カテゴリ: ライナークニツィア


前半に続いてクニツィア博士の数多くある作品の中からほんの一部ながらプレイしてきたものをピックアップしていきます。

全体的な特徴としては簡単ルールでしっかりジレンマのあるものや競り要素の作品が多めですがややじっくり系も以前遊んでました。



プロスペリティ

IMG_0090


13歳から
2〜4人用
60分〜

70年代から研究により文明が進む近未来まで環境を守りながら都市を発展させていく。
クニツィアとキーフラワーの人の共作。
近未来の建物がどれもユニークでネーミングなど面白いし、普段は古代や中世など過去が舞台のボードゲームで遊ぶことが多いので新鮮に感じました。
環境との調和というテーマも素敵。








ボツワナ

IMG_0260


7歳から
2〜5人用
20分

箱を開けると動物のフィギュアがぎっしり入っているので子供も喜びそう。
ジレンマのあるお手軽カードゲームながらこのフィギュアがあることでゲームの楽しさがグッと増してます。
以前から購入しようと思っている作品。








うさぎのニーノ

IMG_2167

3歳から
2〜5人用

キッズ、ファミリー系の作品もしっかり手がけているクニツィア博士。
うさぎのニーノは子供のファーストゲームとしてもおすすめできる可愛くてほのぼのした温かみのある作品です。


新しいアイデアのために世界中を飛び回っていて数学者でもあるクニツィア博士は、素晴らしいゲームとはみんなが勝つことができて楽しめるものだと考えます。







その他ファミリー系では5歳からのムムム!チャーリーのキッチンなどもあり。






Mmm! (englische Ausgabe)
Pegasus Spiele Gmbh





ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


ライナークニツィアはドイツの有名ボードゲーム作家でこれまで制作してきた作品はとても多く600以上と言われてます。
数学博士号も取得していて数を利用したゲーム作りに長けているのも特徴。

個人的にクニツィア信者というわけではないけれどこれまでプレイしたものはそんな自分でも30作品以上はありました。
軽めのタイプが多いとはいえおそらくゲーム作家の中ではクニツィア作品をこれまで一番遊んでいる気がします。

今回はそんな中からいくつかピックアップ。



マスターズギャラリー

IMG_1531
 

10歳から
2〜5人用
30-40分

クニツィア代表作の一つであるモダンアートのカードゲーム版をルールはそのままに実際の絵画をモチーフにした作品。
上の写真は持ち運びしやすい小箱トラベルバージョンです。



IMG_3887


クニツィア得意分野の競り要素を存分に楽しめるゲームで価値の変動する画家の絵画を競り落としていきます。
ここのところ久しく遊んでなかったですが数年前に芸術センターで開催したボードゲーム会にもハマりその頃よく遊んでました。

またオープン会に持参してみようと思います。










ケルト

IMG_0051


10歳から
2〜4人用
30分

ドイツ年間ゲーム大賞2008を獲得した古代ケルトの紋章をモチーフにしている作品でずいぶん前に一度だけ遊ばせてもらってます。
緑がとても鮮やかで美しく、ボードはありますがカードゲームのような感覚で遊びやすかったです。
見ための雰囲気も良いしルールも簡単なのでオープン会などに合いそう。

2012年リニューアル版やカードゲーム版もあり。











ペンギンパーティ

IMG_3774


6歳から
2〜6人用
15分

クニツィアの中では間違いなく一番たくさんプレイしてるお手軽なペンギンカードゲーム。
イラストが可愛くてサクッとゲームも終わるので子供たちと遊ぶ時やオープン会での時間調整など幅広いシーンでこれまで活躍してます。
おそらく小箱の中では一番ロングヒットして当ゲーム会で遊び続けられてると思います。






ペンギンパーティ (Pingu-Party) 日本語版 カードゲーム
ニューゲームズオーダー(New Games Order)





本当に多作なライナークニツィアですがその他の定番でもバトルラインや交易王など色々あります。



後半へつづく




こちらから色々なボードゲーム記事を見れます

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