カテゴリ: 児童館


児童館でのボードゲームクラブも2期メンバーとなり今回が2回目の開催となりました。

館内のスタッフさんや低学年の子の親御さんも参加してくれているものの、基本的に講師は自分一人なのでなんとか見れる範囲でメンバーは15人。

本当は2,30人くらい入れてあげたいところですが、この辺りはあまり無理をしないようこれまでの経験で調整してます。

ちなみに対象の年代は前回と同じく小学1年から6年までまんべんなく参加してくれているのでなかなか幅広い。



IMG_3965



ゲームに関しては児童館に来るようになった3年前から大きくラインナップは変えず、軸になるゲームはあえてずっと同じにしてます。

大人はともかく子供たちには1回遊んではどんどん次の新しいゲームでという風にはしたくない思いがその一因です。

結果的にも皆、まだまだ遊びきれないくらいの感じで気に入ったゲームを繰り返し遊んでくれていていい感じ。

もちろんメンバーの状況も見つつちょこちょこゲームの入れ替えや補充もしてますが。
最近ではもう少し低学年向けのものがあるといいなと思い、そこら辺を次回に向けて補充しておきました。



IMG_3966


子供たちそれぞれの好みもありますが、だいたいアクション系が鉄板なのは王道として、少し考える系にどんどんハマっていく子が多いのもゲーム会をしていて感じます。




IMG_3967


街コロや宝石の煌きはずっと人気。
この2つは大人が遊ぶ作品としても面白く、少し慣れれば子供でも対等に勝負できるのも素晴らしい。

最近は持参してないけれどカタンやチケットトゥライドも、あると高学年の子供たち同士で夢中になって遊んでました。






宝石の煌き 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-07-18






IMG_3968


前回、初めて街コロで遊んだ3,4年生グループは到着するなり再び街コロへ一直線。
今回は拡張プラスも投入するとはりきって遊んでました。





街コロ (Machi Koro) ボードゲーム
グランディング(Grounding)
2012-05-13






IMG_3969



そして最近恒例になりつつある、ゲーム会後に職員さんたちと軽く遊ぶ憩いのひと時。
前回おすすめした「ガンシュンクレバー」は館長さんがさっそく購入されてました。(嬉しい)

今回は「ナンバーナイン」をおすすめしようと思っていたら、職員さんの方から興味を持ってもらえて4人で一戦。

さっくり遊べて楽しかったです。
次はまた違う系統の「イリュージョン」辺り持参してみようかな。


次回は7月開催です。










毎月児童館で開催しているボードゲームクラブも5月からメンバーが新しくなりました。
今回募集したのは小学1年から6年までの15名で低学年の子は家族と一緒に参加可能です。

昨年開催していて低学年の子たちはまだ子供たちだけで遊ぶのは難しく、つきっきりになってしまうので児童館に提案してみました。

結果的には兄弟姉妹や親御さんと一緒に遊んでる姿は微笑ましく、この流れで家でも普及していったりととてもいい感じです。

高学年の子たちは気になったゲームを積極的にどんどん遊んでくれてます。


では5月開催のリポートです。



IMG_3927


「街コロ」

間違いない鉄板の人気ゲーム。
ここのグループは3,4年生で、まずは基本のみで初プレイ。
みんなゲーム中もどんどん気になったことを質問してくれて夢中です。

ちなみにここの児童館では子供たちが以前手作りした街コロもあるとか。

今年もヘビーローテションで活躍しそう。






街コロ (Machi Koro) ボードゲーム
グランディング(Grounding)
2012-05-13






IMG_3928



「ジャンクアート」

自分のは持ち運びがなかなか重い木製版ですが楽しいゲームなので持参してます。

選んだ都市ごとにルールが変わるのが特徴の積み木系で、この時は高さがポイントになる「東京」で遊んでもらいました。

微妙な判定の時に使えるメジャー付き。

よく遊ばれるゲームなので、どの都市でもすんなりルールを説明できるよう頭に入れておかねば。(アイコンだけではややわかりにくい)



そういえば今回のクラブメンバーには以前自分が開催していた「treeボードゲーム会」に来てくれていた子たちもちらほらいて嬉しい。






ジャンクアート 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2017-07-30







IMG_3929


「バウンスオフ」

こちらも子供系のゲーム会では不動の人気。
小さい子でも遊べる簡単ルールがいいです。

クラスクやくるりんパニックとか見た目も楽しい簡単アクション系をもう少し補充しようかな。





バウンス・オフ! CBJ83
マテル(MATTEL)
2016-05-15







IMG_3930



「ナインタイル」

ルールが簡単なパズル系もと思い、新たに補充したゲーム。
同じようなテイストの「フォールドイット 」も以前遊ばせてもらってよかった。

さっそく遊ばれてました。








写真があるのはここまでですが他にもたくさんのゲームが登場してあっという間に初回が終了。職員さんが用意してくれた名札もいい感じでした。



そして、アナログゲームで遊ぼうの後に児童館の職員さんや子供も交えて「ガンシュンクレバー」を一戦。
おすすめの紙ペンゲームということで持っていってました。


みんなこのタイプのゲームは初めてでしたが好評で、特に館長さんはすぐに日本語版を購入されたほど気に入ってくれてよかった。
今度は「Welcome to…」も持って行こうかな。









