カテゴリ: はひふへほ


ダムを建設して水力発電する「バラージ」の5回目を遊んだのでまとめてみました。


先日参加した避暑地の別荘ゲーム会でおすすめとして持参したところ、リクエストをもらい久しぶりのバラージ。

初プレイの2人にも気に入ってもらえたら嬉しい。


IMG_4867


上級ルールなし。
初回推奨の手番順による国家で。

ジャンケンで手番順を決めると自分は3番手だったので、イタリアと「建設コストの重機を3金でも賄える」重役に決定。

まずは中段の丘陵エリアにある中立ダムでの発電ができるよう進めてみる。

このゲームは得点要素は色々あるけれど、発電力の数値がそのまま点数になるわけではないのもポイント。

プレイ感的にはアクションエリアが「オーディンの祝祭」、得点感覚は「テラミスティカ」辺りにも近いものを感じるし、発電力が手番順などに影響するところやテーマは「電力会社」も彷彿させる。


そこにルチアーニらしい資源のやり繰りの苦しさや「マルコポーロの旅路」っぽい契約達成もありつつ、ダム建設で水の流れを取り合う「バラージ」独特なプレイヤー間の絡みや重機を再利用させるホイールなど魅力的な要素も加わって濃密なゲームが楽しめるようになってます。

そしてゲーム毎に担当する(能力が異なる)国家や重役を組み替えれることでリプレイ性も十分あり。


まあ色々書きましたが、個人的には「ゲーム中に楽しい」と感じるから気に入ってます。
終了後の満足感もあるし。



FullSizeRender



ゲームの方は結局、経験者の自分が120点で1位。
初プレイの2人はやっていることを得点に結びつけるのに少々苦戦したようで50点くらいと経験差が大きく出てしまいました。

それでも感想戦であれこれ話しつつ「また遊びたい」と言って気に入ってくれたようなのでよかった。
2回目はやりたいことや悩ましさが増してもっと楽しめるんじゃないかなと思います。


ルチアーニは一番のフェイバリットデザイナーなので、最後に関連の作品を個人的お気に入り度と共に。


☆☆☆☆☆
マルコポーロの旅路 (20回〜)
ツォルキン (7,8回)

バラージ (5回)
☆☆☆☆
ロレンツォイルマニーフィコ (7,8回)
グランドオーストリアホテル (6,7回)

☆☆☆
ニュートン (4回)
カウンシルオブフォー (7,8回)









教会の天井画を修復する「フレスコ」の拡張ステンドグラスを遊ばせてもらったのでまとめてみました。

個人的に「フレスコ」は基本版に同封されていた拡張1,2,3まではかなり以前にプレイ済み。(拡張3まで入れて基本が完成形というイメージ)

今回はそれに加えて初プレイとなる拡張6のステンドグラスを投入しつついざ4人戦スタート。


IMG_4839


まずは序盤戦。
ランダムに手番順が決まると自分が最初に起床時刻を選べる状況だったので一番早起きしてみる。

このゲームは早起きするほど職人の機嫌が悪くなるので、劇場に連れて行って機嫌を直してもらったりと現実的な世界観がなかなか面白い。

早起きすると市場で顔料を早取りしつつ閉鎖していけたり、効果付きの肖像画カードも先着2人まで入手できる。(そのかわり早起きほど顔料の値段が高い)

2ラウンド目は手番順が変わるかなと思っていたら誰かが勝利点を取るまで変更ないらしく、また自分からとなり再び一番早起きへ。(得点入ったら低い人順になる)

この時点で、得点を抑えていれば後半までずっと早起きをキープでき顔料も一番集めていけるのではと思ってしまう。(顔料を購入後に市場を閉鎖していけるので)

そして実際にその方向でぐいぐい中盤まで進め肖像画もたくさん集めてみましたが、どうやらその考えは少々浅はかだったことに気づく。



IMG_4840


顔料や拡張要素のステンドグラスを購入するには当たり前だけどお金がかかるわけで。

中盤以降はカツカツの資金繰りをしていた早起き2人に対して、前半しゃがまざるを得なかった2人の方が結果的にお金を蓄え顔料も増えていく展開に。

まあ今回は極端に対照的な早起き組とゆったり組に分かれましたが、やはりバランスよく進めるのが良さそうだったかな。


IMG_4841


最終ラウンドでは綺麗に修復が完了してフレスコ画が盤面に登場。この演出もいい感じ。

さらに拡張では雰囲気ある顔料置き場やキラキラしたステンドグラス資源用のガラスがありコンポーネント的にも良かった。


ゲームの方は赤と緑プレイヤーの同点勝利。
顔料をたくさん調合できていたのが楽しそうでした。
自分は後半にかけてしりつぼみとなり3位だったので、また機会あれば改めてチャレンジしてみたいな。


拡張「ステンドグラス」の感想としてはままならなさが増して、よりフレスコが面白くなるいい要素に感じました。


ただ今回、ちょっと信じられないくらいのプレイ時間(おそらく4時間…)がかかっていたので、願わくばもう少しサクサク遊べる環境で皆と楽しめたら嬉しい。


フレスコはまだまだ拡張あるのでまた色々試してみたい




フレスコ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2012-03-25








果物を収穫して配達する「フィンカ」を初プレイしたのでまとめてみました。

以前から気になっていた作品の一つだったので遊べて嬉しい。



FullSizeRender


今回プレイさせてもらったのはおそらく2018年に再販されたもので、「エルラズル」という4つの拡張要素入り。

さらに木製のロバやフルーツコマの雰囲気の良さ辺りは、「ハワイ」などにも少し通じるものがあり。
テーマとコンポーネントが素敵だとぐっとプレイ欲が高まりいい感じ。


IMG_4835


初プレイ
4人戦
(拡張要素1つ入り)

