カテゴリ: 自宅ゲーム会


自宅ゲーム会の後半です。
少しじっくりめのイスタンブールの後はお手軽ながら悩ましさもある新作ゲームを初おろししました。
前日に届いてソロプレイをしながらルールを確認したばかりのこちら。




FullSizeRender

8歳から
1〜4人用
30分

4人まで対応のダイスと紙ペンのコンボゲームですが、今回は5人で遊べるようにラウンド数を1つ減らしてさらに3と4のラウンドボーナスを入れ替えて調整しつついざ初プレイ。



IMG_2326


ソロプレイ感が強いのでテンポ的には少人数の方がいい気もしますが人数が多いのも色々な展開が見れて単純に面白いです。

前半はみんなこのペースで得点が本当に伸びるのかという感じからラストラウンド辺りはそこかしこでコンボが起こりこのゲームの気持ち良さがわかってくる。
次はもっと上手くできそうと何回もやりたくなる好ゲームです。


ガンシュンクレバーはソロプレイも楽しめるしお値段もリーズナブルというのもおすすめポイントで、ゲーム後は普段買わない方も欲しがっていたり後日さっそく購入された方もいたりとやはり好評でした。

ちなみにキャンドゥにてホワイトボード化できる透明粘着シートなるものもあるそうなので、紙の減りが気になる人は使えるかも。








チケットトゥライド 

IMG_2328

8歳から
2〜5人用
30〜60分

基本のアメリカと拡張USA1910入りで。
拡張版のチケットにはロングコースやショートコースが新たに加わってます。
チケットトゥライドの5人プレイは盤面も賑やかになり、狙いの路線がとられないかドキドキ感もアップ。

最後のチケット公開まで本当に誰が勝つのか分からないので楽しめます。



FullSizeRender

赤プレイヤーはロンゲストや最多チケットなどのボーナスを取らずとも高得点の列車旅を揃えてお見事でした。
チケットトゥライドは経験値などの差もそれほど感じさせずみんなで楽しめる好作品だと思います。

世界が舞台のレイル&セイルなども遊んでみたい。













モーレア 

IMG_2331

8歳から
2〜5人用
約30分

最後はトロピカルな雰囲気漂うお買い物カードゲーム。
タヒチのモーレア島が舞台です。

開始早々に竹が5枚まで揃ったのであと1枚引くまでパスし続ければ最も効果の高い道具カードを獲得できて手堅いプレイもできたけれど、遊ぶのも3回目なのでちょっと色々試してみました。

モーレアはアートワークも良くてお気に入りにしたい作品ではあるものの中盤までパスが多発しやすくルール的には少し惜しいなと感じていたので、今回ゲームの新たなポテンシャルを見つけ出せればとも思ってましたが印象は同じでした。

シュトックハウゼン流の宝石の煌きみたいな感じで30分ほどでギュッと収束していくキレの良さがあれば定番にもなりえそうな作品だけに拡張か何かで調整されないかな。
なんてことを個人的には思いました。


それでもオルレアンやアルティプラーノなど好きな作品を作ってるデザイナーでもあるし今後も色々試しながら遊んでいくつもりです。


これにてゲーム会終了。
どのゲームも楽しかったです。


また遊びましょう。









こちらから色々なボードゲーム記事が見れます

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


先日は自宅会にて前々から約束していた方や最近オープン会に参加してくれた方など交えつつ、5人で楽しめる作品を選びながら1日ゆったり遊んで来ました。


まずはスシゴーはやったことあるけれどパーティ版は未プレイとのことでリクエストをもらっていたこちらからスタート。 



スシゴーパーティ

IMG_2319

8歳から
2〜8人用
20分

今回のメニューの中でお酒、助六、えだまめ、スプーンは個人的に初めて。
なので新鮮な気分で遊べました。


IMG_2321

他プレイヤーの手札にある欲しいカードを指定してスプーンと交換できる効果もなかなか面白かったです。
早めに使って強そうなカードと交換したいけれど、スプーン自体は得点なしなのでラウンド終盤は他プレイヤーに押し付けるという意味もあります。



