カテゴリ: はひふへほ


週末のゲーム会にてワレスのブラス新版を初プレイさせてもらいました。
ランカシャーの方は黒ブラスとも言われてるだけありアートワーク全体は黒基調になってます。
そしてこれがとても格好よく綺麗なので遊ぶモチベーションがぐんと上がります。



FullSizeRender

パッケージも実際はもっと黒みがあり渋い。
産業期のイングランドを舞台に建物を建てながら鉄道ネットワークを作っていきます。

午前中に児童館に行っていたこともありルール説明を聞いている時は猛烈な睡魔に襲われましたがゲームが始まれば大丈夫。
ゲーム中も質問が多く大変そうだったけれど丁寧に説明してくれて持ち主さんには感謝です。



IMG_3006

4人プレイ。
カードから何からどこを取っても素敵なコンポーネントで気持ちいい。
みんななんとなくわかった状態でいざスタート。
序盤から手探り状態で進めてるうちにふと鉄はわりと貴重なのと造船所がポイントになりそうな感じがしたので思うままに進めてみる。

ただし手持ちのカード次第なところがあるのであくまで状況に合わせて。
アクションはコンコルディアのようにカードを使って実行していく流れなので、悩ましさはあれど実行できる範囲はある程度絞れて選択しやすい。



FullSizeRender

初回プレイということで自分も含めて紡績所の売却方法に港や国外とありここら辺がみんな分かりづらそうでした。

ゲームを一通り遊んで後半に入る頃やっと気づいたのは、レベルの高い紡績所と港を複数建てておき一気にすべてをひっくり返すのも高得点を取る王道の一つに感じました。

もちろんこれだけではなく色々な作戦がある深そうな作品でゲーム中もわいわいと楽しい。
なんの予備知識なしに遊びましたが、始まってすぐにこのゲーム面白いなと気に入りました。



FullSizeRender

ゲームの方は運河時代に上手いことレベル上の造船所を建てれたおかげもあり勝利。

途中に子供の相手をしたりとのんびりムードではあったもののルール説明も入れると4時間も経っていてびっくり。

それでもブラスは手番順の決め方や借金など面白い要素もまだまだたくさんあり、そんな時間も長いと感じさせない充実感の味わえる作品でした。


ちなみにネットワークから石炭を運んだりとかヴィアネビュラに少し似てるなと思ってたらあれもワレスだったと後で気づきました。

さすがにみんなお腹も空いたのでお寿司の出前を取ることに。


いいゲームで遊べて満足です。














ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

4

古代ハワイを舞台に村を発展させていくワーカープレイスメントのお気に入り作品。
手番ですることはシンプルながらロシアンレールロードにも通じる得点バランスの奥深さがありリプレイするほどにハマる面白さがあります。


今回はミニ拡張のカマプアアの恵みも入れて久しぶりに遊んで来ました。 



IMG_2960

13歳から
2〜5人用
60-90分

ハワイは貝や足などの木コマも充実していて、南国の雰囲気がとても良く出ているのもおすすめポイントです。
ただ対象年齢は13歳からと高めなだけあり、やることはシンプルですが得点要素などのルール説明はやや手間がかかる印象。


とはいえゲームが始まれば悩ましさはあれどスムーズに進行できます。
足で移動しつつ貝でタイルをお買い物して自分の村に配置していく。
ボートがあれば島タイルを獲得できたり釣りをしたりと楽しい要素もたくさん。



FullSizeRender

ミニ拡張の新たな要素。
①5,6の価値チップ10枚が新たなチップに。
このチップを釣りで獲得すると魚2匹分としてずっと手元に残る。
これにより毎ラウンドの価値ボーナスが達成しやすくなり、その分レベル2タイルや島を使う機会が増えそう。
サーファーの価値は少し下がったかも。

②カマプアアの神殿タイル。
新たな価値チップを釣りで獲得した枚数に応じて勝利点になる。

③新たな島タイルが2枚追加。


基本の時よりも釣りアクションが序盤から気になるので悩ましさが増えます。



IMG_2962

ゲームの流れ的に今回は価値ボーナスや槍点、島点からまんべんなく得点を重ねつつ、5村カフナ点と合わさり140点くらいとまずまず。
ハワイは一度遊んでゲーム全体の得点感覚を経験してからが勝負なところもあるのでまた皆と遊べたら嬉しいです。

ワーカープレイスメントらしく常にその状況に合わせつつゲーム全体も視野に入れた判断が求められるシンプルな悩ましさが個人的にとても好み。
ロシアンレールロードと共にずっと遊んでいきたいと思えるお気に入り作品です。


ミニ拡張も2回目でしたがいつもより少しゲーム展開も変わり面白かった。
ちなみに神殿タイルだけはランダムよりも好きなものを選択できる方がよりエキサイティングでいいような気も。


