カテゴリ: 自宅ゲーム会


ここ最近に自宅ゲーム会などで遊んだボードゲームをいくつかまとめてみました。
初プレイのペアっとやアニマランブル辺りも含む軽めのお手軽作品が中心です。



ハイソサエティ

IMG_2706

クニツィアの競りカードゲーム。
ステイタスタイルを全然買えてないのにお金は減ってしまいトップ争いに絡めず。
色々なパターンはあると思いますが何回か遊んだ感触では高得点タイルと倍2タイルの組み合わせのみで勝つのをよく見てます。



IMG_2775

後日再びリプレイ。
今回は前半から積極的に競りに参戦してタイルを獲得していくもあっという間に終了トリガーとなりその時点で散財し過ぎて失格。
ハイソサエティはなかなか狙って勝つのが難しいけれどサクッと遊べて面白いです。

ちなみに色々なバージョンもあります。





ハイソサエティ(日本語版)
ニューゲームズオーダー(New Games Order)










ペアっと

IMG_2708

可愛らしいイラストの動物カードゲーム。
神経衰弱みたいな記憶系とカルタのようなペアっとルールが交ざったゲームでしたが、なんと5人全員一度もペアっと!と宣言する場面が来ないままゲーム終了。
ずっと機会をうかがっていたので残念。




アンコール

IMG_2709

ブラント夫妻のダイス紙ペンゲーム。
これまでの経験では後半はダイス運頼みの展開になることが多い。
今回も2人ほど終了トリガーにリーチしている中、自分も密かにいい目さえ出れば2色コンプリートの状況でしたがダイスの女神は微笑んでくれませんでした。
わいわい遊べます。





アンコール
Schmidt Spiele







イリュージョン 

IMG_2765

ウォルーシュ作の色の割合順に並べるカードゲーム。
リクエストをもらい同じメンバーで2回目。
今回も絶妙なイラストにまんまと引っかけられたりとデザイナーの思うツボに。
全員リーチの状況になり接戦を楽しみました。





アニマランブル

IMG_2778

チーム戦で遊べる動物のナワバリ争い。
コマはとても可愛らしいので攻撃とのギャップもあり。
それぞれカードを仕込んでからアクションしていく流れはコルトエクスプレスっぽさを感じました。
ペア戦なので4人ゲームかな。
サクッと遊べます。




ジャンクアート

IMG_2786

ガラクタアーティストとなり世界ツアーをまわりながらファンの獲得数を競う積み木ゲーム。
今回は高さ比べやスピードがモノを言う都市など4ステージで珍プレーが巻き起こり大いに楽しめました。

ゲームはホームタウンでファンを大量獲得できたおかげで嬉しい勝利。
ちなみにホームタウンは逆転要素が十分あるので使用する時は最終ラウンドに設定するのがおすすめです。



お手頃なプラスティック版もあります。



ジャンクアート 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2017-07-30






ロレンツォイルマニーフィコ

IMG_2687

ルチアーニが共作で手がけているツォルキン、マルコポーロの旅路、グランドオーストリアホテル、ロレンツォという流れは好みのツボです。
ロレンツォもクセになる面白さがしっかりあるお気に入り作品。
秋の新作ニュートンも購入したい。















ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


連休は猛暑ということで外に出るのはほどほどにして自宅ボードゲーム会でたくさん遊んできました。
まずは未プレイで遊びたがっている人がいたのでステンドグラスを作る綺麗な作品のこちらから。


サグラダ

IMG_2568


ランダムに配られる4面の窓タイルから今回は難易度4の窓を選択。
毎ゲーム目的カードや道具カードもたくさんある中からランダムに3枚づつ選んで遊べます。

もう一つ、個人目的カードもいい得点源になりゲーム終了まで隠し持っておけるので結果は最後のお楽しみ。



FullSizeRender


ゲームはサクサクと10ラウンドまで進み、今回は道具カードも使わず全ての窓を埋めれてステンドグラス完成。
個人目的だったブルーダイスも6をたくさん置けたのでいい得点が取れました。


サグラダのようなアートワークのいいゲームは遊んでて楽しい。





ハイソサエティ

IMG_2581


クニツィアの競りカードゲームの新版。
中盤あたりであっさり3枚目の赤枠タイルが出て終了トリガーが引かれる。
このタイミングばかりは読めません。


FullSizeRender


一方は得点が一番高いものの所持金最小で失格となり、もう一方は×2のボーナスタイルのみ。
ということで8点だけのラッキーな勝利。


計画通り狙って勝つのはなかなか難しく、みんなが勝てるチャンスもあるよう数字やルールのバランスも見事なハイソサエティでした。
プレイ時間もお手軽でルールもシンプルなのでこれからも活躍してくれそう。






ハイソサエティ(日本語版)
ニューゲームズオーダー(New Games Order)






ニューロストレガシー

IMG_2579


お手軽なカードゲームと聞いて1プレイさせてもらうも、もう一つルールを把握する前にサクッと脱落してしまいました。

個人的にカードごとにテキストを読まないといけないゲームはあまり得意でないです。



その他、クアックサルバーやビブリオスにつづく。








金曜夜は家族で自宅ゲーム会に参加してコンコルディアを始め色々な作品で遊んで来ました。
次の日はみんなお休みということでゆったりと時間も気にせず楽しめるのはとてもいい。