IMG_2322

抹茶アイスを4つも食べれてハッピー。
初めて使用したえだまめやお酒もイラストが可愛いしそれぞれの効果も食べる物にちゃんと合わせてあり今回も回転寿司気分で楽しめました。

ちなみにフィルウォーカーハーディングはヤミーワールドというこれまた可愛らしい新作も発表しています。




スシゴーパーティー 日本語版
ヘムズユニバーサルゲームズ株式会社











IMG_2323

10歳から
3〜5人
30〜45分

クニツィアの名作競りゲームの新版です。
皆さん未プレイとのこと。
シンプルなルールですが使用する数字のバランスが絶妙で楽しめます。
さすがクニツィア数学博士。



IMG_2324

ゲーム終了時にステータスを見事に高めた人が勝利となりますが一番散財してると即失格というルールもよく効いてます。
5人プレイも楽しかった。

ちなみに海外でも素敵なアートワークの新版が発売されてます。




ハイソサエティ(日本語版)
ニューゲームズオーダー(New Games Order)










IMG_2325

10歳から
2〜5人用
40〜60分

こちらも今回は5人プレイで賑やかにバザーを巡ることができて楽しめました。
イスタンブールは基本版のみなら思いのほかサクッと1時間ほどで遊べますし、慣れた頃に拡張を足すとよりじっくりゲームとしても遊べます。

ただ経験値に差があるとすぐに勝負がついてしまいやすいので、経験が同じくらいのプレイヤー同士で遊べばより接戦になりスリリングな宝石集めが楽しめると思います。

今回初プレイの方にもイスタンブールの面白さが伝わっていれば嬉しいです。




イスタンブール 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2014-11-24





後半につづく






ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 



先日の日曜は自宅ゲーム会に参加して色々な作品を1日遊んで来ました。
その中でも久しぶりにリプレイできたお気に入りがアレクサンダープフィスターのG.W.T.です



FullSizeRender

遊ぶのはこれで4回目ですが前回からまた間がずいぶん開いたのでざっとルールを確認してからスタート。

牛を集めてカンザスシティから各都市に出荷していくのが目的のじっくり好作品。



FullSizeRender

今回は初めて第11の建物というミニ拡張タイルが投入されてました。
コストが12で得点が25のクリスマス仕様とのこと。



FullSizeRender


久しぶりだしなんとなくカウボーイ路線でゲームを進めてみたものの、今考えるとせっかくなので建築に力を入れてミニ拡張タイルを狙えばよかったかな。
面白そうなのでまたの機会に試してみたい。




IMG_2212


グレートウエスタントレイルはルールを知っていれば、プフィスターらしく複雑な要素も上手いことシンプルにまとめられているのでわりとテンポ良く遊べます。


戦術が多彩で試したいことも多く、一度遊んだことによりまたリプレイしたくなってきたので今度はあまり間が開かないうちに再戦できれば嬉しい。
毎ゲーム、建物を建てる場所によって展開が変わってくるのでそこら辺も悩ましく楽しめます。


G.W.T.はプレイする度にやはり良いなと改めて感じるおすすめじっくり作品です。








こちらから色々なボードゲーム記事が見れます

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


 


ゴールデンウィーク最終日は自宅ボードゲーム会に参加して来ました。
午後に会場に到着してさっそくスタート。
まずはあらかじめリクエストしつつ持参してもらったこちら。




FullSizeRender

日本語版がまた再販されたようでリプレイの機会も増えそう。

ぐるぐる回る歯車が楽しいマヤ文明をテーマにした人気作品で個人的にオールタイムベストに入るお気に入り。
手番ですることはシンプルながら遊ぶほどに奥深さを感じるところがロシアンレールロードなどと一緒で魅力的です。



IMG_2099

ツォルキンはこれまで何気に連勝を重ねていたものの今回は2着で記録はストップ。
最後にマイナス9点を頂戴するなどして全然思っていたより得点を伸ばせませんでした。
建設する建物なんかは次回もっと上手く選んでいきたいところ。
是非またリプレイしたいです。 