ちなみに日本語版は「ガンツシェーンクレバー」というみたい。
微妙な発音をカタカナにするのもなかなか難しそう。



6月分も一緒にまとめる予定でしたが今回はここまでにしておきます。





毎月講師として行っている児童館からG.W.期間中も1日来て欲しいと依頼を受けたので、色々なボードゲームを持って体験会を開催して来ました。



IMG_3887



中には新たに児童館で購入したのか職員さんの私物か、いくつか気になる作品もあり見せてもらいました。

上の写真はコリドールのキッズ版。
通常よりマス数が少ないとのことですが、チーズを取り合うねずみたちというテーマもありパッケージと共にとても楽しそうなバージョン。

コリドールはこれまでも子供たちに人気だったのでとても可愛いキッズ版はバッチリだと思います。












FullSizeRender



「キャプテンリノ」

1回目はすぐに崩壊してしまってので再チャレンジするとなかなかの高さまで到達。

ウノみたいにスキップやリバース効果もあり、子供たちもドキドキしながらほんとに楽しそうでよかったです。













IMG_3888



「ウェンディゴのこわい話」

職員さんの持ち込み作品で、遊んだことないというと誘ってくれたのでいざ初プレイ。

場にあるボーイスカウトタイルはすべて微妙に異なるものばかりで同じタイルはひとつもなし。

この中に一枚だけウェンディゴという魔物がボーイスカウト姿で紛れているので、一人がウェンディゴ役をやり、残りのメンバーで推理する協力ゲーム。

具体的には推理メンバーが見てない時にウェンディゴ役が移動させたタイルを当てると成功。
なので記憶力がモノを言います。


実際やってみるとどのタイルも見分けがつきにくく全然わからない序盤戦。
ただ5日以内に見つけるという設定がちょうどよく、だんだんあやしいタイルの候補が絞れて来て最後にウェンディゴを当てることができました。


ちなみにボードゲームにはファミリーで遊びやすいメモリー系が他にもたくさんあります。

にわとりのしっぽ
メモアール
魔法のラビリンス

などなど。









IMG_3890



「宝石の煌き」

児童館に持ち込んでるゲームの中で半年くらい前から一番人気になっている宝石集めゲーム。
宝石トークンにずっしり重みがあるのも好評です。

この日のハイライトとも言えるほど白熱して、終わった後に一緒に遊んでいた親御さんが購入を検討されるのかゲーム名をしっかり聞きに来てくれました。

もちろん子供たちもすぐさまもう一戦やりたいと言ってとても気に入ってくれたようす。

ちなみに職員さんも参加者の方の反応を見て宝石の煌きを児童館で購入したいとのことでした。


これまで4,5年オープン会の方を開催していた経験上でも街コロと宝石の煌きは多くの人に長きに渡り好評だったおすすめ作品。
とはいえ、街コロはともかく児童館で宝石の煌きがここまで受けるのは少し意外でしたが。


この日は写真があるのはこのくらい。
次回5月からは新たなクラブメンバーを迎えてまた一年、色々なボードゲームを紹介していこうと思います。


今回のG.W.開催でフリー参加してくれた子供たちもクラブに入りたいとキャンセル抽選枠に応募してくれたみたいでそれも嬉しかったな。







宝石の煌き 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-07-18





毎月第2日曜に開催している児童館でのボードゲームクラブが先日節目を迎えました。

今回の試みとしては小学生を対象にした固定メンバーで1年に渡りボードゲームを楽しんでもらうことでしたが、感触もなかなか良く引き続き新たなメンバーを募集して5月からまた1年継続することも決定。

