タグ:#ボードゲーム


イムホテップの拡張にはセットアップを自由に組み替えれる両面仕様の現場ボードがあるので、前回のC面に続きもう片方のD面でもさっそく遊んでみました。

ちなみに基本版のA,B面と合わせることも可能になっています。



IMG_3173


ピラミッドなどに使う石材は採石場から自分のそりに持ってきて、船で各現場へ運ばれて行きます。
新たな王朝ではそりも市場カードにより拡張できて石材を最大9個まで持てるように。
2人プレイでは石材が足りなくなることもあるので、1人2色を担当できるのも拡張の変更点です。



IMG_3174


D面の現場ボード。

①墓  
毎ラウンドごとランダムに4枚の数字タイルをボード上に準備。
到着順に数字を選び対応するマスに石を配置してゲーム終了後に隣接するほど高得点。

ビンゴと陣取りが合わさったような感じで遊び心もありなかなか楽しかったけれど、積み上げていけるC面の埋葬場の方がどちらかといえば好みでした。


②ピラミッド回廊
主役のイムホテップコマが登場。
コマから時計回りで石を置いていき1〜4点の得点を獲得していける。
石をストックから取るアクションをしたプレイヤーはイムホテップを移動させることも可能。

こちらもただ石を取るだけのアクションに一味加わり悪くないものの、やはり見た目に楽しいC面の足場の方がよかったかな。


③オベリスク路地
完成条件の異なる5カ所から好きな場所を選んで石を積み上げていく。
高いところほど得点は高いが未完成で終わると一石一点のみ。
完成したら他の空いている場所にまた建設できる。

高さに応じて伸びてるオベリスクの影がなんともいい味を出していて好き。
とはいえここもC面のグレートオベリスクにやや軍配が上がるかな。

ここまでわりとC面推しですが気分に合わせて遊べるので両面仕様は嬉しいです。



IMG_3171


④ブラックマーケット
4カ所のうち2カ所は裏向きで3枚。
そこでは1枚選んで2枚はまた戻す。
ラウンドごとに3枚になるよう補充する。

ボードに色味が出てアートワークがいい感じ。
ただC面の豪華な市場が個人的に好感触だったので積極的に使うならあちらになりそう。

全体的にD面だと基本版とそこまでゲーム感が変わらない印象。
だからといってつまらないわけでは全然なくて、お互いを常に牽制し合いながらヒリヒリする悩ましい展開を楽しめました。


⑤寺院 アリーナ
左上から順に石を置いていきマスにある矢印の数分チャリオットを進める。
他プレイヤーのコマは飛び越せるので抜きつ抜かれつになりやすい。
ラウンドごとに順位に応じて勝利点。
ゲーム終了後にはマスにある得点を獲得。

ここは楽しさからいってD面の方が好み。
ただC面のラーの寺院も市場カード獲得があるのでゲームに動きが出やすく捨てがたい。

個人的感想ですがイムホテップでよく言われる地味さが気になる方にはまずC面の方をおすすめしたいです。



IMG_3170


結果はまた埋葬室の隣接系で程よく得点を稼ぎあとは市場カードも加えて60点ほど。
ちなみに神の予言の1つはものの見事に防がれてしまいました。


まだ一回づつのプレイのみですが前回は100点以上ともっと得点が伸びたので、豪華な市場やラーの寺院があると市場カード獲得機会が増えて展開が派手めになりやすいと思います。



おまけ

IMG_3172


帆船など新たな効果のカード。
帆船は2つの石をストックに戻すと石1つを好きな現場にいきなり置けます。
計画を崩される青カード系も相手が持っている時は油断できません。


今回自分がスカラベを置いたエジプト神は拡張パッケージにもいるラーとホルスでした。







イムホテップ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2017-03-25









2016年に発売された人気作イムホテップの拡張版が届いたのでさっそく初プレイしてみました。

ちなみにイムホテップは個人的に初めて遊んだハーディング作品で、小一時間ほどで程よい満足感も得られる中量級という印象。
テーマも面白く好作品だと思いますがそこまでリピート欲は湧かなかったのが正直なところ。


とはいえゲームに立体感が増して見た目にも面白そうな拡張は魅力に感じたので購入決定。
パッケージも雰囲気があっていいです。



IMG_3157


10歳から
2〜4人用
50分(基本より少し長め)

古代エジプトの建築家となり石材を船で運搬しながら各現場での貢献度を競います。
現場にはピラミッドやオベリスクなど4つの建設ボードの他に市場もあり、そこでは以下の4種類のカードを獲得できる。

