タグ:#ボードゲーム


教会の天井画を修復する「フレスコ」の拡張ステンドグラスを遊ばせてもらったのでまとめてみました。

個人的に「フレスコ」は基本版に同封されていた拡張1,2,3まではかなり以前にプレイ済み。(拡張3まで入れて基本が完成形というイメージ)

今回はそれに加えて初プレイとなる拡張6のステンドグラスを投入しつついざ4人戦スタート。


IMG_4839


まずは序盤戦。
ランダムに手番順が決まると自分が最初に起床時刻を選べる状況だったので一番早起きしてみる。

このゲームは早起きするほど職人の機嫌が悪くなるので、劇場に連れて行って機嫌を直してもらったりと現実的な世界観がなかなか面白い。

早起きすると市場で顔料を早取りしつつ閉鎖していけたり、効果付きの肖像画カードも先着2人まで入手できる。(そのかわり早起きほど顔料の値段が高い)

2ラウンド目は手番順が変わるかなと思っていたら誰かが勝利点を取るまで変更ないらしく、また自分からとなり再び一番早起きへ。(得点入ったら低い人順になる)

この時点で、得点を抑えていれば後半までずっと早起きをキープでき顔料も一番集めていけるのではと思ってしまう。(顔料を購入後に市場を閉鎖していけるので)

そして実際にその方向でぐいぐい中盤まで進め肖像画もたくさん集めてみましたが、どうやらその考えは少々浅はかだったことに気づく。



IMG_4840


顔料や拡張要素のステンドグラスを購入するには当たり前だけどお金がかかるわけで。

中盤以降はカツカツの資金繰りをしていた早起き2人に対して、前半しゃがまざるを得なかった2人の方が結果的にお金を蓄え顔料も増えていく展開に。

まあ今回は極端に対照的な早起き組とゆったり組に分かれましたが、やはりバランスよく進めるのが良さそうだったかな。


IMG_4841


最終ラウンドでは綺麗に修復が完了してフレスコ画が盤面に登場。この演出もいい感じ。

さらに拡張では雰囲気ある顔料置き場やキラキラしたステンドグラス資源用のガラスがありコンポーネント的にも良かった。


ゲームの方は赤と緑プレイヤーの同点勝利。
顔料をたくさん調合できていたのが楽しそうでした。
自分は後半にかけてしりつぼみとなり3位だったので、また機会あれば改めてチャレンジしてみたいな。


拡張「ステンドグラス」の感想としてはままならなさが増して、よりフレスコが面白くなるいい要素に感じました。


ただ今回、ちょっと信じられないくらいのプレイ時間(おそらく4時間…)がかかっていたので、願わくばもう少しサクサク遊べる環境で皆と楽しめたら嬉しい。


フレスコはまだまだ拡張あるのでまた色々試してみたい




フレスコ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2012-03-25








果物を収穫して配達する「フィンカ」を初プレイしたのでまとめてみました。

以前から気になっていた作品の一つだったので遊べて嬉しい。



FullSizeRender


今回プレイさせてもらったのはおそらく2018年に再販されたもので、「エルラズル」という4つの拡張要素入り。

さらに木製のロバやフルーツコマの雰囲気の良さ辺りは、「ハワイ」などにも少し通じるものがあり。
テーマとコンポーネントが素敵だとぐっとプレイ欲が高まりいい感じ。


IMG_4835


初プレイ
4人戦
(拡張要素1つ入り)

舞台はスペインのマヨルカ島で、収穫するフルーツは下記の6種類。

アーモンド
イチジク
オリーブ
ブドウ
オレンジ
レモン

ゲーム的にはロンデル上でフルーツやロバを獲得して、マップへ配達しつつ得点タイルを入手していく。

ルールを聞いて面白いと感じたのは各フルーツやロバコマが共通在庫から足りなくなると、バーストしてその資源がある人は戻さねばならないところ。

一つの資源をウハウハで独占しているとバブルが弾けて没収される感じは、どことなく「西フランク王国の建築家」の捕縛プレイも少し頭をよぎりました。


そして実際、中盤にオレンジをたくさん集めたところでまんまとバブル崩壊の引き金を引かれて没収されるハメに。
ここで流れをぐっと持っていかれてしまい、今回は残念ながらそのままラストまで見せ場がない展開へ。



