーム)

そしてなによりギャラリー経営をしてる世界観をしっかり味わいながら楽しめるところが気に入ってます。


また遊びたい




病院を経営する「クリニック」を初プレイしたのでまとめてみました。

クリニックはもともと2014年作品。それをデラックス版として新たにオトゥールのアートワークで2019年に再発売。いくつかのミニ拡張も入ってます。



FullSizeRender





ボックスカバーは窓部分が切り抜かれていて、そのカバーを外すと建物内部のボックスアートが全て見られる仕様。
なかなか凝っていてイラストも可愛らしい。


持ち主さんはすでにプレイ済みとのことでルールを説明してもらうこと1時間くらい。
最近遊んだ「オンマーズ  」に続き、なかなかルール量多めで世界観がしっかり作られてました。


IMG_4662



プレイ記
4人戦。拡張なし。
(3人初プレイ)


まずは治療室、診療拠点、備品室の3つのタイルを渡され個人ボード(自分のクリニック)に初期配置。

場所は自由だけどいくつかルールあり。
・治療室は他2つに隣接させないと機能しない
・治療室と備品室は上下階でも真上下で隣接できる
・同種タイルは隣接して配置できない(真上下も不可)

立体的なパズル要素もあり初見ではよく先を見通せなかったし、とりあえず持ち主さんと同じ配置でゲームスタート。


やること自体はアクションの選択肢が3種類なのでシンプル。1ラウンドに3手番で全6ラウンドやって終了という流れ。

各アクションはこちら
建設→部屋、庭園、駐車場、移動設備など
雇用→医者、看護師、用務員
患者の受け入れ→各診療科の患者

ざっくり大筋としては、治療できる部屋環境を整えてスタッフを雇い患者を呼び込み治療費を得る。たくさん稼ぐほどそこから変換できる勝利点が主な得点源となる。


そこに色々な要素が絡んできてゲームもより濃密になってきます。
・スタッフや患者の移動による時間管理
・車のスペース確保
・建物の立体的パズル要素
・毎ラウンド発生する経費
・医師や患者のグレード変動
・アクション選択のバッティング要素や手番順争い
・患者の取り合い
など

どれも世界観に合わせた面白い要素になっていますが、時間の概念があるところや駐車事情にもスポットを当てている辺りは特によくできてるなと思います。



IMG_4665



今回自分は初回ということで序盤は探りながら入口や移動設備と特殊施設を建設して時間対策をしつつ進めてみる。
時間を進めてしまうほどゲーム終了時、マイナス点になるので。


見た目的にはどんどん上階に診療科を増やしていくのが醍醐味に感じていましたが、ゲームを進めていくうちにほぼ1階のみで十分回していけると感じたので思うままに効率化路線へ。


IMG_4667
(この写真で2階の青いタイルの配置場所がミスってますが、まあどこでも置ける状況なので…)



結果は70点くらいで嬉しい初見勝利。
内容としては時間が3マス進んだのみでマイナス1点、診療拠点も一つ増やしただけで上階もほとんど使用せず。

というのも上階は手間もお金も移動時間もかかる割には点数や恩恵が少なめな印象。
初見の個人的感想ですが、一番醍醐味になりそうな部分だけにここはとても惜しく感じました。

例えば治療室は1医者1患者のみにするとか単純に上階の得点をもっと高くするなど、より上の階に行かざるを得ない状況にした方がゲームとして断然面白くなりそう。

QPを上げつつ上手くたくさんの患者を呼び込んで上階をフルに活用していくのが理想かとは思うけれど、4人戦で遊んでみた感じではなかなか大変そうな感触。(1回のみのプレイなので分かりませんが)

遊ぶ前のイメージでは1階は車の駐車スペースで一杯になって来るから治療は上階メインにしていく設計だろうと思っていたら、わりと普通にやりくりできてしまったのは少し意外でした。

ちなみに2,3位の人は自分より上階や診療科を上手く利用してましたが、時間の進みでマイナス20点くらいもらうことに。
その差がそのまま結果に繋がった感じかな。

全体の展開としては4人だと特に手番順が結構効いてきて、後半は患者不足が続くことになったのでここら辺がゲームのポイントのように感じました。(ギャラリストでいうお客の取り合いに通じるものがある)