赤カード  即時効果
緑カード  各現場に対応したゲーム終了後の得点
紫カード  石像を集めるほど高得点
青カード  手番として使用する特殊効果


そしてこの市場カード点、各現場点の他に拡張では神の予言カードという新要素からも得点を取れるようになってました。


IMG_3158


拡張の新たな要素はざっとこちら。

①新たな5枚の現場ボードC面、D面。(どのボードも基本より大きい仕様)

②神の予言カード。(入れるのは自由)
7枚のうち3枚をランダムで使用。
目標を達成できると思ったらスカラベを置く。
早いラウンドで置くほど高得点だが、未達成だと神の怒りに触れマイナス点になる。

③市場カード14枚追加で銅像以外は新たな効果。

④C面、D面の建設現場で使うチャリオットコマやオベリスクカードなど。


ゲームに慣れたらバリアントとして未使用の市場カードを非公開でプレイするとより悩ましいとのこと。


IMG_3146


今回は全てC面を使用。

豪華な市場
コインを払えば隣接するカードを追加で獲得できるのでカード獲得枚数が増えて展開もより派手に。

ピラミッド足場
即時効果のある足場タイルをランダムに4枚使用して石を積み上げていくので立体感がアップ。

ラーの寺院
基本と似てるけれど石を置けるマスを減らしてよりシンプルにしたことで特典を貰えるプレイヤーの入れ替わりが頻発していい。

埋葬場
ピラミッド型に自分の石を隣接させながら積み上げると段数×隣接数で得点できる。
ここもプレイヤー間の絡みが多くペンギンパーティしてるみたいで楽しい。

グレートオベリスク
自分のオベリスクカードに獲得したパズル型トークンをテトリスみたいに当てはめていく。
1列2点で最も完成した列の多いプレイヤーにボーナス点もあり。
ここもミニゲーム感覚で他プレイヤーと競い合うのがなかなか熱いです。



IMG_3147

ゲームの方はオベリスクの完成度は負けたものの埋葬場32点をメインに銅像5枚や緑カード点、さらには神の予言も無事達成できたおかげで100点越え。
拡張入りでは基本の時より得点も伸びて気持ちいい。


C面初プレイでの感想を3つほど。
より立体的になり視覚的にも楽しい。
各現場でのミニゲーム感もアップ。
得点要素や市場カード獲得機会が増えて地味さも軽減。

なかなか好拡張だと思うので日本語版の発売もあればいいなと思います。

D面も楽しみ。






イムホテップ 完全日本語版
アークライト(Arclight)
2017-03-25












にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


ツォルキンコンビの一人タスキーニの新作ということで注目度の高いテオティワカン。
どの作品でもそれぞれ合う合わないはあると思いますが、我が家では購入してから連日のようにリクエストがあり楽しめてます。

巷でも言われてるようにアクション処理の忘れやすさはプレイしていても確かにありますが、慣れてくると2時間弱ほどで遊べるしやはり面白いです。

前回の記事からさらに3,4回リプレイしたので改めて少しまとめてみようと思います。
ちなみにいずれも2人プレイです。



IMG_3111


まずは細かいところは置いておいて初プレイ時にルールミスしやすい二つを参考までに。

①昇天時以外でも手番一巡ごとに暦トラックを進める

②建設アクションでピラミッドタイルを配置してから神殿を上げれるのは色付きアイコンで(同じアイコンを)覆った時のみ


初見から2,300点の大量点を取れてしまったりゲームの印象がゆるいと感じてる方はおそらくどちらかのパターンかなと思います。



FullSizeRender


リプレイ記その1
この時は全神殿を欲張り過ぎて一番中途半端なところでゲーム終了。
テオティワカンは2回目の日食から3回目までが本当に早く感じます。
なのでまだ余裕あると思っているとたくさん資源を余らせてしまったり神殿上げが間に合わなかったりしてしまうことも。

ゲーム中はカカオや資源が足りないことがよくありますが、後半は手番が足りなくて苦しい場面がよくあります。
ただ個人的にボードゲームは苦しいほど次はもっと上手くやろうと遊びたくなるので、この辺も含めてツォルキンコンビの作品は好み。
今回はタスキーニのみですが。



FullSizeRender


ちなみにこの神殿ボーナスを初めて見た時はマックス36点ですごく強そうに思えたけれど、ダイス一つ昇天で5点の価値はあるのでそれを逃してると考えると妥当なところでした。

