タグ:#ボードゲーム


本を持ち寄りお題に合ったユニークな文を探して発表していく少し変わった大喜利ゲーム。
パッケージもビブリオスみたいな本タイプになっていて中身はお題カードと砂時計が入ってます。

見たことないゲームだったので新作かと思ってましたが2015年辺りの作品です。



FullSizeRender


12歳から
3人以上
20分


まずはなんでもいいので本をプレイ人数分用意しなければならず今回は小説、タウンページ、昆虫図鑑、恐竜図鑑でスタート。

民主主義ルールというバリアントでみんなそれぞれ発表した後に誰のがよかったか一斉に指をさして多かった人がカードを獲得。
5枚集めた人の勝ちです。



FullSizeRender


最初のお題はネコの名前。
自分の本はタウンページだったので住所以外のページから面白そうなワードを探してみる。
子供も一緒になって昆虫図鑑からどれにしようか選んでました。

ちなみに誰かがカードを2枚獲得すると本を左隣に渡していくので他プレイヤーの本も回ってきます。

ゲームの方は遊ぶ前から思ってましたがやはりなかなか難しく、笑いが起こることもあれば受けが良くないこともしばしば。
大喜利でも大変なのに本という制約もあるのでバチっとハマる時は気持ち良く盛り上がるものの探すのは結構大変。

とはいえ側から見たら読書会のようなプレイ風景は斬新だし、気心の知れたメンバーでゆるく遊ぶには面白いと思います。


結局5枚獲得は長すぎると判断して3枚集めたら終了に変更。
序盤に参加していた子供が自分ひいきにしてくれていたおかげもあり3枚獲得できました。


会話主体のゲームなのでお酒を飲みながらとかシチュエーションを変えたり、本選びなど色々工夫の余地もありそう。












ジャンクアートは色々な都市で展覧会を開きながらファンを獲得していく積みゲームですが、ワールドツアーの中には同メーカーの作品フリッケンアップと合わせて遊ぶことのできるナッシュビルという都市もあります。

今回ジャンクアートとフリッケンアップが共に木製版で揃ったのでこの機会に初プレイしてみました。



IMG_2865


まずはジャンクアートに付いているメジャーを使いプレイヤー同士の土台を50センチ離します。
4人だったのでちょうど1辺50センチの正方形となり遊びやすそう。

土台の近くにそれぞれフリッケンアップのガンマンを一人配置。
ジャンクパーツを3つ積んだ状態でゲームスタートです。



IMG_2866

毎手番2枚の手札から1枚選び指定のパーツを積んでいく。
この時に他プレイヤーの使用済みカードの一番上と色や形が同じならパキューンとその人の作品に発砲できる。
見事に命中して落下したパーツがあれば1つは自分の作品に積み残りは戦利品としてもらえます。

序盤からみんな積極的に狙っていき土台に当たるも意外とビクとも崩れなかったりする中、うちのガンマンがお隣の要塞みたいなアート作品を完全破壊。
崩れ落ちるというより爆発したかのような崩れ方に一同ア然、そして爆笑でした。

ナッシュビルでは最終的に戦利品だけでなくアートの高さもポイントになります。


IMG_2868

こちらの作品のようにフリッケンアップのサボテンを積む場面も出てきます。
芸術点というのはないけれどあれば高そう。

ちなみにサボテンがあると1点加点あり。


ゲームの方は結局その後はガンマンには当てれても作品は誰も崩せず。
一応ガンマンも倒すと戦利品を1つ奪えます。
結果は高さ2位、戦利品1位で8ファンを獲得できてお向かいの方と同点トップ。

後半はグラついてるところを狙われて絶対崩れるとヒヤヒヤでしたが、50センチの距離を正確にヒットさせるのはなかなか難しく助かりました。


楽しかったです。



それぞれのゲームの記事はこちらからご覧ください
↓↓








Junk Art
アズモディー(Asmodee)



















ポチッとお願いします

にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 


荒野のガンマンがテーマのフリッケンアップには遊べるバリエーションが10まであるそうで、先日はシナリオ1に続いてシナリオ4を遊ばせてもらいました。

シナリオ4も前回と同じく保安官とアウトローが対決するチーム戦でしたが内容がコルトエクスプレスみたいなお宝争奪の要素もあり面白そう。

さっそくルールを聞いてスタート。 



IMG_2862

こちらのペアはアウトロー側を担当。
1ターン目は移動アクションで専用のコマを指で弾き、建物の下の空間をくぐらせていく。
建物内に入ればアイテムを獲得するアクションもできてお宝やライフ、武装道具タイルなどをランダムに引ける。


わりと長距離でも上手いことくぐり抜け、1体以外はスムーズに建物に侵入できて幸先がいい。
2ターン目からは保安官チームも活発に動き出しパキュンと打って来たり建物への侵入を狙ってくる。

同じ建物内で保安官とアウトローが鉢合わせると決闘が始まるという設定も凝っていて面白い。



IMG_2863

順調にアイテムを獲得しながら銃撃戦も押し気味で有利な展開。
アイテムにはガンマンの左右から連続で撃てる二丁拳銃や、近くに転がせば建物内でも倒せるダイナマイトもあります。


