カテゴリ: 国別テーマ


日本が舞台になっているボードゲームは国産はもちろん海外版でもよく見かけます。
今回は和の雰囲気が溢れていて特に遊んで印象深かった作品をいくつかピックアップしました。



忍者刀

IMG_2081


忍者に刀とまさに日本独特のテーマで海外の人にもおそらく喜ばれそう。
デザイナーも向こうの人。
12世紀の日本が舞台で平家に源氏、後白河上皇の三勢力が競っていた時代に忍者となり暗躍していくワーカープレイスメント。
アクションで使用する手裏剣コマもいいし、ボードデザインがまた素晴らしい。

流通の少ないのが惜しいところで一度だけ遊ばせてもらいそれっきりですが、アートワークの美しさや魅力的なテーマが気に入っているのでいずれ入手したいなと思ってます。






枯山水

IMG_0870

一時期ブームになりニュースなどでも特集されていた和のテイストをふんだんに味わえる国産作品。
徳を積みながら美しい日本庭園を作っていきますが、なんといっても石のこだわりコンポーネントが一際目を引きます。

プレイしたのはずいぶん前に一回きりなのでまた機会あれば遊んでみたい。




枯山水 新装版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)







IKI 江戸職人物語

IMG_0022

枯山水と同じ山田空太という日本の方がデザイナー。
江戸の日本橋を舞台にたくさんの職人を雇いながら粋を高める。
定期的に起こる火事がありランダムに発生するので時には運に任せることも。
3回くらいはプレイできてます。
豊富な職人カードが用意されてることからどことなくアグリコラ感も少し感じました。

一度海外の人から日本のゲームを教えてほしいと問い合わせが来た時、街コロはすでに知っているだろうからIKIを紹介したことも。

パッケージが素敵です。








すきもの

IMG_1196

街コロと同じグランディング作品。
江戸時代に商人となり茶器の目利きから売買によって利益を出していく。
判断力のスピードも要求されるところなども良くできていて面白かったです。
遊ばせてもらったのはずいぶん前ですが2戦2勝したこともあり印象も2割り増しになってます。





すきもの
グランディング





ちなみに国産ゲームが中心になりましたが海外作品も色々プレイしてます。


ニッポン 明治維新

IMG_2853




ニッポン:明治維新 (NIPPON)
Bizarro Sentieiro & Paulo Soledade Nuno






東海道

IMG_2993







などなど。
その他にもたくさんあるのでまた和風ボードゲームでも遊んでいきたいです。



こちらから色々なボードゲーム記事が見れます
にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


これまでインドが舞台のボードゲームも色々遊んでいるので近年の作品を中心にいくつかピックアップしてみました。
ムガル帝国やタージマハルなどは魅惑的なテーマでこれまでよく見かけます。


アーグラ

FullSizeRender

コンポーネントぎっしりの大作なので長時間プレイをあらかじめ覚悟して一度遊ばせてもらいました。

その様子はこちら→アーグラを初プレイ



FullSizeRender

ちなみにチケットトゥライドのインドマップにもしっかり観光名所のアーグラはあります。
遊んだことのあるボードゲームの国名地名を地図やテレビ番組などで見かけるとなんか親近感も湧きます。


IMG_0851

見た目は立体コンポーネントやメインボードが壮観だし、内容も瞑想やカレーなどインドらしい要素まであり盛りだくさん。
ゲーム自体はとても面白かったので願わくばプレイ時間が2時間程度で収まるよう少しコンパクトにブラッシュアップされれば何度も遊びたくなるお気に入り作品になりそうと個人的には感じました。

経験者同士で慣れてこればどんどんプレイ時間は短くしていけると思いますがやはり初回はルール説明も含めて長めのじっくり作品です。







IMG_1103


村の人生でお馴染みのブランド夫妻の現時点での新作ということで購入。
これまで3回ほど遊んでいます。
上級ルールも試しましたがそこまで大きくプレイ感が変わるものでもなかった。
インドテーマのゲームらしくゾウのコンポーネントがあったりガンジス川で交易したりできます。


IMG_1388


個人的にはそこまでハマりはしなかったものの中量級寄りなのでオープン会などでも遊びやすそうに感じました。
トゥーリアの踊る塔といいブラント家は子供たちを含め家族でボードゲームを作ってるからかファミリーでも遊べそうな優しめのじっくり作品を近年発表している印象です。







ケララ


IMG_0705


インドの街ケララでのゾウ祭りがテーマになっていてオーストリアゲーム賞も獲得してます。
お手軽に遊べるライトな作品でゾウのコンポーネントがとても可愛いです。

しばらく出してなかったのでまたオープン会にも持参したいと思います。






その他、インドを舞台にしているボードゲームは
ムガル
ジャイプール
サフラニート 

なども遊んだことがあります。
見たことないけれどヨガとかがテーマでもなんか面白そう。







南国系のトロピカルな雰囲気のボードゲームも個人的に好きなジャンルの1つ。
これから夏に向けてまたリピートしていきたい作品をいくつかピックアップしてみました。



ハワイ

IMG_1487

ハンスイムグリュック社のじっくりワーカープレイスメント。
木コマも貝やフルーツに移動用の裸足コマなどあり雰囲気がとてもいい。
古代ハワイが舞台となっていてフラダンサーやサーファーなど南国ムードな世界観も面白く、ゲームの方もシンプルながらやり込みがいがあるお気に入り作品です。