最近はツォルキン以外にもエルドラドやアルティプラーノにショコラトルなど中南米を舞台にしているボードゲームでよく遊んでます。
ただの偶然ですが。








IMG_2105

この日のラストゲームは久しぶりのモンバサをミニ拡張入りで。
せっかくなのでミニ拡張の要素として強化された帳簿に初めて力を入れてみました。
結果は帳簿トラックはなんとかマックスまで到達できたものの最終ラウンドの選択を色々ミスり2着。

モンバサはてんこ盛り要素ながら遊びやすくまとめられていて改めて好作品だと感じました。
同じプフィスターのグレートウエスタントレイルもまたリプレイしたいです。


G.W.ゲーム会もこれにて終了。
また遊びましょう。




モンバサ 日本語版
アークライト(Arclight)
2016-09-03






色々なボードゲーム記事もこちらから


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


先日の自宅クローズ会にてグランドオーストリアホテルの次に遊ぶ作品をラインナップを眺めながら皆で選ぶことにしました。
その中でどうやらお一人はアルパカの箱絵が気になるようなので初プレイしてもらうことにしました。


アルティプラーノ

IMG_2084

つい2日前のゲーム会でもプレイしたばかりですが面白いのでまったく問題なし。
むしろ遊べて嬉しい。
個人的には4回目となりやりたいこともだいぶハッキリして来ました。


FullSizeRender

結果は150点台でトップに立ち前回最下位だった雪辱をなんとか果たせました。
やや長期戦になってしまったけれど初プレイの人も気に入ってくれていたら嬉しいです。

初プレイの人がいる時や経験値の差がある場合はなるべくノータイムを目指して自分の手番を早くすることを心掛けてますが今回は少し時間を使ってしまっていたかも。

アルティプラーノは南米の雰囲気もよく最近特に気に入ってます。




ショコラトル

FullSizeRender
続いても南米が舞台。
新たなメンバーも加わりみんなで初プレイ。
クインドゲームズ6番のお洒落なパッケージのショコラトルは家主さん所有ゲームです。
実は以前自分も購入したことがあるものの遊ばず放出してました。
世界観的にはハーディン作品のカカオがちょうど拡張でショコラトルもあり似ている。


FullSizeRender

ゲームの方は競りです。
フェルト作品のストラスブールのようにとにかく競りで進んでいく。
ただ競り方式が3パターンあったり独特の渋い要素もしっかりあります。
ゲーム前にタイブレークが効いて来そうと自分で言っておきながらタイブレークでことごとくやられて完敗。
タイトルになっているショコラトルエリアも結構大事かも。

お手軽に遊べるのでオープン会にも良さそうに感じました。




村の人生

FullSizeRender

ボードゲームをしていると時間が過ぎるのが本当に早く本日ラストゲーム。
初めての方に遊んでもらおうと持参して来ました。
初回でも遊びやすい人生の目的カードを投入してあとは基本版のみです。


FullSizeRender

今回ランダムで引いたのは小説家と歴史家。
歴史家の方は途中ヒヤヒヤしましたが人生の目的は無事まっとうできて一安心。
個人的に目的カード系はこのゲームで初めて出会いその後色々な作品でも見かけるようになりました。
方針も決めやすく達成感もあり好きな要素の一つです。


FullSizeRender

結果は僅差ながら勝利。
村の人生はそれぞれまったく異なる人生を送っていても接戦になりやすいバランスもいいなと思います。
さらに拡張を投入すると面白さもグッと上がるので初プレイだった人にもまた遊んでもらいたい。


次回プレイしたいボードゲームの話なども交えつつこれにて終了。
楽しい1日でした。




村の人生 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2013-07-21






村の人生:酒場 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2013-07-21





村の人生:港町 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-02-15




色々なボードゲーム記事もこちらから見れます

↑このページのトップヘ