舞台はスペインのマヨルカ島で、収穫するフルーツは下記の6種類。

アーモンド
イチジク
オリーブ
ブドウ
オレンジ
レモン

ゲーム的にはロンデル上でフルーツやロバを獲得して、マップへ配達しつつ得点タイルを入手していく。

ルールを聞いて面白いと感じたのは各フルーツやロバコマが共通在庫から足りなくなると、バーストしてその資源がある人は戻さねばならないところ。

一つの資源をウハウハで独占しているとバブルが弾けて没収される感じは、どことなく「西フランク王国の建築家」の捕縛プレイも少し頭をよぎりました。


そして実際、中盤にオレンジをたくさん集めたところでまんまとバブル崩壊の引き金を引かれて没収されるハメに。
ここで流れをぐっと持っていかれてしまい、今回は残念ながらそのままラストまで見せ場がない展開へ。



IMG_4836


ゲームの方は向かいの人が最後にオレンジを届け終了トリガーを引き、緑プレイヤーが見事1点差の逆転勝利という結果に。(自分は3位)


一見圧勝しそうだった赤プレイヤーが最後に少しふわっとしてしまったラスト2手番前くらいに、緑プレイヤーが効果タイルを上手く使ったのが個人的にいい手に見えました。

この使わずに終えると1枚2点になる効果タイルの使い所が、フィンカのポイントの一つにもなっていて悩ましい。



FullSizeRender



感想としては本来1時間くらいで遊べる中量級のはずが今回その倍以上かかっていたのは少々待ち疲れもありましたが、「フィンカ」はテーマ雰囲気がよく程よい悩ましさもありなかなか好作品だと感じました。


ちなみに(長考ぎみの他に)長引いたもう一つの要因としてほぼ全ての都市でタイルが残り1枚の状況までもつれたこともあり。
マジョリティを取られていると「他プレイヤーの養分(得点)になるしな」と最後のタイルを取り辛くなる設計なので。


せっかくルールも覚えたし次は拡張を全て入れてまた遊んでみたい





可愛らしいデザインの野菜を集めるお手軽カードゲーム「ポイントサラダ」を遊ばせてもらったのでまとめてみました。

ちなみにコロナで自粛していたのでボードゲームで遊ぶのは2ヶ月以上ぶり。


FullSizeRender



野菜は6種類あり、多彩な得点条件カードと共に集めていく。
少し「スシゴーパーティ」ぽさも感じましたが、こちらの方がより遊びやすいかな。

基本的にはカードの巡り運による流れで進行しつつも、他プレイヤーの動向や状況も上手く読んでいく悩ましさもあり。



IMG_4811


4人戦
初プレイ

とりあえず手番時にオープンされている得点条件カードの中から良さげなものを獲得して、それに合った野菜を増やしていきたい。
ただ自分のすぐ前の人とはあまり方向性が被らない方が無難か。


あとは獲得した得点条件カードを裏返して野菜に変えれたりするのもポイント。


IMG_4812


結果は運良く65点で勝利。
序盤に「野菜の種類が少ないほど得点できる」カードを獲得したのでその方向で。
キャベツがもう一枚欲しいところだったけれど、ここは前手番の人と被ってしまった。

そのプレイヤーはキャベツとピーマン点を伸ばして、たしか62点で2位。

自分の向かいの人はニンジン特化をしていたりわりと皆それぞれの路線になりサクッと楽しめました。


ポイントサラダは1ゲーム15〜30分くらいなので、何ラウンドか続けて遊べるタイプになってます。
今回は1ラウンドのみで終了しましたが、ライトゲームの中では個人的にも好感触だったのでまた機会があれば遊びたい。


今年は秋までお休みしている児童館のゲーム会用にもいいなと思いました。









8つの島々を探検開拓していくクニツィアの陣取りゲーム「ブルーラグーン」を遊ばせてもらったのでまとめてみました。


IMG_4735


南国テーマの作品はこれまで「バヌアツ」「ボラボラ」など、のんびり雰囲気に反してゲームは他プレイヤーとの競合が厳しめな印象もあり。

今回も部族同士の陣取り合戦らしく、しかも情報公開のアブストラクトということでのんびりほのぼのとはいかなさそう。

ルール説明を聞くとゲームは2部形式になっていてまずは探検フェイズから。
後半の居住拠点からスタートするフェイズもやることや得点条件はほぼ同じなので、とりあえず導入として前半のみでもいいらしい。


そして上の写真が前半終了時。
アブストラクトのおかげかぼちぼち長考も誘発しやすい面もあり、ここまでで1時間半かかっていてびっくり。

後半また同じようなことをする気力は正直なくここで今回はフィニッシュに。
後半を見据えてのプレイもあるので一応になりますが、この時点では86点でトップに着けれたのはよかった。

ブルーラグーンは部族テーマや鮮やかになっていく盤面を見ていると「マングロービア」も思い出したり。

個人的な感想としては配置していくタイル数が少し多過ぎな気も。得点要素的に必要なのはわかるけれど、中量級ゲームとしてもう少しスッキリ楽しめたらより嬉しいかな。


それでもカラフルで雰囲気よくわいわい会話しながら遊べて楽しめました。












↑このページのトップヘ