カテゴリ: さしすせそ


ジャンクアートは色々な都市で展覧会を開きながらファンを獲得していく積みゲームですが、ワールドツアーの中には同メーカーの作品フリッケンアップと合わせて遊ぶことのできるナッシュビルという都市もあります。

今回ジャンクアートとフリッケンアップが共に木製版で揃ったのでこの機会に初プレイしてみました。



IMG_2865


まずはジャンクアートに付いているメジャーを使いプレイヤー同士の土台を50センチ離します。
4人だったのでちょうど1辺50センチの正方形となり遊びやすそう。

土台の近くにそれぞれフリッケンアップのガンマンを一人配置。
ジャンクパーツを3つ積んだ状態でゲームスタートです。



IMG_2866

毎手番2枚の手札から1枚選び指定のパーツを積んでいく。
この時に他プレイヤーの使用済みカードの一番上と色や形が同じならパキューンとその人の作品に発砲できる。
見事に命中して落下したパーツがあれば1つは自分の作品に積み残りは戦利品としてもらえます。

序盤からみんな積極的に狙っていき土台に当たるも意外とビクとも崩れなかったりする中、うちのガンマンがお隣の要塞みたいなアート作品を完全破壊。
崩れ落ちるというより爆発したかのような崩れ方に一同ア然、そして爆笑でした。

ナッシュビルでは最終的に戦利品だけでなくアートの高さもポイントになります。


IMG_2868

こちらの作品のようにフリッケンアップのサボテンを積む場面も出てきます。
芸術点というのはないけれどあれば高そう。

ちなみにサボテンがあると1点加点あり。


ゲームの方は結局その後はガンマンには当てれても作品は誰も崩せず。
一応ガンマンも倒すと戦利品を1つ奪えます。
結果は高さ2位、戦利品1位で8ファンを獲得できてお向かいの方と同点トップ。

後半はグラついてるところを狙われて絶対崩れるとヒヤヒヤでしたが、50センチの距離を正確にヒットさせるのはなかなか難しく助かりました。


楽しかったです。



それぞれのゲームの記事はこちらからご覧ください
↓↓








Junk Art
アズモディー(Asmodee)



















ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


スコットランドヤードはロンドンを舞台に犯人役1人を刑事役の他プレイヤーたちが追いかける名作ボードゲーム。
そのスコットランドヤードがブラント夫妻によりカードゲーム版として新たに発売されたのでさっそく購入して週末に遊んで来ました。



IMG_2820

9歳から
3〜5人用
20分

あのスコットランドヤードをいかにして手軽なカードゲームにしてあるのか興味ありましたが、ざっとルールを確認してみるとシンプルなルールの中にも色々なアイデアがあり面白そう。


まずは8枚づつ配られるチケットカードの中に一枚Xカードがあり、持っているプレイヤーが犯人役として正体は隠しておく。
ゲーム中に刑事側からの尋問アクションなどにより正体はバレたりしますが、そこから陽動アクションなどを使って逃亡劇も楽しめます。

今回のカードゲーム版の特徴として犯人役が途中で入れ替わることもあるので最後まで気が抜けない展開になりそうです。



IMG_2822

4人初プレイ。
1戦目は尋問から早めに犯人が発覚。
犯人が入れ替わる前に捜索令状というアクションを実行。
この時の犯人の目線と勘を頼りに犯人の手札から一枚をババ抜きの要領で引いてみると見事Xカード。
あっという間に刑事側の勝利で観戦していた猫もびっくり。



IMG_2824

早い決着にゲームのポテンシャルを十分に発揮できなかったのでもう一戦。
犯人の正体が発覚すると犯人のみが使用できるアクションも堂々と使えるようになり刑事側を陽動してくる。
そして犯人の逃亡アクションによりミスターXカードが別プレイヤーに移ってしまい捜査も振り出しに戻されてしまった。

山札がなくなった場合もミスターXの勝ちになるのでゲームが長引くほど逃げられるリスクが増します。
1戦目は刑事有利かと思いましたが2戦目は見事に犯人役の勝利でした。


スコットランドヤードのカード版は数字の昇順によるバランスをうまくルールに入れてあるところなどザ・ゲームも彷彿させつつ、ババ抜きのシンプルなドキドキ感もありわいわい楽しめました。

ちなみに刑事側プレイヤーすべての手札がなくなってもミスターXの勝ちになります。






















ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


サンクトペテルブルクはロシアの街を発展させる拡大再生産のお買い物カードゲーム。
10年以上前の作品ですが近年第2版として5人プレイに対応した市場の要素や6つの拡張もセットになり発売されたので購入済み。

何回かこれまでも遊んでますが先日も久しぶりに5人プレイして来ました。 



IMG_2788

10歳から
2〜5人用
60分

イラスト的にはけっこう初版の方が味があり好みだったりしますが、5人プレイに対応してるのは重宝します。
今回は初プレイの方もいるし、もう夜中だったので拡張は入れずさらっとスタート。