またメンバーを見つつ新たなゲームも補充していこうかなと思います。




IMG_3755



まずは少しさかのぼり、2月のアナログゲームで遊ぼうのリポートをざっくりと。

この日は職員さんと次回子供たちに渡す還元品のことも色々話し合ったりしていて、兄弟で参加の子やすでに持っている場合に備えて数パターンのゲームを用意することに。

ちなみに上の写真は候補の一つで北欧版のアナログゲーム(だと思う)の白くまの氷割り。
パッケージもシンプルおしゃれでいい感じ。


見ただけですぐ分かるルールで子供たちも楽しそうに遊んでました。



IMG_3756



ねことねずみの大レースも一年を通して遊んできて慣れたもの。
知ってる子が初めての子に教えてあげる場面を見かけることもあります。









IMG_3757



宝石の煌きは持参しているゲームの中では一番高年齢向きですが、最近子供たちに一番人気があります。

宝石集めというテーマやコンポーネントなど惹かれる部分は色々だとは思うけれど、多少遊びごたえがある方がみんなよりハマっていく姿が後半期は特に印象的でした。
(遊ぶゲームは子供たちが自由に選んでます)


この日もメンバーなど変わりながら終始稼働という状況で、低学年の子にアドバイスをしつつ戦況を見ていても楽しい。




宝石の煌き 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-07-18







IMG_3834



そして節目となる3月の開催。
毎回ダイスを豪快に振ってはキャッキャして喜んでいるのが可愛い。
テンションが上がり過ぎたりして壁に投げたりすると注意はしますが、自分は相当甘い先生だと思います。
それでも子供たちはいい子たちばかりなので大丈夫。









IMG_3836



バウンスオフも還元品の一つに採用されてお目当の子が嬉しそうに持って帰ってました。
必ず毎回遊ばれるお手軽ゲーム。






バウンス・オフ! CBJ83
マテル(MATTEL)
2016-05-15






IMG_3838



少し遊びごたえのあるカルカソンヌも宝石の煌きと共に最近はよく遊ばれてた。
低学年の子も交じっていたのでアドバイスしながら見ていたら、見事な大都市も完成したりしてました。(草原ルールはなし)


この一年の中で遊んだカタンやチケットトゥライドも高学年の子たちには魅惑的なゲームだったようす。
児童館の将棋クラブに入っている子もいるらしく、鉄板のアクション系以外に少し考えるしっかり系も思った以上に需要が高かった印象も受けました。









その他、キャプテンリノ、おばけキャッチ、ウミガメの島、そして相変わらずヘビーローテションされていた宝石の煌きなど。




FullSizeRender



終了時間前には児童館の職員さんから北欧版シリーズの虫カタパルトやハチの巣ゲームと、お菓子を配られてとても嬉しそうな子供たち。

次の一年もまた参加したいと口々に言ってくれてよかった。



そしてゲーム会中もお手伝いしてくれる職員さんたちにもいつも感謝してます。




FullSizeRender



最後に、写真撮っておいてと言われた子供の大都市で第1期を締めくくりたいと思います。
(よく見たら置いてはいけないタイルも交じっているけれど…)





2019年最初の児童館ボードゲーム 会を1月の第2日曜日に開催して来ました。
12月はお休みだったので2ヶ月ぶり。



IMG_3663



クラブ形式となり正式に講師として依頼を頂いたのは今年の3月まででしたが、引き続き4月からも新たに参加者を募集して継続していきたいとのことなのでまた子供たちに色々なゲームを楽しんでもらいたいと思います。



IMG_3664



この児童館では最近マンカラも3つほど購入されたようで、子供たちも児童館のスタッフにルールを聞いて楽しんでました。











IMG_3679


高学年の子に最近人気があるのは宝石の煌きというカードゲーム。
宝石トークンがあるのも魅力的でカードをお買い物していく楽しさもあり、見ている子たちも皆遊びたがっていたのが印象的。
少しルール量はあるのでちょこちょこ様子を見ながらアシストはしました。





宝石の煌き 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2015-07-18







IMG_3676


ねことねずみの大レースは今回もねこの猛烈な追い上げがあり盛り上がってました。
何度も遊びたくなるファミリーゲーム。




IMG_3677



ウミガメの島は多人数で遊ぶほど亀同士の乗っかりっこもあり盛り上がる。
こちらもとてもオススメな作品。








IMG_3678



低学年の子はほっこりと簡単に遊べるうさぎのニーノが活躍。
クニツィアという有名デザイナー作品です。




FullSizeRender



自分も入って3人コリドール。
どのグループの子たちも一緒に遊びたがるので時には掛け持ちしながらゲームに混ざったりもしますが、他のテーブルからの質問なども多く余裕がなくなるので次回からはなるべく子供たち同士で遊んでもらおう。


どうしても年齢差などの関係から子供たちだけではピタッと遊ぶゲームが収まらないこともあるし、4月からは親も一緒に参加できるようにするのも一つの案かなと思ってます。


1月のアナログゲームで遊ぼうではその他もたくさんの作品が遊ばれていて、2時間もあっという間でした。



↑このページのトップヘ