最初がじっくり系だったので軽めのゲームでもということでこちら。 



IMG_2562

6人まで遊べるブラント夫妻の紙ペンゲーム。
ガンシュンクレバーより簡単めですがダイスを振ってチェックを入れていく流れは似てます。

同色コンプリートを2つ誰かが達成した時点で終了して得点計算へ。
個人的に遊ぶのは2回目です。



FullSizeRender

便利なビックリマークアイコンを早々に使い果たしてしまい後半はダイス運に賭けていたところ、なんとか願いが通じて2色コンプ達成で25点フィニッシュ。



FullSizeRender

まずまずの結果。

アンコールはダイスじゃらじゃら振るごとに皆で一喜一憂できるのでわいわい楽しく遊べました。

後半にいくほど低いダイス目が欲しくなるのが特徴です。






アンコール
Schmidt Spiele







コンセプト

IMG_2563

10人以上でも遊べるお題当てコミュニケーションゲーム。
ディクシットやコードネームピクチャーのように感性からひらめきを導くようなフランスあたりで人気が特に高そうなジャンルです。

久しぶりにやりましたがヒントを出すのはなかなか難しいものの当ててもらったり当てたりすると気持ちいい。
アイコンの特徴やヒントの出し方のコツを掴むにはやや慣れが必要です。


個人的には多人数だとゲームに参加しきれない人も出やすいと思うので、むしろ気の知れた少人数向きにも感じますがハマる人にはとても楽しめる好作品だと思います。


ちなみに感性やひらめき系で最近の一押しは適当なカンケイでとてもおすすめです。






コンセプト 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2014-07-20







ケルトタイル

FullSizeRender

クニツィア作品のケルトはドイツ年間ゲーム賞も受賞していてダイス版やカード版などバージョンも色々。
今回、ボードのないタイル版を初プレイさせてもらいました。


簡単なゲームながらクニツィアらしいちょっとしたジレンマあり、みんなが勝てるような運要素ありでサックリ楽しめました。










子供たちも仲良くお風呂入って歯磨きして就寝していたので、もう少し深夜の大人ゲーム会をすることに。




コルトエクスプレスに続く









ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


 


金曜夜は仕事終わりに家族で知人宅にお邪魔して、まったりボードゲームで遊んで来ました。
子供同士も一緒に遊べるということで喜んでくれるし、大人同士もゲームで楽しめる素敵な環境です。

まずは挨拶代わりの定番になりそうなこちらのお気に入り作品から。



IMG_2514

前回の初プレイ時は様子見だったのもあり砂時計なしで遊びましたが、今回はちゃんと90秒以内でカンケイ性のあるペアを見つけていく。

けっこう焦るけれどやはり砂時計ありの方がテンポもいいし、ゲーム性にマッチしてとてもいい感じ。



FullSizeRender

ゲームは同じメンバーでの2回目ということでみんなと意思が通じ始めたのか、協力ゲームのようにバンバン同じペアができる展開に。

意外にじっくり関係性を探すより砂時計にせっつかれて最初のインスピレーション通り慌ててペアを作ってる方がいいのかも。


個人的には初めの腐ったリンゴ(半端の1枚)以外はすべて一人きりにならないほぼパーフェクトに近い上出来な内容でびっくり。
誰かと合うとほんと嬉しいゲームです。


相変わらずの面白さ。












ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


先日は自宅ゲーム会にて午後から新作を中心に色々遊んで来ました。
まずは挨拶も兼ねて皆の感性を探り合うこちらの持参ゲームからスタート。



適当なカンケイ

IMG_2478

毎ラウンド11枚ある写真カードから適当なカンケイ性を見つけながらペアを作っていく。
他のプレイヤーとペアが一致するほどに得点もアップ。

ポイントは90秒の砂時計で進行するため、じっくりカンケイ性を見つけている暇がなくまさに適当なカンケイペアが出来上がり盛り上がります。



IMG_2479

前回も他メンバーで同じような光景を見ましたが、今回も女子二人がパーフェクトで一致するという女同士の繋がりを見せつけてくれました。
なので途中からそちらに寄せてみることに。
4ラウンドあるのでだんだん皆の感性の傾向がわかってくるのも面白いところです。

双子とかがやったらすごく強そう。



FullSizeRender

パッケージになってるハリネズミとサボテンも発見。
ハリネズミ可愛すぎる。

適当なカンケイはまた8人とか多人数で遊ぶのも楽しみです。





Welcome to…

IMG_2481

こちらも持参ゲーム。
最近はクアックサルバーやガンシュンクレバーと共によく持ち歩いてます。
自分以外はみなさん初プレイなので楽しんでもらえれば嬉しい。

テーブル中央に番地と効果のカードセットが3種類あるのでいずれかを選んで個人シートに書き込んでいく流れ。
ゲームが各プレイヤー同時進行で待ちが少なく、いくら多人数でも大丈夫なところも素晴らしい。

バリアントルールもあり。



FullSizeRender

今回は減点もされつつ94点。
トップの方はお二人98点とお見事でした。
ちなみに同点の時は住宅地の数が多い方で、それでも同じなら1区画の住宅地数、2区画の住宅地数と差が出るまで比べていきます。

終了トリガーが3種類あるので単純に得点比較はできないけれど、まずは100点くらいを目指してみようかな。


ここでじっくり作品のパルサー2849を挟んでいたらすでに夜も遅くなって来た。
最後は簡単に終われるこちらのゲームで締めることにしました。




ごいた

IMG_2493

石川県の能登発祥の伝統ゲームで本来は将棋の駒を使用して遊ぶみたいです。
色なしなのでやや見づらいけれどルールを聞いていざスタート。

ごい牌セットはひとつ彫ってもらった頂き物があるし、以前何回か遊んでますが正確なルールは忘れてました。
対角線のプレイヤー同士がペアになるチーム戦形式なのが特徴です。



FullSizeRender

最後になんとか上がれて150点到達。
少しでもパートナーに貢献できてよかった。

最初から「し」をたくさん持ってると特別な上がり手もあるようです。


午前0時前にゲーム会も終了。
相変わらずあっという間でした。



また遊びましょう。









ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