お金のやりくりが重要なゲームなので序盤にしっかり職人などで資金源を増やしておかないと、中盤以降にパスばかりする羽目になり辛くなるので要注意。
自分も以前に高い建物をいきなり買ってジリ貧になり大敗した経験あり。



IMG_2790

ゲームの方は貴族を集めつつバランスよく建物も買っていきたい。
観測所もあると便利でした。
あとはラウンドが進むほどに得点が上がる市場のマジョリティも疎かにできない。

結果はかなり早めの終了トリガーとなり職人が充実していたお隣さんに次いで2着。
ゲーム感がわかってきた頃に早めの決着だったこともあってかまたやりたいとの声が上がってました。


ちなみに最初の職人雇用時の後手番は少しかわいそうな気もしないでもない。


サンクトペテルブルクは市場の要素はあれど基本的には宝石の煌きのようなお買い物ゲームなので遊びやすいと思います。













ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


スパイスロードに続くセンチュリーシリーズ第二弾となるイースタンワンダーズ。
センチュリーはこれまでゴーレム版を一回遊ばせてもらっただけでしたが今回はしっかり購入してみました。 



IMG_2631

8歳から
2〜4人用
30〜45分


プランBゲームズの作品はコンポーネントも素敵で別売りの専用マットもとてもいい。
ボードでなく質の良いマットというのも新鮮で雰囲気がグンと良くなります。


センチュリーイースタンワンダーズは大航海時代が舞台で、香辛料を求めて異国の海に乗り出していくナヴェガドールのような世界観。
この時代のスパイスは黄金にも匹敵する価値があったそう。


週末にさっそく4人で初プレイして来ました。


FullSizeRender

ルールもシンプルでプレイ時間も1時間程度なので初プレイでも遊びやすかったです。
手番では船をその場に残すか移動するかをして次の3つの中から1アクション選ぶだけ。

市場タイルで取引所を開設&取引する
港タイルでスパイスを勝利点に変換する
収穫する


誰かが港から勝利点タイルを4枚獲得したら後手番までまわり得点計算へ。
今回は4人共あと一枚とリーチしていたので接戦のまま最後まで楽しめました。
思ったより倉庫拡張が役に立たずボーナスタイルの取る順番を少し間違えたかな。



翌日のオープン会でもメンバーが変わり再び遊びました。


IMG_2666

今度は2回目ということで上手くいきましたが、相変わらず接戦で勝利点タイルのめくり運に助けられた感じもあり。


前作と合わせて遊べる大航海時代ルールもあるのでまた機会あればやってみようと思います。
同デザイナーの新作リーフも気になる。

















ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


先日は文明発展系の大作スルージエイジズをショートルールながら遊ばせてもらいました。
通常のロングゲームでは時代数が増えて侵略の要素が入るとのこと。
戦争などの直接攻撃系は正直好みでないのでちょうどよかった。 



IMG_2590

ルールをサクッと説明してもらいましたが前週くらいにネイションズを経験していたおかげですんなりと入っていけました。
ただカードテキストなどは専門用語が多いのでゲーム中に質問をよく交えながら進行。
その都度、経験も踏まえて丁寧に教えてくれた持ち主さんには感謝です。


スルージエイジズはコードネームと同じチェコのゲーム作家による古代から現代に渡る文明系の代表的な作品。
名前だけはよく聞いていたなくらいにしか予備知識なかったですが、近年新版として日本語版が発売されたそう。



FullSizeRender

ネイションズのアドバイザーのように指導者を1人持ってこれるので十戒のモーゼ。
シンプルな効果の方が遊びやすくて好き。
とはいえネイションズで時代が変わってもブッダで通して失敗したので変えていくつもり。

相変わらず石や麦など資源がたくさん必要になりそうで序盤は生産の確保へ。
そしてなんとなく獲得していた劇場や建築物がのちのちかみ合ってくれることに。



IMG_2592

ボードトラックには文明、化学、軍事とあり特に文明力は勝利点に直結します。
ロングゲームだと軍事もかなり重要になりそうだったけれど今回はショートルールなのでそこまでといった感じ。



FullSizeRender

次の時代になりモーゼからミケランジェロに文明を託す。
たまたま自分の手番の時にめくられ持ち主さんからダヴィンチと共に強いとアドバイスを頂いたのでアクション3つ分で獲得。

結果的にここからサン・ピエトロ大聖堂に寺院や劇場などと効果がマッチして文明を順調に上げていくことができました。

ちなみに侵略ルールありの時はしっかり攻撃されるようで今回みたくすんなりいかないそうです。



FullSizeRender

他プレイヤーもそれぞれ
レオナルドダヴィンチ
ジャンヌダルク
チンギスハーン

という指導者を付けていて時代の移り変わりを見ていくのも楽しかった。
時間的にはやはり結構かかりましたがプレイできて満足です。



また遊びましょう。







スルー・ジ・エイジズ 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)










にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