手番順に関しても勝利点を伸ばすと後手になっていくジレンマがあり。


クリニックは予備知識なしの初プレイというのもありルール量多く今回は特に悩ましかったですが、経営感がしっかりあるところなどよくできていて面白かった。

ただプレイ時間が長くかかる作品だけにもう少しシビアで正直な感想を言うと「惜しい」という感じ。


それでもモジュール式の拡張もたくさんあるみたいだし、また色々なやり方を試してみたいと思います。











先日はアートギャラリーを経営する「ギャラリスト」の3回目を遊ばせてもらったのでまとめてみました。

ギャラリストはこれまで2回プレイしてやっと自分なりにどんなゲームか掴めた気がしていたので、今回はそれをいい結果に繋げられたら嬉しい。



IMG_4625


経験者同士の3人戦でスタート。
手番順を決めると2番手になり少しホッとする。
というのもギャラリストにはゲーム終了までラウンドの区切りもなく、キックアウトというルールの性質上でも最後手番は結構苦しい印象。

実際、今回3番手だった人は特に前半「苦しい…」という声を思わずもらしていました。
自分も前回似たような状況だったので気持ちはとてもわかる。

それにしても今回の初期ランダム配置は見事に偏っていて、「アーティスト発掘」で貰えるボーナスタイルが前半欲しいものが全て後列にあり、前列には後半に欲しいものばかり。

それでも自分的にはこれまでの経験を活かしつつ、概ね思惑通りの展開でゲームを進めることができました。



IMG_4626


結果は134点で3回目にして初めての勝利。
得点的にはもう少し取れていると思っていたけれど、トリガーのあるゲームなのでそこはよしとしよう。


内容としては作品購入3枚で売却はなしとシンプルめで、前半のお金のやり繰りはやはりなかなか大変でした。
他にはアシスタントの雇用と影響点はマックスにできて、オークションでもなんとか1位を取れたのがよかった。



ゲームの感想としては「運要素が少ないゲームなのに運要素的なものにわりと結果が左右されやすいゲーム」だなと初見の時から感じてました。

単純に協力関係の要素だったり手番順が結構影響したりとどうしても自分だけではコントロールできない部分がじっくりゲームにしては多めかなと。(展開にもよるのでいつもではないけれど)

それこそ1回目の時は最後にオークション1位の自分がイーゼルのボーナス2択をどちらにするかで他プレイヤーのどちらがトップになるかが決まったし、今回もどちらを選ぶかで他プレイヤーに与える影響はとても大きかったり。

とても緻密なゲームなのに結果はわりと大味とでもいうか、個人的には後味がいつも少し不思議に思う。

でも面白くないかというとそんなことはなく、少し経ったらまたじわじわとリプレイしたくなる魅力があり十分気に入っているので全然問題はなしですが。(やりごたえや達成感もしっかりある)

というわけでラセルダのこれまで遊んだ作品はどれも面白くハマっていて、今では自分の中でルチアーニと2トップでお気に入りデザイナーになってます。

なのでしばらくは「バラージ」とラセルダやオトゥール関連のみ遊んでいてもいいくらいの気分。
もともと気に入った作品だけで遊んでいたいリプレイ派なので。


ちなみにこれまで「エスケーププラン」「CO2」「ギャラリスト」「オンマーズ」とプレイしてみて、ラセルダの印象は未プレイだった頃からだいぶ変わりました。

以前はたまに目にする情報でやたら複雑で重いと聞いていたので、「そこまでのは自分はやらなくていいかな」と思ってスルーしてた頃もありましたが、実際遊んでみると「そこまででもないな」というのが正直な感想です。

もちろん複雑さや重さも特に初プレイ時にあるし感じ方も人それぞれなので情報も間違いではないですが、ルールがわかれば世界観に入りやすくわりとシンプルに進行していくことも十分可能だと思います。(オンマーズはそれでもなかなか処理多めでしたが)


また遊びたい





アートギャラリーを運営する「ギャラリスト」の2回目を遊べたのでまとめてみました。


IMG_4566


プレイ記
3人戦。

前回から1ヶ月は開いていなかったので大体のルールは少しおさらいして貰えれば思い出せての2回目。(1人は初めて)
今回はしっかりアーティストの発掘や作品の購入を疎かにしないようギャラリストの世界を満喫したい。

流れとしてはロケーションという4つの場所のどれかを選択して、それぞれ2つあるアクションのどちらかを実行。

1. アーティストの発掘か作品の購入
2. 契約カードか作品の売却
3. 評価タイルかオークション
4. アーティストの評判上げかアシスタントを雇う

このゲームの特徴として、「キックアウト」と言って後から他プレイヤーが同じロケーションに来ると、そこにいた人は押し出されてサブアクションなどしてもいい。(影響点払えばメインアクションも可)
さらに移動前にキックアウトしてもらうためにアシスタントを置いていくのも有効。

なのでアシスタントは常に2,3人使えるよう雇っておきたいと思いつつ、今回なぜか他のことを優先し続けてしまい最後までアシスタント不足で進行してしまう。
他にも何点か方向性を見誤ったようで、全体的にもう一つ思うような展開に持っていけなかったかな。