日本で流通が少ないのが惜しい。







バヌアツ

IMG_1242


クインドゲームズの美しいパッケージ。
舞台は南洋にあるバヌアツ共和国で魚を釣ったり観光客用の売店を建てたりします。
こちらは未所持ながら2回遊ばせてもらっていずれも運にも恵まれ勝利できているので印象も二割増しで良いです。



IMG_1243


マリンブルーの盤面にピンクの魚などとても綺麗で癒されますがゲームの方はなかなかシビアな展開に悩まされます。
アクションの取り合いにより場合によってはギスギスしそうなところをほのぼのとした南国感により中和されてバランスが取れてるのかも。



IMG_0796


ウミガメコマも素敵でした。
同封されている拡張は未プレイなので機会あれば遊んでみたいです。








ボラボラ


IMG_1119


シュテファンフェルトの作品でタヒチのボラボラ島が舞台。
一度遊ばせてもらってます。


IMG_1127


細かいところは記憶が曖昧になってますがアクションはこれまたバヌアツのようにシビアな取り合いになることも。
古代南国系はこのシステムがテーマの世界観に合うのかも。
フェルトらしくルール量が多めなので間隔を開けないうちにもう一度くらい遊んでみたかったです。






タバルア

IMG_0180


ハートの形をした観光スポットとして知られるタバルア島でサーフィンする作品。



IMG_0178


サーフィン中のミープルがとても可愛い。
輸入版を1年ほどルール未確認で、購入したものの積んでいます。
今年こそはGoogle翻訳の力を借りてルールを和訳しつつゲーム会でもお披露目したい。


他にも未プレイでは
サンタクルーズ
バリ


など南国系ボードゲームもたくさん遊んでいきたいです。


ではまた


にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


中世あたりのヨーロッパを舞台にしているボードゲームはたくさんありその中でも近年フランスが舞台の作品をよく遊んでいるのでいくつかまとめてみます。
イタリアと共に好みの国テーマなのか所有数も7,8個ほどありました。


オルレアン

IMG_1902

中世フランスの街オルレアンにて有力貴族となり影響力を高めていきます。
ぱっと見の盤面のイメージがややごちゃっと感じてたものの、実際プレイしてみたらとてもテンポよく遊べてスッキリしていて評判が良いのも納得でした。
まだ購入して浅く3回くらいしか遊んでいないので色々な作戦を試したくなります。
アクションに使用できる丸チップを獲得して増やしながらそのチップを毎ラウンド袋からランダムに引いていくのが特徴で面白い。


同デザイナーの新作アルティプラーノもしっかりこのシステムを継いでます。
個人的にはより洗練されたと感じるしテーマも南米やアルパカと新鮮で新作の方がさらに好みでしたがオルレアンもこれから何度もリピートしていきたいと思える名作だと思います。



オルレアン 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2015-09-05





トロワ

IMG_0307

こちらも中世フランスの街トロワにて有力者となり影響力を高めるというオルレアンとテーマは近い。

大聖堂の建設などの宗教
職人などの経済
貴族による軍事力


この3方向からバランスよくゲームを進めるのがポイントのダイスマネジメントですが、他プレイヤーのダイスまでお金を払えば使えてしまうのが特徴になっていて悩ましい。
そういえば毎ラウンドごとにイベントが発生するところも時代背景なのかオルレアンと同じです。

初プレイの時は中盤までは圧勝しそうな勢いだったもののボーナスで付いていた一枚のイベントカードによって手痛いダメージをもらい逆転されてます。


拡張のトロワの淑女たちも先走って購入したもののこちらはまだ未プレイ。
とはいえじっくり長いこと楽しんでいけそうな作品なので出番が来るまで温存しておきます。










ストラスブール

FullSizeRender


中世フランスの都市ストラスブール。
貴族や教会の他にギルドという職人組合が当時の議会を支配していたので自分の一族をギルドに送り込みつつ影響力を高めるフェルト作品。


ルールを確認している時からよくできていて面白そうだと感じました。
とにかく競りによりゲームが進行していくのでわいわい会話も交えつつ楽しめるしそれぞれの目的カードがあるところも好みです。


プレイ時間も長くなり過ぎず中量級寄りで競り要素を満喫できる良作品だと思います。








ブルゴーニュの城

FullSizeRender

ストラスブールと同じくステファンフェルトの人気作品。
15世紀あたりの古城の宝庫であるフランスのロワール渓谷が舞台。
トラヤヌスをはじめフェルトも面白い作品が多くて注目してるデザイナーです。


