カテゴリ: 2019年まとめ


2019年に初プレイした40作品くらいの中から今年リプレイしていきたいと思っている10選をまとめてみました。


どのお気に入りゲームも昨年はまだ1,2回しか遊べていないのもあり、2020年は特にリプレイを重視した年にしたい。



1. バラージ 
2019年で一番面白いと感じた、ルチアーニのダムを建設して水力発電するゲーム。
何度もリプレイしたくなる魅力がしっかりあると思います。テーマも個人的にツボ。









2. パイプライン 
テーマとアートワークに惹かれて購入。
アップグレードカード購入処理のルールが疑問だったり、共通目標の内容も微妙に感じたりと気に入っているだけに思うことはあれど今年の中ではとても印象深い作品。
好きだけどその辺のバランスで少しモヤっとする感じは「ワイナリーの四季」に似てるかも。(ゲーム感もやや通じるものがある)

ちなみにカードの強弱バランスなんかは自分はむしろ全て均等の方が世界観のリアリティが感じられないしそこはどのゲームでも気にならない。(運要素も含めて楽しみの一つでもあるし)

ただ面白さを損ねていると感じるバランスはやはり気になるかな。(ワインゲームなのにワインを作らず勝ててしまうなど)

とはいえパイプラインはまだプレイ経験も浅いので、楽しみながらこれから色々試していこうと思います。










3. エスケーププラン
自分にとって初のラセルダ作品。
5人全員初プレイにて銀行強盗の脱出劇を楽しめました。
世界観がしっかり作られ表現されている分ルール量は多いけれど、実際やること自体はシンプルめなうえ手番数も3〜5回を3ラウンドするだけ。なのにゲームはしっかり濃密。
これを書いてる現時点で「ギャラリスト」「CO2」もプレイしていますがどの作品も印象はだいたいそんな感じ。
ラセルダ作品はアートワークやコンポーネントのクオリティも高いしゲームも面白い。
初プレイ時は時間もかかりやや大変に感じる面もあるけれど、2回目からはスムーズに楽しめそうだし今年はたくさんリプレイしていこうと思ってます。





4. ブラックエンジェル
「トロワ」デザイナー陣の久しぶり新作で、アートワークの美しいインパクトにも惹かれて購入。
この作品をきっかけにアート担当のイアン・オトゥールが気になるように。
万人受けする作品ではないかもですが、個人的には終了トリガーでキレのある収束を生み出してるところも好み。
ゲームも普通に面白いと思います。
まだ2回しか遊べてないのでもっとリプレイしていきたい。






ブラックエンジェル 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-08-09







5. アンダーウォーターシティーズ
テーマ的には「テラフォーミングマーズ」の海底版とも言える世界観で、都市網など海底移住地作りを楽しめるじっくり作品。
面白かったし、ずっとリプレイしたいと思いつつ気づけば2019年が終わっていた。
昨年は次々に遊びたいものがあったので、自分的に久しぶりの豊作年に感じました。
というわけでルールは期間が開き過ぎてほぼ忘れてしまってますが、今年は積極的にリプレイしていきたいゲームの一つ。










6. CO2 セカンドチャンス
ラセルダの旧作がオトゥールのアートワークで新版になっていたので購入。
エネルギーやエコのテーマもいいし、個人と協力ルールの両方で遊べるのも嬉しい。
そして個人戦プレイ時もある程度協力しつつ進めないと途中で全員ゲームオーバーになってしまうのも特徴。









7. ブラス バーミンガム
正確には2018年末の初プレイだったけれど4人戦でしっかりできたのは昨年で、2人戦の時よりゲームの真価が発揮されていた感触がありました。
細かい制約が多く慣れていないと時間もかかり大変な面もありますが、またリプレイしてみたいと思える作品。
このゲームに限らず今年はリプレイを重ねながら、プレイ時間をなるべく短縮していけたらいいなと思ってます。






ブラス:バーミンガム 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2019-11-28






8. ウイングスパン 
この10選の中では唯一、自分で購入してなくて遊ばせてもらった作品。
テーマ的にもほのぼの遊べて、程よいルール量やプレイ時間が面白さに対してちょうど良い感じ。
2020年は自分的にもう少し中量級寄りでほっこり遊べる作品にも注目していきたい。
普段がっつりめのじっくり系がメインなのでバランス良くほっこり軽中量級も交えつつ楽しい時間を作っていけたらいいな。
ウイングスパンもまだプレイ経験は少ないけれど、じっくりめながらがっつり過ぎない程よさがいいところを突いているように感じました。






ウイングスパン 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2019-10-17







9. グレートウエスタントレイル 北部への道
拡張を2019年に初プレイできてとても面白かったけれど、プレイ時間の長さもあり結局リプレイできずにいる。
今年こそ何回か遊ぶ機会をつくりたい。