IMG_4836


ゲームの方は向かいの人が最後にオレンジを届け終了トリガーを引き、緑プレイヤーが見事1点差の逆転勝利という結果に。(自分は3位)


一見圧勝しそうだった赤プレイヤーが最後に少しふわっとしてしまったラスト2手番前くらいに、緑プレイヤーが効果タイルを上手く使ったのが個人的にいい手に見えました。

この使わずに終えると1枚2点になる効果タイルの使い所が、フィンカのポイントの一つにもなっていて悩ましい。



FullSizeRender



感想としては本来1時間くらいで遊べる中量級のはずが今回その倍以上かかっていたのは少々待ち疲れもありましたが、「フィンカ」はテーマ雰囲気がよく程よい悩ましさもありなかなか好作品だと感じました。


ちなみに(長考ぎみの他に)長引いたもう一つの要因としてほぼ全ての都市でタイルが残り1枚の状況までもつれたこともあり。
マジョリティを取られていると「他プレイヤーの養分(得点)になるしな」と最後のタイルを取り辛くなる設計なので。


せっかくルールも覚えたし次は拡張を全て入れてまた遊んでみたい





海賊のお宝集めがテーマになっているHABA社の「お宝はまぢか」で遊ばせてもらったのでまとめてみました。


FullSizeRender


可愛らしいパッケージ通り、内容はファミリーでも楽しめるすごろく系ゲームになっているとのこと。

ルールをサクッと聞いてさっそく4人でスタート。


IMG_4831


自分は青を担当。(1人4コマ)
序盤からし烈な海賊たちの足の引っ張り合いが始まり、上に乗られることで身動きできなくなるコマだらけに。

しばらくは赤と青コマでこの島を牛耳っていたので「赤鬼と青鬼」と呼ばれてました。

ただこのゲームは一番にゴールしても1点しかなく、5番目に行くにつれ得点が高くなるのでその辺りを狙っていきたい。

早過ぎず遅過ぎずのレース展開は以前遊んだ「四国」にも少し通じるものがあり。


IMG_4832


上級ルールになると海に落ちたコマはゲームから除外されるらしいけれど、今回はスタート地点に戻るだけのルールでした。

これによりこれ以上ないほど展開が長引きファミリーゲームとは思えないほど熱戦が続くことに。

ゲームの終盤では黄色プレイヤーが7点取っていて自分が3点をこの時点で獲得。

残る枠は5点エリアただ一つなので逆転のチャンスは残されているものの、他プレイヤーも2位を狙いぐいぐいゴール目前に迫っては乗っかり合戦になる。

そして皆あと「3分の1の確率」のダイス目がどうしても引けない中、やっと自分にもチャンスが巡ってくる。



IMG_4833


結果はラッキーにも逆転勝利。
状況的に自分が最後の1枠に入るのが一番ドラマがあると思っていたので、無事その役目を果たせてよかった。(上の写真がラストのし烈さを物語ってていい)


「お宝はまぢか」は展開によってはサクッと遊べそうなファミリーゲームながら、大人同士でもしっかり楽しめました。


除外ルールでも遊んでみたいな




ウイングスパンの拡張「欧州の翼」を遊ばせてもらったのでまとめてみました。

ウイングスパンは個人的に半年ぶりくらいの3回目で、拡張入りは初プレイとなります。
まもなく拡張の日本語版も発売されるとのこと。


FullSizeRender


ちなみに持ち主さんはダイスタワーや餌コマをアップグレードしていて、プレイ感もグッと高まりいい感じでした。(別売り)