それとラウンドなど区切りがないゲームなので最後手番は終了までずっと先を越されつつキックアウトでも割り込まれ続けることに。
 
一応、最初に後手から選べるものもあるし最後のマジョリティ調整くらいのメリットはあれど、自分的にはずいぶん先手有利さを感じました。



FullSizeRender



アートの種類は絵画、彫刻、写真、デジタルアートの4つあり、購入や売却する作品はなるべく個人目的カードに合わせていきたい。
コンポーネントは相変わらず凝っていて遊んでいても世界観に入りやすく楽しめます。

同じラセルダ作品の「エスケーププラン」もそうでしたが、プレイ時間が2回目からグッと短くなるのも嬉しいポイント。
ゲームの世界観が丁寧に作られているためにルール量は多いけれど、シンプルに遊べるよう設計してあるのがこのデザイナーの特徴なのかも。

まあ、キックアウト要素はちょっと進行がもたつき手番順が混乱しがちな面もありますが。




IMG_4568



今回は思った以上に早く終了トリガーが引かれて、最後にキックアウトなしでもう1手番づつしてゲーム終了。もう1,2手番欲しかった。(こう思えるゲームは好き)


結果は持ち主さんが160点ほどで勝利。
キックアウトのためのアシスタント置きも終始抜け目なかったので単純に手番数も多く、評価タイルからの加点とオークションのマジョリティも獲得と見事でした。


自分は139点で2位。
初回より得点は伸ばせられたけれど、途中でいくつか方向性を間違えた感じがする。
ただ、おかげでようやくどんなゲームかわかった気がするのでまた色々試してみたい。
あとはやはり(キックアウトもあることで)広場の客引きにしても、他の部分でも毎回やりたいことの先を越される感がゲーム中ずっとあり、後手はそこら辺が少し辛かったです。


ギャラリストは初見の時もそうでしたが、少し経ってからじわじわとまたリプレイしたい欲が湧き上がってくる。
ゲームが凝っていて満足度が高いわりに時間がかかり過ぎないのも、そう思わせてくれる要因だと思います。


また遊びたい


4

2020年初めはギャラリストで遊ばせてもらったのでまとめてみました。

ちょうど年末に同じラセルダ作の「エスケーププラン」を初プレイしたばかりでいい流れ。今回は3人戦です。



FullSizeRender



写真では大きさが伝わりにくいけれど通常の大箱より存在感あるイーグルグリフォンのビッグサイズ。
オトゥール担当のパッケージはテーマ通りアートフルで、コンポーネントが豪華なのもテンション上がります。



IMG_4496



ギャラリストはその名の通りギャラリーのオーナーとしてアーティストを発掘したり絵画などの作品を展示や販売していく。

前回遊んだ「エスケーププラン」と同じでルール量は多めながら、分かってしまえばやることはシンプルなので2回目からはスムーズにいけそう。(メインアクションは4つのロケーションから一つ選択する流れ)



IMG_4497



テーブル奥には作品を乗せたイーゼルがあり雰囲気出てる。この作品はゲーム終了後に国際市場下のマジョリティ上位2名が獲得できるとのこと。

今回自分は初めてで全体はよく分からず探りながらプレイしてましたが、とりあえずこの立派なイーゼル上の作品は重要そうな気がして狙ってみました。



FullSizeRender



そしてゲーム終了。イーゼル作品は一応思惑通り一番に選んで取れる立場だったものの、その時の自分にとってはどちらでも大して変わりばえなかったので特に気にせず片方を獲得。

すると結果的にどちらを選ぶかで自分以外のどちらかのプレイヤーの勝利が決まったので、やはり重要な要素の一つではあるみたい。


それとアーティストたちの作品価値は変動していくゲームなので、株要素のゲームのように上手く相乗りして一見協力関係が出来たりと自分だけでは読めない展開も多め。

実際今回トップだった人は何もしなくても購入済みの作品価値が上がっていく美味しい状況が多々見受けられた。
もちろんその要素だけでなく潤滑に資金を回したりとゲーム展開なども見事でした。


自分は今回やや得点行動に気を取られ過ぎた面もあり、ギャラリストとして核となるアーティストの発掘や作品購入などの活動を少し疎かにしていたかも。

なので、この反省点を踏まえて次に遊ぶ時は得点行動云々よりもっとギャラリストとしての世界観に浸れるようなプレイを楽しめたらいいなと思います。


初回プレイの感想としてはゲーム中はルールなどの確認把握にも追われつつ、そこまで面白いと感じる余裕がなかったように思う。
だけど、しばらくしてじわじわとリプレイしたい欲が湧き上がってきたので、2回目からはもっと楽しめそうな予感がしっかりあります。


また遊びたい。




↑このページのトップヘ