何戦かやってみて技術タイルとかみ合っている時など装飾特化も一回で10点くらい取って行けてコストも少なくできるので強そうでしたが、アイコンが合わなかったりや置ける場所が少なかったりすることで調整されてる感じ。
なのでどこのアクションもそうですが展開やタイミング次第で美味しいところを狙っていきたい。
王道としてはやはりテーマ通りピラミッドだと思いますが。


今のところ100点台後半を目指す感じです。



IMG_3123

リプレイ記その2
色々な作戦を試したいのでこの時は牛乳パックみたいな建物を建てていく貴族プレイ。
神殿ボーナスにも死者の大通り点があったのでちょうどいいと思ったら相手と作戦が丸かぶりでした。

テオティワカンはイスタンブールみたいにアクションタイルをランダム配置できたり、技術や神殿タイルなども変化するので毎ゲームやりたいことが変わってきます。


その他の点では効果がコンボしていき処理が多くなるところなどツォルキンコンビの過去作カウンシルオブフォーも少し頭をよぎりました。

個人的な好みとしてはカウンシルオブフォー<テオティワカン<ツォルキン(マルコポーロ)という位置付けですがどれも面白いです。


ツォルキンは遊ぶほどにゲームの奥深さを感じながらも、進行などはシンプルになっているところがお気に入りです。


結局この時は途中からピラミッドプレイに切り替えて154点でした。



IMG_3125

ゲーム中は足りないくせに終了後に無駄に余る資源はなんとかしたい。
終盤はお互いに昇天しだしたら本当にあっという間でした。



IMG_3126


リプレイ記 3
神殿上げ重視しながら仮面プレイを初めて試みるも今までで一番伸び悩み130点ほど。
仮面のセットコレクションもハマれば良さげでしたが最後まで盤面に残りの種類が出てこず。
王族タイルの神殿マックス4上げを軸に展開したものの、自由にピラミッドと装飾をしていた相手が安定の得点を稼ぎ勝利。

負けたもののほぼ神殿上げだけで勝ててしまわないバランスでよかったです。
カカオや資源もそうですが最近は特に手番の足りない苦しさを楽しんでます。


ちなみに2,3人プレイの未使用ダイス配置の新たな選択ルールができたようなので次回試してみたい。



個人的感想をつらつらと書いてみましたがこれからもまったりとテオティワカン楽しんでいこうと思います。














にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村
 

4

ツォルキン三部作の2作目はメキシコの古代遺跡テオティワカンが舞台でデザイナーはタスキーニのみになりルチアーニはなし。
あのボード中央に積み上げるピラミッドタイルにも惹かれて発売と共にしっかり購入。
中南米の古代文明テーマはロマンも溢れていてそそられます。

ちなみに3作目はアステカのテノチティトランになるようでこちらも今から楽しみです。



FullSizeRender

14歳から
1〜4人用
90-120分


アートワークはわりと地味めだし本命はルチアーニのニュートンだったので購入はためらっていたものの、ルールを読むとこれは面白そうと期待も膨らみ一安心。


さっそくルール確認も兼ねて初プレイ。


IMG_3087


ゲームの方は色々な作品の要素も所々で感じました。
ツォルキンはもちろん1番のベースとしてありつつ、時計回りで3歩まで移動した先のタイルアクションをする流れはやはりナヴェガドールなどのロンデルを連想させるし、労働者が昇天すると死者の大通りに埋葬され、新たな労働者が誕生するのも村の人生ぽくていい。


そして現時点で3回プレイして感じたのはゲーム中にもタイル効果などと絡んでぐいぐい伸びる得点の入り方がテラミスティカの感覚にも少し似ててこれも爽快で楽しい。



IMG_3100

1回目はルールミスがあったけれど遊び始めてすぐに面白くてゲーム後も好感触だったので、翌日に正しいルールですぐ再戦。

個人的に発売と共に購入して初見から好みのツボだなと思ったのはマルコポーロの旅路やダイナスティぶりかも。
ちなみに購入はしていないけれど南米が舞台のアルティプラーノもそうでした。