また遊びましょう。














ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


プレッツェルゲームズの西部劇をモチーフにしたフリッケンアップも遊ぶのはこれで3回目。
なのでシナリオ1と4に続いて今回はシナリオ9にチャレンジして来ました。

ペアのチーム戦となりアウトロー側を担当。



IMG_2899

シナリオ9のアウトローたちは命中率の上がるライフルも使いながら絞首台にいる仲間を助け出すのが目的。
時計が12時になった時、こちらか保安官チームのどちらが仲間を確保しているかで勝敗が決まります。


IMG_2901

序盤はアイテムを取るために建物に入り合う両チームですが、同じ建物で鉢合わせると前回のシナリオ4と同様に決闘開始。
今回はライフルがあるので断然有利でした。

フリッケンアップはただのお弾きだけでなく作戦を練りながら進めることが必要とされ、わいわい楽しむ中にもいい臨場感が生まれます。


こちらの作戦はライフル持ちは危険に晒さず後半の救出まで温存しつついいポジションに持っていきたい。
あとはいつ仕掛けるかのタイミングを戦況に合わせて計ってみる。



IMG_2902

結果はギリギリのところで救出成功。
今回のシナリオはゲーム性の幅も広がり程よく緊迫感のある展開で楽しめました。


他のシナリオ記事はこちらから
↓↓



フリッケンアップは拡張も色々出ているのでこちらもまた機会あれば遊んでみたい。














ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


本を持ち寄りお題に合ったユニークな文を探して発表していく少し変わった大喜利ゲーム。
パッケージもビブリオスみたいな本タイプになっていて中身はお題カードと砂時計が入ってます。

見たことないゲームだったので新作かと思ってましたが2015年辺りの作品です。 



FullSizeRender

12歳から
3人以上
20分


まずはなんでもいいので本をプレイ人数分用意しなければならず今回は小説、タウンページ、昆虫図鑑、恐竜図鑑でスタート。

民主主義ルールというバリアントでみんなそれぞれ発表した後に誰のがよかったか一斉に指をさして多かった人がカードを獲得。
5枚集めた人の勝ちです。



FullSizeRender

最初のお題はネコの名前。
自分の本はタウンページだったので住所以外のページから面白そうなワードを探してみる。
子供も一緒になって昆虫図鑑からどれにしようか選んでました。

ちなみに誰かがカードを2枚獲得すると本を左隣に渡していくので他プレイヤーの本も回ってきます。

ゲームの方は遊ぶ前から思ってましたがやはりなかなか難しく、笑いが起こることもあれば受けが良くないこともしばしば。
大喜利でも大変なのに本という制約もあるのでバチっとハマる時は気持ち良く盛り上がるものの探すのは結構大変。

とはいえ側から見たら読書会のようなプレイ風景は斬新だし、気心の知れたメンバーでゆるく遊ぶには面白いと思います。


結局5枚獲得は長すぎると判断して3枚集めたら終了に変更。
序盤に参加していた子供が自分ひいきにしてくれていたおかげもあり3枚獲得できました。


会話主体のゲームなのでお酒を飲みながらとかシチュエーションを変えたり、本選びなど色々工夫の余地もありそう。














にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


荒野のガンマンがテーマのフリッケンアップには遊べるバリエーションが10まであるそうで、先日はシナリオ1に続いてシナリオ4を遊ばせてもらいました。

シナリオ4も前回と同じく保安官とアウトローが対決するチーム戦でしたが内容がコルトエクスプレスみたいなお宝争奪の要素もあり面白そう。

さっそくルールを聞いてスタート。 



IMG_2862

こちらのペアはアウトロー側を担当。
1ターン目は移動アクションで専用のコマを指で弾き、建物の下の空間をくぐらせていく。
建物内に入ればアイテムを獲得するアクションもできてお宝やライフ、武装道具タイルなどをランダムに引ける。


わりと長距離でも上手いことくぐり抜け、1体以外はスムーズに建物に侵入できて幸先がいい。
2ターン目からは保安官チームも活発に動き出しパキュンと打って来たり建物への侵入を狙ってくる。

同じ建物内で保安官とアウトローが鉢合わせると決闘が始まるという設定も凝っていて面白い。



IMG_2863

順調にアイテムを獲得しながら銃撃戦も押し気味で有利な展開。
アイテムにはガンマンの左右から連続で撃てる二丁拳銃や、近くに転がせば建物内でも倒せるダイナマイトもあります。


こちらの目的はお宝を5つほど受取人に届けることでしたがこのまま撃ち合いで保安官チームを全滅させた方が早いと判断。



IMG_2864

唯一の牙城だったのはお宝が残っていた銀行を守っていた保安官2人組。
建物内に入って決闘するよりダイナマイトが有効そうと試してみると、ペアを組んでるパートナーが見事なコントロールで爆破成功。

もっと広いフィールドならまた展開が変わったかもしれないですが、今回はまったく危なげなくアウトローが荒野を制してしまいました。



フリッケンアップは狙い通りにスコーンと命中するととても気持ちよく、シナリオに合わせた西部劇の臨場感もちゃんと感じながら無邪気にわいわいと遊べて楽しかったです。

他のシナリオもまた試してみたい。














にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