ブルゴーニュというとワインを連想しますがゲームの方は領地を発展させていく内容。
ダイスをやり繰りしていくところはトロワにも通じますが毎回個人ボードを異なるマップに変えて遊べるのでリプレイ性も良いです。







カルカソンヌ

FullSizeRender


世界遺産にも登録されているフランスの要塞都市カルカソンヌ。
進撃の巨人もこの街が舞台になってると言われてます。
タイルを配置していきながら道や都市、教会などを作っていき終盤に向けてどんどん街が完成していくのが楽しめる。


ボードゲームを遊びはじめた頃によくプレイしていた定番人気作品で拡張もたくさん発売しています。







Carcassonne, Big Box 2017
Schmidt Spiele Gmbh






6E688FC3-B44B-4C32-9BEB-BE39891F7124


ルイ15世がフランスを支配していた頃の華やかなロココ様式時代。
大舞踏会に向けてドレスなど衣装をせっせと仕立てるマティアスクラマーが共作で名を連ねている作品。


5人まで対応していてプレイ時間は結構な長さがかかりますが雰囲気などとても良くこれまで何度もリプレイしてるお気に入り。
同デザイナーのダイナスティと共に後手番の補填がないところは少し調整して欲しいものの満足度の高いじっくりゲームです。



ロココの仕立屋 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2014-09-06





パフューム

IMG_1760

香水の産地で有名なフランスの街グラースにてアロマの調合師となり成功を目指す。
どことなくロココの仕立屋にも似た雰囲気でデザイナーはフレスコと同じ人です。
ゲームとしては中量級くらいでわりとあっさりと遊べるのでテーマを楽しみながら香水づくりができます。


その他、未プレイで思いつくのはローゼンベルクのルアーブルやブラックなテーマのブラッディインなどフランスが舞台のボードゲームもまだまだたくさんありそうです。



ではまた



ル・アーブル コンプリートパック 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-04-12





ブラッディ・イン 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-12-16






にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


古代南米では黄金郷伝説や天空都市など独自の神秘的な文明が栄えていたのもありボードゲームのテーマにもよく使われています。面白い作品もたくさんあるのでいくつかプレイした南米舞台のゲームをピックアップしてみました。



IMG_1753

アンデス山脈の高原が舞台のアルパカ推しゲーム。オルレアンと同じデザイナーの新作で2018年日本語版もアナウンスされました。2回ほど遊びましたが個人的にエッセン2017の中で今のところ一番お気に入りです。


オルレアンと共にまだまだ遊んでいきたい。




Altiplano
dlp games





マチュピチュの王子

IMG_0981


インカ文明の天空都市が舞台のマックゲルツ作品。ゲルツ作品の中では流通も少なめで評判もそこそこ程度ですがゲーム中はロマンもあり面白いです。


数回プレイして少し気になるのは得点の入り方が山札からめくって手に入れるカードからのみなので長い時間かけて濃密に楽しく遊んだわりには結構めくり運で勝敗が決まりやすいと感じました。


ただエンディングが展開によって2パターンあるのでそこも面白いです。カードにある黄金の数が一番多いと得点が3倍になるなどスペイン人が黄金を求めて来ているテーマにも合わせてあります。


パッケージも豪快で世界観出てます。






オリノコ川の黄金
IMG_0042

南アメリカ大陸ベネズエラが舞台で黄金を求めて探検をするというロマンあるテーマの作品。


流木をうまく渡りながら黄金を集めていくのが目的でHABAらしくお手軽に遊べます。


IMG_0134

ちなみに北米のクロンダイク川で黄金を集めるゲームもHABA社から出ていますが現在国内での入手は難しいようです。


南米舞台で黄金郷テーマといえばインカの黄金。あとライナークニッィアのエルドラドですがまだ未プレイなのでこちらも機会があれば遊んでみたい。






エルドラド
Ravensburger
2017-08-01




カカオ

IMG_0325

スシゴーパーティやクマ牧場などと同じハーディン作品。拡張を投入するとカカオの栽培だけでなくチョコレートバーも作れます。


アルティプラーノにも出てきますがカカオも古代から南米では重宝されていたようです。さらに新たな拡張では黄金が出てくるのでそちらも欲しいところ。








他にも南米たくさんありそうですが未プレイで気になっているのはツォルキンの続編といわれるテオティワカンやクラマー&キースリングのクスコあたりです。



せっかくなので中米の作品もいくつか。



IMG_0389

グァテマラあたりの古代マヤ文明を舞台にしたとても好きなじっくり作品。インカとマヤ、アステカあたりは混同しやすいですがどれも魅力的なテーマです。



キューバ

140A5E97-9EFD-4A03-831D-402833BA5C60

カリブ海でラム酒やタバコなど生産加工して交易したりと雰囲気も良く面白かった作品です。



プエルトリコ

IMG_4555

こちらは名作といわれる有名な作品。発売当時はまだじっくり重量級は少なかったようです。


他にもジャングルを探検するコスタリカなどまだたくさんありますが今回はこの辺で。



ではまた



にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