カテゴリ: マックゲルツ


後半は特に気に入っている作品が続きます。
大航海時代が舞台のナヴェガドールや古代ローマ帝国時代のコンコルディアは共に10回くらいはリプレイできていて自分のオールタイムベスト入りにとても近い作品です。



ナヴェガドール

IMG_0006


ポルトガルから東方の香辛料を求めて長崎を目指すゲームでロマンが溢れてる。
最初の3回はなかなか勝てず全て2着だったのを覚えてますが、4回目の初勝利からは現在までずっと連勝中と相性がいいです。
ロンデルのおかげかあまり悩むことなくずんずん手番もこなせるのでメンバー次第では5人プレイでも2時間かからないのも好印象。


IMG_0779


ミニ拡張タイル入りではさらにテンポが良くなり展開にも変化が出て面白かった。
ボード上にある丸いところがロンデルでアクションマスに止まりながらぐるぐる回るだけです。
ゲーム終了トリガーが引かれてから全ての得点が一気に入るので決算を見守るのもドキドキ楽しめます。









IMG_0239

初めて遊んだマックゲルツ作品。
地中海沿岸を舞台に資源を産出しながら発展を目指すと古代ローマの神々から恩恵をもらえる。
多少カードにテキストがあるので最初はもうひとつ自分の好みでなかったものの3,4回めくらいからしっかり面白さにハマりました。
拡張のサルサも2回ほどプレイさせてもらってます。
最初の頃は経験者の方にはなかなか勝てなかったけど慣れてきたらナヴェガドールと共に勝率がよく相性のいいゲームです。

多少待ち時間がかかるもののゲルツの作品は5人プレイの絡みが多い状態で遊ぶのが面白く感じます。
ヘビーローテションこそしてないもののずっと長く遊んでいきたいと思える名作です。




コンコルディア 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)





コンコルディア拡張 サルサ 日本語版
ニューゲームズオーダー(New Games Order)








IMG_1378

現時点でのゲルツ新作でコンコルディアのようにロンデルではなくカードでアクションしつつ手札を回していく。
汽船会社を経営していく海洋貿易をテーマにした作品。
今までのようなメインボードがないのはとても残念に感じましたがコンポーネントのカードやお札などの質は自分の知っている範囲で過去最高に良かったです。
プレイ時間は過去作よりやや軽めで船を購入して出航できるロマンはありました。

願わくばいつものような美しいマップボードを復活させたブラッシュアップ版が欲しいです。
ゲームとしては十分楽しめます。



ちなみに唯一インペリアルだけはかなり長そうというのもあり個人的にまだスルーしてる状態です。


ではまた











にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


マックゲルツの作品はコンコルディアやナヴェガドールをきっかけにしてその面白さにハマっていきました。
ロンデルというアクションを選択するシステムが有名で、ゲームがシンプルながら奥深いのも特徴です。


 
古代2

IMG_0243

古代の地中海沿岸を舞台にそれぞれ発展を目指す。
3回ほどプレイしていますがゲルツのロンデルシステムによりスムーズに遊べました。
特に5人プレイでは盤面も賑やかになり楽しかった。
軍事力などを発揮する場面もありますが大理石など資源を産出したり神殿を建てたり経済の発展からも勝利を目指せます。
戦績は2勝1敗かな。




古代
PD-Verlag、eggertspiele





ハンブルグム

IMG_1158


ドイツの都市を舞台に教会に寄付をしたりしつつ町の復興を目指す。
コンポーネントが凝っていて鐘があったり素材までレンガのようなコマがあったりと面白い。
こちらもロンデルで進行します。
初プレイの時は手番が最後になり誰かが条件達成した瞬間に自分だけ一手番少なくゲーム終了。
その分があればトップに届いただけに残念でした。



IMG_1173

二戦目も勝てず。
得点の入り方がゲルツ独特でのちのコンコルディアのようなかけ算方式になってます。
プレイ時間も2時間に収まるのでまた遊んでみたいです。
ちなみにボードはリバーシブルで裏はロンドン仕様。
マックゲルツの中では一番マイナーな作品かも。








マチュピチュの王子

IMG_0588

南米が舞台のボードゲーム記事でも登場しましたがこちらもゲルツ。
丸いロンデルマスこそないものの盤面をロンデルのように移動してアクションしていきます。
3回くらい遊んでますが全て2着だった気がします。
テーマのロマンがあるのでゲーム自体はいつも面白かったです。
拡張なんかでもう少し得点要素のバランスが調整されないかな。






後半につづく







にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

↑このページのトップヘ