10. テラフォーミングマーズ 金星
こちらも拡張を初プレイ。
テラフォーミングマーズは基本もそれほど回数遊んでないので、リプレイしていきたい作品の一つ。
色々ある拡張の中で金星にこだわりがあるわけではなく、所有していてプレイしているのがこの拡張だけなので。








(次点 西フランク王国の建築家)


以上、拡張も2つ交えての2019年初プレイ10選をざっくりまとめてみました。
気になる作品などあればそれぞれプレイ記も書いてあるので、何かの参考にでもなれば幸いです。


最後に気になっていたもののプレイできなかった作品も色々あるので、思いつくものをいくつかあげておきます。

深い谷の酒場
タペストリー
エバーデール
グレンモア 2
セイロン 
マルコポーロの旅路2
パークス
ブラックアウト香港
ビッグショルダー

など。




2019年はオープンなゲーム会を一度も開催せず、じっくり系の作品を一緒に楽しめるメンバーでマイペースに遊んだ年でした。

その合間や息抜きに軽量級の作品も色々と遊べたのでまとめてみました。


ではさっそく、今年遊んだライトゲームを遊んだ順はランダムでざっくり紹介します。



「ラマ」
今年のドイツ年間ゲーム大賞の最終候補に残ったカードゲームで2回ほど遊ばせてもらいました。
誰かがマイナス40点になるまで何回かお手軽ゲームを繰り返す。
手札を出し切れたら「ペンギンパーティ」みたいにマイナスチップを返せる。
この時、10点チップを返せると気持ちいい。








「ブードゥープリンス」
トリックテイキングというジャンルのカードゲームで、人数分の回数ゲームして得点を競う。
最下位から2番目が得点高いのが特徴で、そこは今年初プレイした「四国」にも通じる。
序盤は勝たないように気を配り、中盤辺りで調整しつつ最後は最下位にならないよう全力で勝ちにいくのが基本的な流れ。
切り札の色もありいい味付けになってます。









「パール」
1回だけ遊ばせてもらい序盤から順調な展開でサクッと勝てたのは覚えてる。
細かいところは忘れましたが、なんとなく「モーレア 」に似てるなと思いました。










「ケミストリーフラックス」
これは自分の所有カードゲームで「フラックス」の化学バージョン。
元素カードを集めてゴールカードに記載されている化合物を完成されたら勝ち。
ただフラックスはゲーム中にどんどん新たなルールが増えていったり、ゴールが変化するのが特徴でやや場がカオスになることも。
そういえば、化学のじっくり作品って意外とないような。





ケミストリーフラックス 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2018-07-07






「愚かな牛」
評判もよくタイトルは以前から聞いていたカードゲームを年の終わり頃に一度初プレイさせて貰いました。
「ニムト」みたく牛をなるべく引き取らないよう押し付け合う感じだったかな。
サクッと楽しめます。




「ポイズン」
「インフェルノ」
こちらは年の半ば頃に遊ばせてもらいましたが、自分の中で色々なゲームが混ざって細かいところはよく思い出せない。
確かカードをたくさん引き取った人が負けてしまう系だったような。
じっくり系は長い時間かけてプレイしてるせいかあまり忘れないですが、軽量級はどうにも忘れやすいな。
ただその場ではいつも楽しく遊ばせてもらってます。
















「ゴモジン」
お題当て系のゲームで多人数でお酒を飲みながらのゲーム会の時にわいわい遊べました。
たしか5文字を使って表現するのがなかなか難しくも、当ててもらった時は気持ちよかった。




ゴモジン
JELLY JELLY GAMES






「ブラフ」
ボードゲーム始めたての頃にも数回遊んだことありましたが、年末のゲーム会で久々に繰り返し遊べた。
多人数でもできるし、シンプルなルールながらダイスをジャラジャラ振れて面白い。
持ち主さんは持ち運びしやすい仕様にアレンジしていていい感じでした。
ブラフ系では「スカル」なんかもシンプルでいい。





ブラフ (Bluff) 日本語版 ボードゲーム
アークライト(Arclight)
2017-06-17







「こねこばくはつ」
タイトルやイラストが個性的で目を引くお手軽カードゲーム。どんどん脱落していく中で最後まで残った人の勝ち。
イラストを楽しみながら遊べる。




ホビージャパン こねこばくはつ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2019-02-18





「コードネーム ピクチャー」
多人数で遊ぶ時はこれまでも重宝してきたチーム戦お題当てゲーム。
久しぶりだったけれど、初めて一緒に遊ぶ人とやるとまた新鮮に楽しめる。
「ミステリウム」もコードネームも自分はヒントを出す側より当てる側が好き。





コードネーム:ピクチャーズ 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2016-12-11





「適当なカンケイ」
感性で共感し合えると気持ちいいコミュニケーションゲーム。
テンポよく遊べて面白いところが凝縮されているのでこれ系では一番好き。



その他、「コヨーテ」「ラミーキューブ」「水道管ゲーム」など。
来年も色々と遊んでいけたらいいなと思います。




↑このページのトップヘ