ルール自体はそれほど複雑ではないですがゲーム中に忘れやすい処理はあるのでいくつか上げておきます。

①毎ラウンド暦トラックを進める。
これは主に最後手番の人が。

②技術タイルの永続効果
権利を得た時の対応する神殿上げも。

③装飾や建築でピラミッドトラックを進める。

など効果がコンボしていく時は特に処理がたくさんあるので、人によって忘れがちなポイントは異なるとは思いますが参考までに。


それとピラミッドタイルから神殿上げができるのは色付きのアイコンで覆った時だけというのも自分はミスしてました。
アイコンが合うだけでいいと勘違いしてゲームを進めると神殿上げが楽で全体が緩くなるので要注意。


結局2回目も多少ルールミスありましたが改めて面白かったです。



FullSizeRender

ちなみにこの王族タイルの神殿4つ上げはカカオが4ついるもののなにかと便利だった。



そして後日3戦目。

IMG_3104

ウレタン積み木みたいに積み上げているのは資源の1つの黄金で今回は使い切れないほど。
装飾タイルがピラミッドと噛み合っていればもっと使うつもりでしたが。
あと技術を習得するときもコストは黄金です。

コストは他にも木や石もありピラミッドや建物を建設する時などに使用。
ツォルキンとは違ってどの資源も価値はほぼ同じになってます。


テオティワカンは3回目の日食かピラミッド完成で終了トリガーとなり最終決算があります。
1,2回目の日食でもそれぞれ決算がありダイスの労働者に給料をカカオで支払うのでツォルキンのトウモロコシのようにこの作品ではカカオに苦しむ場面が多いのもポイント。

決算で獲得する得点はこちら。
死者の大通り点
ピラミッドトラック点
仮面のセットコレクション点
神殿ボーナスタイル点(ラスト決算のみ)


ちなみに決算時以外のゲーム中も得点は結構入ります。


テオティワカンは毎ゲームごとにランダムで変えれる要素も多く、イスタンブールみたいにアクションタイルも自由に配置できるのでまた色々試していこうと思います。















にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


先日の日曜ゲーム会では最後に5人プレイできるじっくり系が候補に上がり、参加者持ち込みのアメリカンレイルズを初プレイさせてもらいました。



FullSizeRender

相変わらずおしゃれなパッケージが目を惹くクインドゲームズ版の作品はこれまでもいくつかプレイしてます。

バヌアツ
アーグラ
黄金時代
ショコラトル

派手さはないもののどれも渋い面白さがあるイメージが個人的にあるけれど、アメリカンレイルズも見るからにそんな雰囲気。



IMG_3064

持ち主さん以外は皆初めてだったのでルールを聞いてからスタート。
株テーマはあまりそそられないせいか正直スタート時はほぼ理解できてなかったけれどなんとかなるだろうというノリで挑んでみる。


アメリカンレイルズは投資家となり6社の鉄道会社株を競りで獲得していき、たくさん資産を増やした人の勝ち。

お金がプレイヤー、銀行、鉄道会社と3カ所に渡るので遊んでみるまで流れが少しややこしく感じました。
ただ進行はシンプルなワーカープレイスメントなので始まってみればテンポもいい。


ゲームの方はまずそれぞれの鉄道株を1枚づつ競りしていき獲得できればそれが初期所有株になりますが持ち主さん以外はまったく相場観がわからず。
一応一枚は確保しておきました。



IMG_3065

ルールはそれほど複雑でなかったので皆の手番を見てるうちにゲームもわかってきて5人の競りも賑やかで楽しい。


とりあえず序盤に価値の低かったグレーを独占しつつ中盤から線路を伸ばしたりしてグレー株をグングン高めることに成功。

そうすると後半は他プレイヤーも高額を出してでも競り勝ちグレー株に相乗りしてきます。
ただその株を買ったお金は鉄道会社に入るのでこちらも資金が増えて嬉しい面もあり。

こんな感じでお金の流れが鉄道会社を挟むことによって独特なゲーム感を生んでいるのもポイントです。


そして同じ鉄道株を所有している者同士の協力しつつもどこで出し抜くかの探り合いや他プレイヤーの懐具合を見て競りを仕掛けたりと絡みが多くわいわい盛り上がれます。




IMG_3066

結果は後半の収入を一番高めたおかげであとほんの僅かでトップというところでしたが、お隣の初プレイヤーの方がお金の管理が上手く見事勝利。


価値は低めながらも長いこと1つの鉄道を独占しつつ共同株は他プレイヤーの恩恵を受けていたのと、なにより競り時のお金を節約しだすタイミングや判断がよかったように見えました。


アメリカンレイルズは思っていたより面白かったし、久しぶりのメンバーとも遊べて楽しい一日でした。



また遊びましょう。


















↑このページのトップヘ