IMG_4820


拡張入り初プレイ記
4人戦

「欧州の翼」ではタイトル通りヨーロッパ系の鳥カードが新たにたくさん追加されてますが、ルールはほぼそのままなので基本版で遊んでいればスムーズに入っていける仕様。

その他の主な拡張物はこちら
・新たな目的タイルとボーナスカード
・紫のたまごコマやカードトレイ

そして拡張の鳥カードには「ラウンド終了時発動」や「カードを横向きに配置する」など新たな効果も色々あり。

そういえば「他プレイヤーから餌コストを奪う」なんて効果もありましたが、奪われても補填で代わりの餌を貰えるとのこと。

ほっこり遊べるのも「ウイングスパン」の魅力の一つだと思うので、ただ奪われるわけではなくて一安心。


ゲームの方は(せっかく拡張入りだし)色々な鳥とその効果を愛でながら、前半はなるべくたくさん鳥カードを獲得してみる。

ただあまり使えなさそうなものはどんどん鳥カード発動効果により差し込んでいく方向で。
かなりハイペースで配置カード下に差し込んでいたら「座布団みたいだね」と言われました。



IMG_4821


結果は87点で嬉しい勝利。
内容的には鳥カード点は一番低かったものの、ラウンド目的が4ラウンド中3ラウンドで単独トップ。カード差し込み数が16枚で産卵もそこそこ。(拡張の鳥カードも何枚か絡めれたのはよかった)

79点で2位のお隣さんも産卵アクションから5つの効果を連続発動させるなど良さげでした。


拡張「欧州の翼」初プレイの感想としては正直基本とプレイ感はほぼ変わらなかったかな。(基本自体やり込んでないのでなおさらかも)

それでももちろん単純に鳥カードが増えた分、より幅が広がり楽しめるしウイングスパンの拡張としては全然ありだと思います。(パッケージなどデザインがいいのも◎)


すでに第2拡張も予定されているようだし今後の鳥シリーズも楽しみです。
また遊びたい





ウイングスパン 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2019-10-17







クニツィアの過去作「メンバーズオンリー」を遊ばせてもらったのでまとめてみました。

メンバーズオンリーはイギリス社交界での賭けをテーマにした作品で、発売から20年以上経ちながらも最近日本語版が再販されたそう。



FullSizeRender


12歳から
3〜5人用
60分くらい

予備知識はまったくなかったので早速ルール説明を聞いてスタート。


IMG_4815


4人戦
皆初プレイ

ボードをパッと見た時は競り系かなと思ったけれど、内容的には少しづつ増えていく情報を頼りに賭けをしていく流れ。

無難なところほど得点は低いので、ある程度リスク覚悟で勝負もしていきたい。

ゲームが始まってしまえばシンプルな進行で遊びやすいのは嬉しい反面、もちろん昔のゲームだなという感じもある。



IMG_4816



メンバーズオンリーにはNOカードという要素もあり、特に皆の手札が残り3枚になってから状況が乱されやすく盛り上がりポイントになってました。(ブラフ的な要素もあり)

そして皆の手札が1枚のみになると決算をしてまたカードを配り直し、終了条件になるまでひたすら賭けゲームを繰り返す。


今回は1時間ほどで終了。
結果は黄色のプレイヤーが見事26点で勝利。
最後のラウンドで得点2倍タイルのベットを成功させたのが効いてました。

自分は22点で2位フィニッシュ。
一度余計なことをしてせっかくの2倍ベット成功を逃したのがよくなかったか。
まあそれでも初プレイを皆で楽しめました。


正直好み的にあまり古い年代の作品には普段から興味のない自分ですが、新たに再販リメイクされた時くらいは今後もなるべく遊んでいきたいなと思います。







メンバーズオンリー
グループSNE(Group SNE)
2020-04-30




↑このページのトップヘ