こちらの目的はお宝を5つほど受取人に届けることでしたがこのまま撃ち合いで保安官チームを全滅させた方が早いと判断。



IMG_2864

唯一の牙城だったのはお宝が残っていた銀行を守っていた保安官2人組。
建物内に入って決闘するよりダイナマイトが有効そうと試してみると、ペアを組んでるパートナーが見事なコントロールで爆破成功。

もっと広いフィールドならまた展開が変わったかもしれないですが、今回はまったく危なげなくアウトローが荒野を制してしまいました。



フリッケンアップは狙い通りにスコーンと命中するととても気持ちよく、シナリオに合わせた西部劇の臨場感もちゃんと感じながら無邪気にわいわいと遊べて楽しかったです。

他のシナリオもまた試してみたい。














にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村



イスタンブールの第2拡張はリュディガードーンの過去作ジェノバの商人でも見られた手紙を配達する要素が新たに加わりました。
ちなみにジェノバの商人は競りゲームでしたがイスタンブールとも似ている部分が多いです。


週末に4人で初プレイ。 


IMG_2842

新たな場所タイルはこちら。

①大使館  手紙を2枚獲得する。

②売店  手紙1枚と売店タイル2枚を獲得。売店タイルは他プレイヤーも1枚もらえる。

③競売場  商品1つ獲得。ボーナスカード2枚の競りを開始。手番プレイヤーはカードかお金を獲得できることになる。

④秘密結社  手紙の証印6つをルビーに交換できる。

他には相棒と配達人駒や新たなボーナスカードもあります。



IMG_2843

今回の場所タイルは初回推奨で配置。
結論から言えば大使館の位置だけはもう少しシビアに配置した方がいい気がゲーム終了後にしました。

ゲームの方は拡張の要素を満喫しようと前半は手紙をどんどん集めてみる。
売店も近かったのでよく行きました。
そしてモリモリ手紙が増えてきたところでバザーを回り出しまずはルビーを3つほど獲得。


この拡張では手紙の証印3つで連続手番できたり、噴水アクションを経由して相棒をバザーに送り込めたりとやれることの幅が広がってます。
どちらの要素もゲームの展開を左右するポイントになっていて後半の加速感が増して面白いです。



FullSizeRender

手紙を届けだしてからは連続手番や相棒も使って秘密結社にて残りの3ルビーも獲得。
お隣はルビーあと一つとリーチしていて、向かいのお二人はこれから加速するといった状況でした。


手紙を一向に届けずにため込んでいる時にみんなから大使館にクレーム来てるよとか言われて笑ってましたが、確かに未配達の手紙を所持できる枚数制限はあった方がいいような気も。


コーヒーとお恵みをに続いて面白い拡張だったので、2つの拡張を合わせた大バザーも含めてまた色々試しながら遊んでいきたいです。








イスタンブール 日本語版
ホビージャパン(HobbyJAPAN)
2014-11-24


















にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村


カカオにはショコラトルとディアマンテという2つの拡張があり合わせるとビッグゲームとして遊べます。
今回は4人戦ということでタイルなど1つも抜くことなくコンポーネント全て使用して初プレイできました。 



IMG_2828

それぞれの拡張には4つのモジュールが入っているのでビッグゲームでは8つの新たな要素が追加されてます。
基本だけだと少々物足りなさの感じたゲームなのでちょうどいいかも。


それぞれの記事はこちらからどうぞ




IMG_2827

まずは水路を上げながらチョコレート市場が出てくるのを待ってみる。
小屋を建設できる要素があるので早めにお金も稼いでいきたいところ。
ビッグゲームではマップタイルもかなり有効活用できそうです。

ちなみに小屋タイルは両面仕様なので上からバラバラっと落としてランダム面になってます。



FullSizeRender

ジャングルタイルのめくれるタイミングもあるのでなかなか思い通りに小屋や黄金マスクの獲得はできてない状況。
それでもビッグゲームではまだ色々な得点要素があるし他からしっかり取っていきたい。

拡張要素としては皇帝コマには結局ゲームを通してまったく絡めず、途中からは1人のプレイヤーのところにずっといて存在を忘れがち。

生命の木や一面4労働者タイルも要所で効いてましたがやはり鉱山での宝石集めがわいわい楽しめます。
毎回トロッコから何色の宝石が出るかも注目。



FullSizeRender



ビッグゲームは盤面のジャングルも大きく広がっていきなかなか壮観。
後半はみんな上書きできる太陽石タイムに入りまた少し別ゲームをしてる感覚になる。


結果の方は神殿マジョリティからかなり追い上げれたおかげで125点獲得して僅差の勝利。
ビッグゲームは得点要素が多いのでしっかり遊べた感もあり楽しかったです。
















にほんブログ村 ゲームブログ アナログボードゲームへ
にほんブログ村

 

↑このページのトップヘ